« ブログのトップページに戻る

経済産業省が発表! 2014年のEC市場調査

   投稿者 : 2015年6月19日 By

イメージ画像

経済産業省は5月29日、 「平成26年度我が国情報経済社会における基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。
この調査は2014年の我が国のBtoB 及び BtoC の電子商取引市場動向、利用実態を調査したもので、平成10年度より実施され、今回で17回目の発表となる。
今回はこの調査発表を基に越境EC市場と米国と中国消費者の特徴について整理してみた。

1.2014年、日本の越境ECに関する市場調査

今回の「平成26年度我が国情報経済社会における基盤整備」よると、昨年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、12.8兆円で前年比は14.6%拡大している。(図-1)

また、日本・米国・中国の3カ国間においての越境電子商取引の市場規模についての調査結果も発表した。(図-2)
それによると2014年(平成26年)の日本消費者の中国、米国越境ECサイトからの購入額は2千億円で前年比は8.9%の拡大。
米国消費者の日本、中国越境ECサイトからの購入額は8千億円とこちらも前年比は13.0%と拡大している。
中国消費者による日本、米国からの購入額は1.2兆円、前年比は53.0%の拡大と、中国が著しい伸びをみせていることが示された。

(図-3)は発表された2014年の越境EC市場規模(図-2)を基に、日本、米国、中国の越境EC市場規模、購入額の流れを図化したもの。

図-03

また、(図-4)は2012年~2014年(2015年は予測)までの米国、中国の消費者が日本の越境ECからの購入額の推移を示したものだ。
これら数値をみると、国内のECは毎年、着実に成長しており、越境ECにおいてもますます、拡大を続けている。特に中国市場において規模の拡大が著しいことが示されており、越境ECはさらに、国の垣根を越えグローバル化し、市場を広げてゆくと思われる。

図-04

2.2013年の米国、中国消費者の越境ECでの利用品目

 

米国の消費者の特徴

(図-5)は2013年の米国消費者と中国消費者の越境ECの購入品目(物販系)を図にまとめたものだ。
米国消費者に関しては、「AV機器」、「パソコン、通信機器、周辺機器」、「衣類、アクセサリー」がそれぞれ28.1%で上位にきている。この事例にあげたもの以外に米国の消費者は日本刀や甲冑といった美術品、ロリータファッションなど衣類など実に多くの商品を購入している。
米国越境ECユーザーの特徴としては、総じて所得が高いということ、ITリテラシーが高い場合が多いということ。さらに越境ECからの購入動機としては国内で買うより、越境EC価格のほうが安いということや、国内商品より品質が良いからなどが理由としてあげれている。

 

中国の消費者の特徴

中国消費者の越境ECにおける購入商品は「食品、飲料、酒類」が38.1%と最も多く、以下「衣類、アクセサリー」32.9%、「生活家電」27.8%となっている。中国製品で問題になっているのは相変わらず、コピー商品が蔓延しているという現実である。
中国越境ECユーザーは値段が国内より高く、配送日時が多少かかっても国外の信頼できるECサイトから購入し、正規品を入手するということが重要なポイントとなっている。対中国に関しては越境ECでは正規品を扱っているということと、品質保証がしっかりしていることをアピールポイントとすべきである。

 

まとめ

今後は、小売業においては、越境ECの構築をはじめとして、海外に目を向けその施策に取り組むことの重要性は、ますます、強まるだろう。特に今回の結果からは中国、アジア地域を中心としたEC市場の拡大が目を引いた。このアジア市場は今後のEC市場の最大のマーケットとなることは確実である。

 

出典:電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC 市場規模は12.8 兆円に成長~より
 

関連する記事

拡大する越境EC! 調査報告から読み解く... 日本政府は12月18日、訪日外国人旅行者が3,000万人を超えたと発表。 昨年の2,869万人を超え、初めて1,000万人を超えた2013年から、この5年で3倍に増えた計算になる。 インバウンド数が増加すると、同じように越境ECにおいても。近年、急速な成長を続けている。 そして、ペイパルは...
越境ECで売り上げ好調なサイトは? 越境ECで海外に販路を拡大しようとする企業が増えている。越境ECとは日本から世界に向けネット販売することだが、言語、物流、決済、クレーム対応などの問題をクリアすれば、世界に向け消費者を開拓することができる。これからは、この市場はさらに拡大し、品質や価格面だけではなく、きめ細やかな顧客対応、商品数...
配送スピードだけじゃない! DHLのすごいところ... 10月1日よりLive CommerceではDHLプラグインがリリースされた。 これにより、Live Commerceをご利用のお客様はDHL管理画面からの入力で、アメリカ、ニューヨークなら最短で2日(36時間)でDHL海外配送が可能となった。 今回は、圧倒的なスピードを誇るDHL国際配...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.September)... 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。 また、補助金・助成金の注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッ...
なんでアウトソーシングできないんだろう!?... 海外向けネットショップを作るときに、立ち上げで特に時間をとられるのが「見た目」の部分。つまりウェブのデザイン周りの作成やHTMLのコード修正とか、や商品データ作成・登録といったほぼデスクトップじ上だけで簡潔する作業です。 これを自分でやるか、アウトソース(ランサーズやクラウドワークス、...
越境ECはIT補助金で始める この度、デジタルスタジオは「平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業」において「IT導入支援事業者」に認定された。 「IT導入支援事業者」とは、中小企業・小規模事業者様に対して「ITツール」を販売し、経済産業省が公募するIT導入補助金の申請のサポートを行える事業者である。 当...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。