ECユーザーはパソコンからスマホへ移行するのか?

イメージ画像

2014年の消費者向けEC(電子商取引)市場の規模は、前年度比14.6%増の12兆7970億円と経済産業省の市場調査の結果として発表された。
また、EC市場内訳は「物販系分野」で6兆8043億円、「旅行などサービス分野」で4兆4816億円、「オンラインゲームなどのデジタル分野」で1兆5111億円とあり、物販のEC化率は4.37パーセントとなっている。
EC市場規模をみると、「衣類・服装雑貨等」=1兆2822億円、「生活家電・AV機器・PC・周辺機器等」=1兆2706億円、「食品、飲料、酒類」=1兆1915億円)、「雑貨、家具、インテリア」=1兆1590億円の順で、この4つのカテゴリーで物販EC市場の7割以上を占めている。
今回は、経済産業省のEC市場の報告書(2014年)やその他の市場データを元にスマホEC市場規模について見ていきたい。

出典:「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC 市場規模は12.8 兆円に成長~」
http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150529001/20150529001

 

1.BtoC市場規模のなどはすべてが右肩上がり

2015年5月、経済産業省は同省が実施した「平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」の結果を公表した。
下図は、日本のBtoC市場規模の経年推移(図-1)、EC化率の推移(図-2)、EC市場規模の各分野構成比率の推移(図-3)をグラフ化したものだが、すべておいて、右肩上がりの伸び率を示している。

図-1

 

 

図-2

 

図-3

 

2.スマホの使われ方・ECサイトへのアクセス率、売上げ率

(図-4)はインターネット利用時の端末に関する統計データであるが、自宅パソコンや自宅以外のパソコンの利用が低下する一方、スマホの利用率は著しい伸びを示している。スマートフォンは「携帯電話」「自宅以外の自宅パソコン」を抜き、「自宅のパソコン」に次ぐ2番目に利用されている端末となった。

図-4

 

(図-5)はスマホのサービス利用内容の割合であるが、圧倒的に情報検索(87.7%)、ニュースの閲覧(81.9%)の割合は大きいが、動画視聴(66.0%)やSNS(63.4%)、ショッピングの割合も48.6%と高い数字になっている。

図-05

出典:「スマートフォン等がもたらした各種サービスの利用拡大」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141120.html

 

さらに、エンパワーショップのデータ(図-6)によると、スマホユーザーのECサイトへのアクセス数は2014年1月~3月の時点では、45.2%だったものが2014年7月~12月では60%以上がとなり、この1年間に顕著な伸びを示した。スマホユーザーのECサイトアクセス数が全体の6割を超えたということは驚異的である。

図-6

出典:「2014年下半期速報 - スマホユーザーの割合が6割を超える」
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/3299

 

最後に具体的にヤフー、楽天など大手ECサイトの2014年下期のスマホでの売上率(図-7)をみると、平均して42%がスマホ経由での売り上げとなっている。

図-7

3.まとめ

2014年末時点でECサイトへのアクセス割合は60%はスマホから行われ、ECサイトの売り上げの43%スマホ経由で行われている、というエンパワーショップのデータは確実にモバイルシフトを裏付けるデータである。
スマホで欲しい商品を検索し、気に入ればその場で買う。又は実店舗で商品を見た後、スマホで商品を買う。スマホサイトで買い物カゴに商品を入れ、決済はパソコンで行うなど、スマホでの購買行動を分析し、スマホECサイトを構築する必要がある。
これまでは、スマホは暇つぶし、スマホECサイトは商品を物色しているだけであったこのスマホの使われ方は、今後はスマホユーザーを積極的に取り込み、コンバージョン率のアップ、商品売り上げアップにつなげて行く方向にシフトしていく必要がある。今年2015年の上半期(現時点)でのスマホからのECサイトへのアクセス数や売り上げ率の発表はまだないが、ECサイトにおけるスマホの活用は伸び続けるていることは確かだ。
スマホサイト利用率がパソコン利用率を上回れば、スマホ優先のWebサイト構築が必須となる時代がそこまで来ている。
今後はスマホならではのショッピングカート機能を備えたスマホECサイト構築が必要になってくる。

 

(図-1)(図-2)(図-3)(図-4)(図-7)の出典:「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC 市場規模は12.8 兆円に成長~」
http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150529001/20150529001.html

関連する記事

起業家が知っておくべきマーケティングで失敗しやすい7つの事... どのようなビジネスを起業するにしてもマーケティングのミスはしてしまいがちなもの。 特に起業家は予算や資材が限定されている中で、自己ブランドを確立していかなければならない。 いつ、どのような方法でマーケティングをするか、いくら投資するのかは起業家がビジネスをスタートする際に考えるべき重要ポイン...
中国で第2位「京東商城(JD.com)」を調べてみた... 2015年12月楽天は、中国で第2位のECモール京東商城(JD.com)と連動している「JD Worldwide」内に新サイト「日本楽天市場官方旗艦店」を開設した。販売する商品は、中国の観光客が好んで購入するお菓子、健康食品を中心としたもので、楽天が販売主として販売している。 今回は前回調べ...
SNSで集客する際のポイントは?ーFacebook・Twitter編ー... SNSを利用し、実店舗への集客、WEBページへの誘導、ブランド力向上に取り組まれている事業者は多いだろう。 SNSを使ってもいっこうに効果が現れない、そもそも、SNSで集客はできるのかなど悩みはあると聞く。 今回はそのSNSで集客する際のポイントを確認し、現在行っているSNSコンテンツの...
越境ECを展開するための5つの方法 今年も越境ECは注目を浴びるだろうことは、前々回の経済産業省の報告書などで明らかであるが、越境ECを始めるにあたっては様々な展開方法があることをご存知だろうか? 海外消費者に向かってオンラインショップを展開する場合、つまり、越境ECを介して、海外消費者に商品を販売する場合、その展開方法は、...
比較! こんなに違う日本とアメリカのランディングページ... 日本のランディングページはスタンダードではないとよく言われる。 ランディングページはその国の人々のニーズ、文化、習慣に合わせて、独自に変化してきたものであるので、グローバルな意味で同じ必要はないと思うが、今回は日本とアメリカのランディングページの違いについて、どのように違っているのかを調べて...
Buyボタンを設置、Twitterが本格的にEコマース参入?... Twitterは9月8日、Eコマース機能のテストを開始したと発表しました。アメリカ在住の少数のモバイルユーザーを対象に実施され、Twitter上で簡単、便利に商品購入ができる新たなサービスの提供を目的として行われています。 いよいよTwitterのEコマース参入は秒読み段階なのでしょうか? ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ