« ブログのトップページに戻る

デザイン4原則でラクラクデザイン -その3:反復(繰り返し)-

   投稿者 : 2015年4月21日 By

イメージ写真

WEBサイト構築の際、デザインに統一感とオリジナリティを出すためには、今回の「反復の原則」つまり、「反復=繰り返し」を利用するとよいだろう。
「反復の原則」とは、全体を通して、同じデザイン要素を繰り返して使うことで、デザインに統一感、共通性を与え、全体としてのリズムを生み出す手法である。

この「反復の原則」はサイトデザインにおいて、非常に有効で、これなくしてはデザインは成立しない。たとえば、ボタンのデザインや見出し、ヘッダーのデザインなどの要素を「反復(繰り返し)」することで、統一感が生まれ、さらに、ユーザーがページ遷移しても、デザインが繰り返されていれば、デザインに一貫性が生まれ、ユーザーは安心してサイトを利用できる。

この「反復」は人の脳が“物”を認識する時の識別機能を利用したものである。つまり、脳は“物”をパターンとして認識し区別し、単純化して見るようにできている。“物”を見たときに脳は本能的にパターン化できるものがないか探しているのである。そのパターン化する機能を利用することで、人は物を認識しやすくなり、理解が早まるといえる。デザインのなかにできるだけ、パターン化したもの、グループ化したものをたくさん、「繰り返す」ことが重要な内容となる。

1.デザイン上のある特徴を繰り返す「反復」

反復とは、デザイン上のある特徴を作品全体を通して繰り返すことである。(図1)は名刺デザインだが反復を使って統一感を出している。例えば、書体はすべて同じ、色相を反復、アイコンを反復、などだ。反復することによりイメージを統一することができる。

名刺デザイン
(図1)

 

2.「反復」とは一貫性である

「反復」とはパターン化することが基本である。パターン化し、その要素を繰り返すことで一貫性を生み出す手法である。色や形、書体、レイアウトなど視覚的に認識できるものなら、何でもよい。繰り返すことで一貫性が生まれる。特に、WEBサイトではユーザーに操作(クリックなど)を促すものの場合、ボタンの色や、大きさや、配置などを繰り返し「反復」することで、ユーザーに、ここが操作できる部分なんだなと感覚的に伝えることができ、使いやすさ、ユーザビリティ向上を図ることができる。

繰り返しの作成例
(図2)3ページ、4ページ、5ページと繰り返して行くとWEBサイトのルールがはっきりする。 デザインの中の視覚的な特徴のある何かを何度も繰り返すことで、 ページ全体が整理され、一貫性が保たれ統一された印象づけができる。

 

3.「反復」のポイント

  • 反復はシンプルに構成する
  • デザイン上の何か特徴的なものを何回も繰り返す
  • 反復を利用して、見た目の統一感、一貫性、視覚的リズムを作る
  • アイコンなどは3次元(リアル)より2次元(フラット)のほうがパターンとして認識しやすい

この「反復の原則」を使い一貫性あるECサイトを構築し、訪れたユーザーにとって分かりやすく、安心して買い物ができるサイトをデザインしていただきたい。次回は「4.コントラスト」について説明する。

関連する記事

これを知らないと損しているかも知れない!ユーザービリティ原則3つ... アドビシステムは今年の2月2日に「Adobe Marketing Discovery」を発表した。 これは、消費者の購買行動におけるデジタルメディアの影響力に関する調査結果である。 それによると、テレビ・新聞などメディアを見て気になった商品情報をサイトで調べる消費者が88.3%あり、店頭...
中国の越境ECの新改革が始まる アメリカと中国はEコマースの世界では市場規模も1位2位を争う巨大な市場をもっている。越境ECにおいては、まず、この2カ国を抑えることが成功の鍵である。昨年に続き、越境ECはトレンドキーワードの上位にランクされ、その越境ECの中でも特に注目されている国、中国の税制度が変わろうとしている。 今回...
海外で売れる日本製品 まとめ 海外向けネットショップという事業をやっていると、よく聞かれることなんですが、 「海外で何が売れてるの?」 これは、当社のお客様との秘密保持があるので、一概に全部を公言することはできませんが、TerapeakとかeBay Japanさんが公開している資料の中から、これは確実に売れると言う商品を今日...
中国を代表するSNS WeChatとWeiboとは? 中国は独特のインターネット環境になっており、GoogleやFacebook、Twitter、LINEなどに対するアクセス制限がかかっていて、 使用することができない。世界の多くの人が利用しているSNSサービスも中国政府の検閲によりアクセスができないという現実がある。例えば、中国のユーザーに向け、...
これからのWEB広告はネイティブ広告の時代となるか?... 数年前から、問題とされてきた、ステルスマーケティング、通称「ステマ」。ステマとは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることであるが、ステマ広告でもなく、通常のバナー広告でもない、ネイティブ広告。 ネイティブ=自然な広告という意味合いの強いネイティブ広告とはどのようなものなのか?SN...
Buyボタンを設置、Twitterが本格的にEコマース参入?... Twitterは9月8日、Eコマース機能のテストを開始したと発表しました。アメリカ在住の少数のモバイルユーザーを対象に実施され、Twitter上で簡単、便利に商品購入ができる新たなサービスの提供を目的として行われています。 いよいよTwitterのEコマース参入は秒読み段階なのでしょうか? ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。