ECユーザーはパソコンからスマホへ移行するのか?

イメージ画像

2014年の消費者向けEC(電子商取引)市場の規模は、前年度比14.6%増の12兆7970億円と経済産業省の市場調査の結果として発表された。
また、EC市場内訳は「物販系分野」で6兆8043億円、「旅行などサービス分野」で4兆4816億円、「オンラインゲームなどのデジタル分野」で1兆5111億円とあり、物販のEC化率は4.37パーセントとなっている。
EC市場規模をみると、「衣類・服装雑貨等」=1兆2822億円、「生活家電・AV機器・PC・周辺機器等」=1兆2706億円、「食品、飲料、酒類」=1兆1915億円)、「雑貨、家具、インテリア」=1兆1590億円の順で、この4つのカテゴリーで物販EC市場の7割以上を占めている。
今回は、経済産業省のEC市場の報告書(2014年)やその他の市場データを元にスマホEC市場規模について見ていきたい。

出典:「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC 市場規模は12.8 兆円に成長~」
http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150529001/20150529001

 

1.BtoC市場規模のなどはすべてが右肩上がり

2015年5月、経済産業省は同省が実施した「平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」の結果を公表した。
下図は、日本のBtoC市場規模の経年推移(図-1)、EC化率の推移(図-2)、EC市場規模の各分野構成比率の推移(図-3)をグラフ化したものだが、すべておいて、右肩上がりの伸び率を示している。

図-1

 

 

図-2

 

図-3

 

2.スマホの使われ方・ECサイトへのアクセス率、売上げ率

(図-4)はインターネット利用時の端末に関する統計データであるが、自宅パソコンや自宅以外のパソコンの利用が低下する一方、スマホの利用率は著しい伸びを示している。スマートフォンは「携帯電話」「自宅以外の自宅パソコン」を抜き、「自宅のパソコン」に次ぐ2番目に利用されている端末となった。

図-4

 

(図-5)はスマホのサービス利用内容の割合であるが、圧倒的に情報検索(87.7%)、ニュースの閲覧(81.9%)の割合は大きいが、動画視聴(66.0%)やSNS(63.4%)、ショッピングの割合も48.6%と高い数字になっている。

図-05

出典:「スマートフォン等がもたらした各種サービスの利用拡大」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141120.html

 

さらに、エンパワーショップのデータ(図-6)によると、スマホユーザーのECサイトへのアクセス数は2014年1月~3月の時点では、45.2%だったものが2014年7月~12月では60%以上がとなり、この1年間に顕著な伸びを示した。スマホユーザーのECサイトアクセス数が全体の6割を超えたということは驚異的である。

図-6

出典:「2014年下半期速報 - スマホユーザーの割合が6割を超える」
http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/3299

 

最後に具体的にヤフー、楽天など大手ECサイトの2014年下期のスマホでの売上率(図-7)をみると、平均して42%がスマホ経由での売り上げとなっている。

図-7

3.まとめ

2014年末時点でECサイトへのアクセス割合は60%はスマホから行われ、ECサイトの売り上げの43%スマホ経由で行われている、というエンパワーショップのデータは確実にモバイルシフトを裏付けるデータである。
スマホで欲しい商品を検索し、気に入ればその場で買う。又は実店舗で商品を見た後、スマホで商品を買う。スマホサイトで買い物カゴに商品を入れ、決済はパソコンで行うなど、スマホでの購買行動を分析し、スマホECサイトを構築する必要がある。
これまでは、スマホは暇つぶし、スマホECサイトは商品を物色しているだけであったこのスマホの使われ方は、今後はスマホユーザーを積極的に取り込み、コンバージョン率のアップ、商品売り上げアップにつなげて行く方向にシフトしていく必要がある。今年2015年の上半期(現時点)でのスマホからのECサイトへのアクセス数や売り上げ率の発表はまだないが、ECサイトにおけるスマホの活用は伸び続けるていることは確かだ。
スマホサイト利用率がパソコン利用率を上回れば、スマホ優先のWebサイト構築が必須となる時代がそこまで来ている。
今後はスマホならではのショッピングカート機能を備えたスマホECサイト構築が必要になってくる。

 

(図-1)(図-2)(図-3)(図-4)(図-7)の出典:「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC 市場規模は12.8 兆円に成長~」
http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150529001/20150529001.html

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...
お客様はここで離脱してるかもしれない:クレジットカード入力を最適化する8項目... ECサイトでは通常、お客様情報を入力した後に、決済(支払い)方法に遷移する。 その時、クレジットカード決済を選択した場合には、お客様は、カード番号や有効期限などのカード情報を入力する必要がある。説明が不十分なために、ここで離脱する割合が多い。 今回は、クレジットカード情報の入力内容で気を...
中国最大のチャットアプリ WeChatのすごすぎる機能... 世界最大級の無料チャットアプリと聞いて思い浮かぶのは、日本だとLINEとなるが、アメリカだとMessengerやWhatsApp、韓国ではカカオトークなどとなるが、登録アカウント数が11億人、月間アクティブユーザー数5億4,900万人という中国のWeChatというアプリをご存知だろうか。 ...
顧客満足度6年連続1位のヨドバシカメラ、その秘訣は?... ヨドバシカメラはインターネット、ヨドバシ・ドット・コムでは驚くべき変化、進化を遂げている。家電量販店とは思えないくらいの品揃えと、その配送の早さなどで顧客の心を掴んだのだ。今やECサイトの王者、Amazonさえも意識せざるを得ない存在となりつつある、ヨドバジ・ドット・コム。 今回は2015年...
越境ECで売り上げ好調なサイト -NO.2 –... 日本では国内向けEC市場は成長を続けるものの、少子高齢化問題など、一部市場では伸び率に翳りが見られる分野もある。そのような中、早い時期に国内から海外に視点を変えることで、成功している企業も多い。12月20日のジェトロの報告書にもあるように海外販売で日本の商材を販売するという市場は魅力的な分野...
海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.November)... 補助金・助成金の11月の募集状況を紹介する。補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要なお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は11月の募集内容や補助金、助成金の違いやメリット・デメリットについ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ