« ブログのトップページに戻る

ボタンはしっかり目だつデザインを!ボタンデザインの原則3つ

   投稿者 : 2015年2月16日 By

イメージ写真

ECサイトのデザイナーは、日々、サイトに訪れてくれたユーザーに、「申し込み」、「購入する」、「資料請求」など、ボタンを押していろいろアクションを起こしてほしいと考えデザインしている。
Webデザイナーは、どうしたらコンバージョン率が高まるのかを日々考え・テストを繰り返し、デザインを検討している。
私もそのことを考えている1人として、今回はサイトの目的を達成させるために欠かすことのできない重要な要素の1つであるCTAボタン(Call to Action Button)、行動を呼びかけるためのボタンデザインについての3原則をまとめてみた。

ボタンは品よく目だたせるべきである

ECサイトのCTAボタンとは、「購入する」または「カートに商品を追加する」などクリックするためのボタンだ。そして、驚くことに、このボタンの色、配置場所、文言、サイズを変えるだけで、ページのコンバージョン率は大きく変わる。
結論を言えば、CTAボタンは“品よく目だたせる”ことでコンバージョン率は大きく変わると言える。ボタンデザインはページの中で必ず、目だたなければならない。ページ埋もれてしまって見つからないようでは、間違いなくクリック率は下がり、コンバージョン率は悪くなる。では実際にどのような点に注意し、デザインすべきか具体的に整理しよう。

1.色と形

一般的にCTAボタンの色は緑系かオレンジ系が良い。ただし、サイトのデザインイメージに即した色彩を選ぶべきである。回り周りの色と違う色を使って目だたせる。
周りの色に対して補色にする、彩度を変える、明度を変えるなど、どうしたら目だつか工夫をすることが大切である。

表

また、形も角丸や周囲のデザインと変化をつけ、目だたせることで、コンバージョン率がアップすることが下記の資料からも分かる。

ボタンデザイン

2.レイアウト

ボタンの位置も重要だ。上が良いか、下が良いか。ページのどの位置に配置するかでコンバージョン率も変わってくる。
ECサイトの商品ページの場合は、ボタンはファーストビューの右側に配置することが効果的な場合が多い。

さらにボタンの周りにいろいろな要素を置かない。ボタンの周りには広めのスペースを確保し、ボタンを目だたせること。

レイアウト

3.ボタンの文言

最後にボタンの言葉だ。「注文」より「注文する」。「購入」より、「カートに入れる」などユーザーが主体的に~するなどの動詞にする。
また、「送料無料!」や「3分で簡単!」「期間限定」「タイムセール」など、お得な注目情報を入れるだけでコンバージョン率は大きく変わる。

カートコピー

 

私は上記3つの原則をふまえ、“品よく目だたせるデザイン”することでコンバージョン率・数を上げることができると考えている。
そして、これからもこの3つ原則を意識しデザインすることでユーザーが“クリックしたくなるボタン”をデザインしていきたい。

関連する記事

商品ブランドを定着させる方法ーPart2 先日の「Periscope」を利用した商品ブランドを定着させる方法のブログに引き続き、様々な観点からブランドの構築が可能である。  さらに必要な項目・アイデアをまとめてみた。 商品ブランドを定着させる方法パート1はこちら 11.  ジャーナリストと繋がりを持つ 現在、...
配色に困らない為の色選びの基本ルール... Webデザインを行ううえで重要で欠かすことのできない色彩、カラー。 そして、色彩はサイトの印象に大きく影響する重要な要素でもある。サイトデザインはモノクロの配色より、色を使ったデザインのほうが魅力的であることは言うまでもない。また、色はユーザーにイメージ、メッセージを伝え、理解を助けてくれる...
「自分」ブランドを構築するには? 会社や製品にはそれぞれの独自のブランドがあるが、多くの人が「自分ーパーソナル」ブランド確立は難しいと感じているようである。自らアピールしなければならない、人前にさらされてしまう、もしくは自分の存在や熱意すべてを捧げてしますような恐怖感もある。しかし、「パーソナル ブランディング」は、思ったより難...
中国の越境ECの新改革が始まる アメリカと中国はEコマースの世界では市場規模も1位2位を争う巨大な市場をもっている。越境ECにおいては、まず、この2カ国を抑えることが成功の鍵である。昨年に続き、越境ECはトレンドキーワードの上位にランクされ、その越境ECの中でも特に注目されている国、中国の税制度が変わろうとしている。 今回...
顧客満足度6年連続1位のヨドバシカメラ、その秘訣は?... ヨドバシカメラはインターネット、ヨドバシ・ドット・コムでは驚くべき変化、進化を遂げている。家電量販店とは思えないくらいの品揃えと、その配送の早さなどで顧客の心を掴んだのだ。今やECサイトの王者、Amazonさえも意識せざるを得ない存在となりつつある、ヨドバジ・ドット・コム。 今回は2015年...
売れるスマホECサイトを作る10の法則 Googleは今年2015年4月21日から、Webサイトが「モバイル・フレンドリー」の状態であるかどうかを検索結果に反映させると発表した。これはスマホ対応されていないサイトやページは今後、検索上位になることは難しいことを意味する。 さらに、今後は自宅のパソコン利用より、スマホからのECサイト...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。