Live Commerce で Elasticsearchが利用可能に

Elasticsearch サイト内検索が速い 素早く見つける

Elasticsearch サイト内検索が速い 素早く見つける

先月からLive CommerceのオプションにElastic Searchという全世界的に導入が進む検索ソリューションをLive Commerceに統合しました。Newspicsの記事でも今月からElasticの特集がされているますので、ECサイトを運営する担当者は読んでおくとよいと思います。

Elastic社は、顧客数では15,000社を超え、FacebookやUber、国内でもソフトバンクやZOZOなど数百社の企業と取引があり、現在の時価総額は約55億ドル(約6,100億円)に上っている検索をメインに提供するグローバル企業です。

当社が運営しているDiscovery Japan Mallで商品数が2万点近くに到達し、Live Commerceの検索機能では全く目的の商品を検索できなくなったことが導入の決め手になりました。

Elastic Search にしてから、検索にかかる時間が数秒かかっていたのから、1秒以内に検索が可能になり、さらには表記ゆれや検索サジェスト、重みづけといった検索では当たり前に使われている機能が標準提供されているので、ECサイトへの導入はめちゃくちゃ効果が高いと思います。

Discovery Japan Mallでは全文検索後に、カテゴリ・メーカー・価格帯・カラー・在庫有無・レビュー数といった主要なキーでさらに絞込できるようになっています。

検索結果は、レビュー数が多いものや商品購買回数の多いものの他にも、Google広告成のROASもデータとして統合することで、検索結果の並び順のキーとしても調整可能で、単純な検索機能以外にも、これはお客さんが検索したときに、ROASのデータも重みづけとして検索結果に反映されるため、ECオーナーからすれば、Google検索に近い体験が自社サイトに統合できるイメージではないかと思います。

ちなみに、これだけの機能がありながら、Elasticの導入費としては初期費用なしの月額$16から使えるというのは激安だと思います。

Elastic Searchに統合するには、Live Commerceの場合だとすでにGoogleショッピング用に商品データフィードがあるので、簡単に統合できるようになっています。ただ、Googleショッピング用の商品データだと、絞込のキーがカテゴリとブランドだけなので、ユーザーの検索体験を最大化することは難しのかもしれません。

例えば、コンタクトレンズを販売しているショップなら、度数で絞込できたり、ギターを販売しているショップなら「製造年代」や「カラー」や「形状」や「材質」で絞込できた方が、ユーザー満足度は間違いなく上がります。(ちなみに、Amazonでギター系を検索するとこうした絞込キーが自動で表示されます)

特にこうした絞込キーが必要なければ、Live CommerceにElasticを導入する費用は165,000円だけです。月額費用は$30をElastic社に払う形です。(プランによって機能が異なるので、ここでは最上位のプランの例)

今までの自社サイトだと、こうした検索体験がまともに動かなかったがゆえに、自社サイトの優位性が低かったと思いますが、Elastic SearchがECサイトの検索の置換となることで今後は自社サイトの優位性がさらに上がるのではないかと思っています。

Discovery Japan Mallでさらに進化をさせているのが、Elastic Cloudからこうした検索データを収集できるので、検索数の多いキーワードをデータとして取得し、それをサイトマップとしてGoogleにクロールさせることで、自社サイトの検索結果をオーガニックサーチとしてSEO対策している点です。

Elastic Searchの良い点としては、検索結果優先順位(重みづけ)については、専用の管理画面が用意されていて、この画面は非技術者でも使えるので、当社がシステムとの統合後にユーザーサイドで検索結果の品質をカスタマイズすることができる点です。もちろ、カスタマイズするには統合するデータ量が多ければ多いほど良いということになりますが、標準の機能でも十分対応できる点ではないかと思います。

関連する記事

「世界最大のセレクション」を目指すAmazonの最近の動向 〜 Amazon Art、Amazon ... 先日、米Amazonのジェフ・ベゾス氏が個人資産でワシントン・ポスト紙を買収するというニュースが世間を賑わせました。Amazonのスローガンは 「biggest selection in the earth(世界最大のセレクション)」だそうですが、どこまでも勢いが止まらない、最近の日米双方のAmaz...
Eコマースサイトのコンテンツを豊かにする5つの方法... 改めて言うまでもなく、Eコマースにおいてコンテンツマーケティングはとても重要です。優れたコンテンツはユーザーの信頼を集め、ブランド力を高めてくれるだけでなく、ユーザーに情報を提供し続けることで、ユーザー間にシェアされやすくなり、検索ランキングも高めてくれます。 とはいえ、コンテンツを豊かにするため...
広告下手で売上損失をしている可能性とは... 「広告が失敗しているんじゃないですかね。」 これは広告代理店の営業マンがよく口にするセリフです。 成功した広告を配信できた場合に比べて、本当はどれくらい売上損失を回避できたのか、あなたはご存知でしょうか? 自社が広告下手かどうかを知るには、ROAS(Return On Advertis...
インフルエンサーマーケティング バブルか崩壊か... Is the influencer marketing bubble set to burst? 自身の影響力を利用してインターネット上のSNSやYoutubeで他の消費者の購入意思決定に凄まじい影響力を与えるインフルエンサーですが、このマーケティング手法は今後2019年には1000億...
Google Analytics 、もしかして目標設定とeコマース設定をしていないのではないか?... 世の中にありふれているGoogle Analyticsのセミナーや書籍、、、 でも、あなたにとって大事なこと。それはこんなツールに惑わされることでない。 すべての数字をシンプルに把握することができる唯一の目安が、銀行の預金残高を増やす、これだけだ。 それを増やすために、Google A...
越境ECで年商10億円の売上を作ることができる商材・できない商材... 2021年、カスタマーサクセスプランで契約中のクライアントの売上が年商10億円を超えるペースで推移するまでに越境ECサイトを成長させることができました。 今日は2010年から一貫して越境ECサイトの開発・運営で自らが体験し学んだことで、年商10億円規模の売上を作ることができる商材・できない...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ