« ブログのトップページに戻る

アジア最大の企業となったテンセントとは?

   投稿者 : 2018年1月11日 By

イメージ画像

2017年11月、中国3大IT企業のテンセント(騰訊)が時価総額5,230億ドル(約58兆7700億円)とアメリカSNS大手フェイスブックを抜き、アジアの企業として初めて時価総額世界5大企業に入った。
この時価総額世界トップ5企業とは、トップがアップル、2位がアルファベット(グーグルの親会社)、3位マイクロソフト、4位アマゾン、次いで5位、テンセントとなったのである。
テンセントとはアリババと並ぶ中国のITネットワーク企業で、利用者が9億人を超えるSNSサービス「WeChat」で有名だ。 今回は、中国ではアリババが有名なIT企業だが、このテンセントとはどのような企業なのかを調べてみた。

日経ニュース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23745470R21C17A1FFE000/

2017年11月の世界のベスト企業

●テンセントとはどんな企業なのか?

中国で代表的なIT企業は、百度、アリババ、テンセントである。中でもテンセントは驚異的な成長を遂げている。 テンセントは1998年創業のオンラインゲーム会社で、2004年には香港市場に上場した。 今では、このブログで何度か紹介している「WeChat」を主軸に幅広いサービスを展開している企業である。

テンセントはオンラインゲームが主流で中国でのシェアは5割以上で、オンラインゲームでは任天堂やソニーなど日本からの攻勢を受けることもなく、独占的にシェアを伸ばしたと言える。
テンセントが急激に伸びた理由は、ゲームのスマートホン化への対応の早かったのと、スマートホンの普及がゲームユーザーを増大させたところだろう。 そして、オンラインゲームだけではなく、テンセントはオンラインチャットのQQ(PC向け)、SNSアプリ「Qzone」、WeChat(スマホ向け、日本のLINEに相当)などプラットフォームを開発し、事業を拡大することで中国では独占的なシェアを有している。

今後、さらに注目されているのが、「WeChatペイ」、モバイル決済である。スマートホンでQRコードを読み取ることで即、支払いが完了する決済方法が中国では浸透している。 キャッシュレス決済ではアリババのアリペイがあるが、シェアはアリペイが50%、WeChatペイ38%となっている。「WeChatペイ」は日本では訪日中国観光客を対象として既に50,000店を超える小売店で使用が可能で、昨年、6月にはドンキホーテ37店舗で「WeChatペイ」の使用を可能にしている。

まとめるとテンセントとは、任天堂のようなゲームアプリを提供しながら、LINE、FacebookなどのSNSサービスを手がける企業で、さらに、今ではニュース、ビデオ、音楽、ブラウザ、モバイル決済など様々なプラットフォームを構築し、サービスを展開している企業と言える。

テンセントの収益構成

 

●中国のIT企業がなぜ、こんなに成長しているのか?

中国のITが発展し背景には、中国共産党の意図に従わない企業は中国では開業できないという中国のIT規制がある。中国では、FacebookやTwitter、YoutubeやGoogleの検索エンジンまで、IT規制により使用できず、GoogleもFacebookも中国からは撤退を余儀なくされている。
この中国のIT規制の壁、大きな堀に中国のITネット産業は守られているところが成長要因だと言えるだろう。 今や、中国のIT企業は中国の人口13億人という巨大マーケットを独占することで、成長しようとしている。
さらに、中国経済は毎年5.6%の成長が見込まれ、これからは、輸出主導から、内需拡大に転換しするなか、国内消費を対象としたさまざまなITサービスがこれからも伸長してゆくだろう。

 

●日本企業がテンセントから学ぶべきこと

テンセントはソフトバンクグループが保有するフィンランドのゲーム会社スーパーセルを90億ドルで買収すると報道している。テンセントはこのスーパーセルのゲーム資産を現在のテンセントが確保する中国市場に最適化することができれば、買収金額は高くはないのだろう。
日本の優良ゲーム企業である任天堂などと比較すると、テンセントはゲームを開発・提供しながら、売上、時価総額の面では圧倒的に上回っている。 それはテンセントは、開発した様々なコミュニケーションプラットフォームを基盤としてその空間にゲームコンテンツを提供するという、マネジメントの巧妙さにある。
日本の企業もテンセントの「常に新しいユーザーを拡大、創造する」という戦略に学ぶべきポイントは多い。

 

●まとめ

中国IT企業は、一見敵なしのように見えるが、中国では国がGoogleやFacebook、Twitterなど、世界に開かれているITを規制しているため、ある意味守られた中での成長と言えるだろう。
そして、中国国内の需要が限界に達した時、海外展開に向けた成長戦略が必要になるだろう。海外の激しい競争に打ち勝つことは容易ではない。中国IT企業が海外に開かられた中で戦うとき、テンセントの真価が問われるときかもしれない。

関連する記事

あきらめないで! 越境ECで売上げをアップする10の方法... 越境ECを構築して、海外販売を始める企業は増加しているが、構築はしたもののなかなか売り上げが上がらない、どうしたら良いのかわからない。 何か手立てがないかなど思案している事業者も少なくないと聞く。 せっかく苦労して越境サイトを構築したのに、「売り上げが上がらない」と海外進出をあきらめるの...
海外展開に関する補助金・助成金情報をピックアップ... 少子高齢化の時代、日本のマーケットから世界に転じて販路を拡大しようという企業も多いと思う。補助金・助成金制度の中には、費用のリスクを少なくし、海外に向けて越境ECを構築したり、海外の展示会に出展したり、プロモーションなどで海外販路を拡大することが可能なものが用意されている。日本政府は2020年ま...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
エコシステムをご存知ですか? エコシステムとは、経営やIT分野の新語で、複数の企業が商品開発や事業活動などでパートナーショップを組み、互いの技術や資本を生かしながら開発業者、代理店、販売店、宣伝媒体、さらに消費者や社会を巻き込み、業界の枠や国境を越えて広く共存、共栄していく仕組みのこと。本来は、生物とその環境の構成要素を1つ...
越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.March)... 2018年も3月、企業で言えば年度末決算期、学校では卒業シーズンに入った。 今月も最新の補助金、助成金情報をまとめてみた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件が合致しても受給できない可能性があ...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。