« ブログのトップページに戻る

‘海外展開’ タグのついている投稿

海外展開に関する補助金・助成金情報(2017.February)

2017年2月23日 木曜日

イメージ画像

中国が日本から越境ECを介して購入する金額が2016年は1兆円を超える見込みとなった。
2015年が7,956億円とあるので、2016年が1兆158億円(見込み)は、前年度128%の伸びとなる。
中国の爆買いは収束し、確実に越境ECに移行したともとれる数字だ。そして中国にとって日本は、米国や韓国を押さえて、最大の供給国となっている。
政府も今後はこの越境ECを積極的に後押しするとしており、農水省は空港などで電子レンジで温めて食べるコメ(パックご飯)10万食を、中国人旅行客に無償配布している。厳しい検疫がないパックご飯をPRし、越境ECなどでの販売につなげたい考えだ。
越境ECへの補助金支援として、昨年は、「中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金」があったが、今年もこのような支援策をうちだしてくるだろう。今月も海外展開、販売のための補助金・助成金にどのようなものがあるのかを見ていこう。

(さらに…)

 

E-コマース ヨーロッパのトラストマーク認証制度

2017年2月15日 水曜日

イメージ画像

Ecommerce Europeは、消費者、販売者を保護、Eコマース業界をさらに活性化する目的もあり、2015年9月にトラストマーク認証制度を導入した。その結果、ヨーロッパ国内参加国が増え続け、Eコマース業界ではウェブサイトに必須のマークとなりつつある。
Eコマース協会関係組織は、このEcommerce Europeと提携しヨーロッパのトラストマーク認証制度に参加している。現在の参加国はスペイン、オランダ、ドイツ、ベルギー、アイルランド、フィンランド、デンマーク、イタリア、ポルトガル、ギリシャ、チェコである。このメンバーは無料でEcommerce Europeより様々なサービスを受けることができる。

(さらに…)

 

アメリカの代表的なECサイトから学ぶ

2017年1月16日 月曜日

イメージ画像

今週1月20日には、アメリカの新大統領にオバマ大統領が8年の任期を終え、トランプ新大統領が正式に就任する。
就任後は、日本とアメリカとの貿易、経済や軍事など、多方面において大きな変化が起こることは間違いないだろう。この変化の度合いによっては越境ECにも変化を強いられることだろう。
そこで今回は、アメリカのEC市場の現況についてやアメリカ代表的なECサイトの特徴などまとめてみた。

(さらに…)

 

海外展開に関する補助金・助成金情報(2017.January)

2017年1月11日 水曜日

イメージ画像

2017年、酉年。新年に入り、今年も、気持ちも新たにスタートした。今年は、例年よりさらなる変化が予測され、その変化を早い段階で察知し対応してゆくことが事業成功の鍵となるであろう。 今回は今年、最初の海外展開に関わる、補助金・助成金の募集内容についてピックアップし紹介する。
(さらに…)

 

ヨーロッパのECビジネスの拠点は?

2016年12月26日 月曜日

イメージ写真

EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。
ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズにするためにも税制面、物流コスト、納期、返品リスク、コストの負担を軽減するように取り組んでいる。
EU全体に販売網を拡大する場合は、ヨーロッパに配送センターを設置することが最も効率的である。そこで、着目すべき所は「オランダ」である。これまで、ヨーロッパのE-ゲートの極めて重要な役割を担っていることでも有名である。
ヨーロッパの主要市場と言われるイギリス、ドイツ、フランスに近く、インフラ整備と多様なサービスが充実しているオランダは、グローバル物流ネットワークの拠点として、ヨーロッパ全体のサプライチェーンの構築も容易に可能、ECビジネスにおいて拠点国としてトップに挙げられる。 (さらに…)