« ブログのトップページに戻る

中国ECに欠かせない3大オンライン決済サービス

   投稿者 : 2017年1月5日 By

イメージ画像

Live Commerceでは中国向けEコマース決済としてAurfy Japanの提供する銀嶺、Alipay、WeChatPayの3つの決済システムを導入設定することができる。Live Commerceの中国向け決済機能を使えば、中国の決済シェアの80%以上をカバーできる。
今回は中国決済についてと実際にLive Commerceが提供する中国向け決済の画面の流れをAlipayを例に説明する。

Live Commerceの決済機能: http://www.live-commerce.com/ecommerce-blog/china-payment-2/#.WFtWc7aLSV4

中国決済グラフ

●ネット銀聯(ぎんれん)決済

中国のネット決済に対応している銀聯カードは、発行枚数が50億枚と増加傾向にあり、銀聯デビットカード、銀聯クレジットカードに対応した決済を行うことができる。
銀聯カード発行枚数は増加しており、セキュアな接続方式を採用しており、銀聯カード対応とすることで、中国人のお客様を対象とした取り込みが期待できる。

●Alipay

Alipayは中国のオンライン決済の約52%を占める世界有数の第三者決済である。 Alipayはタオパオショッピングモールをはじめとして、中国国内で55万加盟店、海外の5万加盟店で利用できる決済サービスである。
4億人以上のユーザー数を保持し、公共料金の支払い、ECでの決済、割り勘サービスなどもあり、手数料がかからないところが大きなメリットだ。 Alipayは架空の口座を作り、その口座にお金を入れることで利用出来るサービスである。

●WeChat Pay

WeChat Payは中国のSNS、WeChat(微信)から利用できる決済サービスである。 実店舗とネットショップの両方で容易に導入でき、複数通貨に対応できる点が強みで、銀行口座と連動した決済機能は中国人旅行者のショッピングなどにもよく利用されている。

 

●Live Commerceの中国向け決済の流れ

Alipay決済を例に、中国向け決済サービスがどのように進んでいくのか、画面遷移にそって説明する。基本的な流れは通常のショップサイトと同様だが、決済の完了をスマートフォンで行うところが中国向け決済の特徴と言える。

 

●商品を決め、カートに入れる

図表01

●注文内容を確認し、決済サービス画面へ

図表02

●中国ユーザー向け決済画面(銀嶺、Alipay、WeChatPay)
3つの決済サービスの中から決済するサービスを選ぶ。

図表03

●注文内容を確認し、注文を確定する

図表04

●QRコード画面

図表05

●最終画面(完了)

図表06

関連する記事

越境ECの超えるべき課題とは? 日本は少子高齢化がますます加速し、日本の人口は今後、減る一方と予想される。 つまり、内需を拡大するには限界があると言えるだろう。そこで、企業が目を向けるべきは外需である。内需ばかりではなく外需、輸出に転じ、成長するという将来像である。海外市場向け輸出は現在、多くの分野で成長しており、さらに...
中国向けECトピック、なぜ現地価格より越境ECの方が安いのか?... お隣の国、中国の電子商取引の成長率だが米国を抜き現在は世界1位になっている。 市場としての魅力はもちろんだが、各国間の政治的関係悪化などで、大手企業を除いては、未だネットベースでのビジネスはほとんど進展がないもの事実だろう。 しかし、この数年で明らかになってきたことがある。それは現地進出し...
アメリカの代表的なECサイトから学ぶ 今週1月20日には、アメリカの新大統領にオバマ大統領が8年の任期を終え、トランプ新大統領が正式に就任する。 就任後は、日本とアメリカとの貿易、経済や軍事など、多方面において大きな変化が起こることは間違いないだろう。この変化の度合いによっては越境ECにも変化を強いられることだろう。 そこで...
中古高級ブランド品がアジアで急成長... Reebonzの今年のアジア・ラグジュアリー・インデックスによれば、靴とアパレルの分野において急成長をしているとの記事です。例えば、香港ではブランドスニーカーの売上高は昨年48%増、高級Tシャツは6倍に増加しました。最も購入した中古ブランドであるChanelは、昨年のReebonzの2倍だそ...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
ECサイト運営で欠かせない「チャージバック対策」... ECサイトの決済で主流となっているものにクレジットカード決済がある。 ECサイトのクレジットカードの利用が増えるに連れ、増えてきているのがクレジットカードの不正使用である。 日本クレジット協会によると、平成28年のクレジット不正使用の被害は約140億9000万円(前年比117%)、その中で...

タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。