Live Commerceへようこそ!

Live Commerce

Live Commerceのブログへようこそ、
当初予定していたよりもすでに1年以上も経過してしまいましたが、別に開発が止まったとか、プロジェクトが終わったわけでもなく、むしろ以前よりも開発PGを増やしてラストスパートの段階にきています。

Live Commerceは新しいオープンソースとしてデジタルスタジオによって開発が進められているECサイト構築ソリューションです。
初めて訪問された方はまずこちらをご覧ください。

Live Commerceはすでに強固なフレームワークによりさまざまな機能が盛り込まれています。例えば非会員購入、多言語対応、他通貨対応、デザインテーマ機能、ページ機能(LPO、多言語サポート)、グラフィカルな売上レポート、プラグイン機能拡張システムなどです。

また、Live Commerceコミニティーサイトを早い段階で立ち上げを予定しています。
Live Commerceの最新情報についてはRSSフィードを購読していただくか、右のサイドバーにあるメールマガジンを購読してください。最新の開発状況をお届けします。

私自身、Eコマースのシステムは理解できても、実際に使う側が想定していることはまだまだわかりません。
コメントなりメール(webmaster@live-commerce.com)を頂ければ幸いです。是非とも皆さんとLive Commmerceについての議論をさせていただければと思います。

関連する記事

osCommerce、ZencartはEC市場全体の49% osCommerceとZencartのシェアが弊社のサイトからのアンケート結果によって得られた数字だと49%ということだ。 Live Commerceとしては今後、時間をかけてユーザーシェアを獲得していくのは言うまでもないが、現時点でユーザーがどんなカートを使っているのか、どんなとこ...
4月20日 17時? Live Commerce 勉強会オンラインセミナー... Live Commerceの機能をもっと知りたい! Live Commerceの活用方法のヒントを探したい! Live Commerceを導入しようと思っているけどためらっている... と、お考えのLive Commerceをまだ検討されている方を対象に、Live Commereの活用方...
97%のネットショップの売上は3年以内にほっておけば潰れる... 97%のネットショップの売上は3年以内にほっておけば潰れる、そして各業界では上位3%のネットショップだけが生き残り、その中のまた97%がほっておいても潰れていく、、、 という連鎖で成立っている。これはE-commerce Get it Right でこうした事実が掲載れているので一度読んでみ...
Facebookのようなチャットは必要か 巣ごもり消費が昨今増えていますが、外出せずに自宅からのネット通販のみで身の回り品を揃えてしまう行動が今後も増え続けた場合、電話という通信手段から、もっと手軽な通信手段であるテキストベースのチャットがあったらいいなーと思う方がいるかどうかをオーディエンスの方々にお聞きしたいと思います。 ...
簡単にアップグレードができるようにする... Live Commerceの最大のメリットはアップグレードが簡単にできること、カスタマイズができることです。 ECサイトにおいて必要とされるすべての機能を網羅したシステムは存在しませんが、必要とされる機能をつけ足したり、それを好きな時に解除したりできるECサイトシステムであったらどうでしょうか? ...
新しいテーマ13 本日新しいテーマ13をリリースしました。

コメントをどうぞ