Live Commerceへようこそ!

Live Commerce

Live Commerceのブログへようこそ、
当初予定していたよりもすでに1年以上も経過してしまいましたが、別に開発が止まったとか、プロジェクトが終わったわけでもなく、むしろ以前よりも開発PGを増やしてラストスパートの段階にきています。

Live Commerceは新しいオープンソースとしてデジタルスタジオによって開発が進められているECサイト構築ソリューションです。
初めて訪問された方はまずこちらをご覧ください。

Live Commerceはすでに強固なフレームワークによりさまざまな機能が盛り込まれています。例えば非会員購入、多言語対応、他通貨対応、デザインテーマ機能、ページ機能(LPO、多言語サポート)、グラフィカルな売上レポート、プラグイン機能拡張システムなどです。

また、Live Commerceコミニティーサイトを早い段階で立ち上げを予定しています。
Live Commerceの最新情報についてはRSSフィードを購読していただくか、右のサイドバーにあるメールマガジンを購読してください。最新の開発状況をお届けします。

私自身、Eコマースのシステムは理解できても、実際に使う側が想定していることはまだまだわかりません。
コメントなりメール(webmaster@live-commerce.com)を頂ければ幸いです。是非とも皆さんとLive Commmerceについての議論をさせていただければと思います。

関連する記事

新しいテーマ13 本日新しいテーマ13をリリースしました。
海外のfacebookファンと日本語でコミュニケーションできる?... 本日は、今最もホットな話題でもあるfacebookでの集客についてです。 Live Commerceを活用して多言語サイトとしてECサイトを運営する場合、日本語以外の言語圏から集客を行う場合に一番手っ取り早いのはGoogle Adwordsで広告を出稿し国と言語をセグメントして集客することです。 ...
デザイナーとプログラマーの作業範囲を指定できるようにする... あるサイトに訪問した時、そのサイトの会社(ブランド)のイメージカラーは訪問者にとってサイトのイメージ伝えるためにとても重要です。しかし、従来のEコマースオープンソースではプログラム部分とデザインが分離されていなかったため、完全にデザインをコントロールすることは困難だったと思います。オープンソースで運...
ECサイト構築時に何を準備する?最も大事なこととは …... 海外向け・国内向け問わず、ECサイトを構築するときに「何を用意すればいいですか?」という質問を新規のお客様からはよく頂きます。 ECサイトを作る時は、見た目のビジュル=①デザイン的な素材と、商品データ=②商品データベースの有無、この2つが必要不可欠です。 では、どちらがより重要かというと、、...
簡単にアップグレードができるようにする... Live Commerceの最大のメリットはアップグレードが簡単にできること、カスタマイズができることです。 ECサイトにおいて必要とされるすべての機能を網羅したシステムは存在しませんが、必要とされる機能をつけ足したり、それを好きな時に解除したりできるECサイトシステムであったらどうでしょうか? ...
開発アンケートお願いします! 読み込み中.... 結果だけ見られる方はこちらをクリック
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ