« ブログのトップページに戻る

‘海外向けマーケティング’ カテゴリーのアーカイブ

ドバイEコマース2017年 – 電子決済とオンライン取引が成長を続ける中、代引き決済が足を引っ張る

2017年5月25日 木曜日

ドバイ Eコマース最新情報

ドバイでは消費者の56%がオンラインで頻繁に買い物をしており、少なくとも週に1回はネット通販を使っている。月に1回未満の低頻度の購入者は消費者の20%から10%に減少している。平均購入価格も374ドルから403ドルに上昇しており、かなりの伸び率と言える。ちなみに、回答者の20%は1回の注文で平均545ドルと高額だ。

Souq.com はオンライン販売のみでアラブ首長国連邦で前年比50%の伸びを見せている。 (さらに…)

 

越境ECでGoogle AdWords 広告を運用する時、プロのコンサルタントでも見落としがちな○○な点

2017年5月18日 木曜日

Google AdWords で高い運用パフォーマンスを出すには、ユーザーが興味・関心を引くための強いメッセージ(コンテンツ)に加え、行動に結び付けるための使い勝手のよいウェブサイト(ユーザビリティー)が必要です。そして、獲得したコンバージョンをどのように自社の製品購入まで結び付けるのか、ビジネス上の導線設計、、このようなことをプロのGoogle AdWordsコンサルタントは把握しており、クライアントに接するときは、こうした背景を把握した上でクライアントのAdWordsキャンペーンを設計していきます。

さて、今出てきましたコンテンツやユーザビリティーや導線設計という、ウェブサイトのコンバージョン率を高めるには非常に重要な要素ではありますが、越境ECに関して言えば、ユーザビリティーの観点でもう一つ重要な要素があります。それはローカライズ(Localize)という視点です。 (さらに…)

 

Google AdWords 動的検索広告のコスパが凄すぎる

2017年4月22日 土曜日

花見も終わり、春本番ですね。
気温の上昇と比例して私たちの活動も活発になる中、Live Commerceを使うユーザーには絶対に外せない広告技術がGoogleから発表されました。

動的検索広告、2016年10月頃に発表され2017年4月現在では日本語で全ての機能が利用できるようになっています。

今までの常識だと、マーケティング担当者が自らの経験と勘に頼って最初は候補キーワードを探して、それに基づいて広告を作っていたわけです。そこからが緻密な作業の繰り返しによって改善・改善・・・となり、やっと成約になるキーワードを2−3ぐらいに絞り込んで、費用対効果が最大になるよるうに調整していた、、ここまで成果を出すのに早くて2−3ヶ月程度、場合によってはWEBサイトの改善も必要になるのでもっとかかるわけです。

これが現在当社も行っているGoogle AdWordsの一般的な運用です。ですので、キーワード広告と言うのはGoogle AdWordsを担当する「人」もしくは運用する「業者」の経験値がかなり影響してきます。 (さらに…)

 

海外販売のウェブマーケティングについて

2017年4月17日 月曜日

以下の図は、社内でも活用していますが、海外販売を行う際に、ABCDのどのポジションからスタートするのかを整理した図です。

縦軸が地域で横軸がモールか自社サイトかを分類したものです。
結論からいうと、次の選択肢しかありません。

初期費用が300万以上

  • 中国向け: Tmall・自社サイト
  • 欧米向け: Amazon・eBay・自社サイト

初期費用が300万以下

  • 中国向け: JD or VIP.com ・ 自社サイト
  • 欧米向け: Amazon・eBay・自社サイト

(さらに…)

 

イギリスのトップEコマース500社

2017年2月27日 月曜日

イメージ画像

Internet Retailing社は最新のイギリスのトップEコマース500社を発表、イギリスでは、AO, Argos, Holland & Barrett, TopshopNext などが最大手となる。 この毎年実施されるランキングは今年で3回目で、特にクロスボーダーや様々なチャンネルを持った販売会社がほとんどである。
昨年度は Amazonを筆頭に, Argos, Boots, House of Fraser, John Lewis, Mothercare、Screwfixが2016年のエリート会社と呼ばれ、今年は同じくAmazon, そしてAsda,Boots John Lewis, M&S、そしてTescoが登場している。
今回はイギリスのEコマースランキングについて見ていこう。

(さらに…)