甘くみてはいけない、ラグビーW杯のインバウンド効果

イメージ画像

8月21日、Googleトレンドワードで27%の高い上場率を見せたワードがある。
そのワードは「インバウンド」という当ブログではおなじみの言葉だ。
「インバウンド(Inbound)」とは、内向きに入ってくるという意味合いがあり、主に旅行関連では外国人が訪日することを指す。
なぜ、「インバウンド」がトレンドワードとなったかだが、これは、9月20日から始まるラグビーW杯2019に関連する「インバウンド効果」の増長と、8月20日から日本のラグビーW杯開催12都市で、12,000点以上のアイテムが開催都市を彩り始めたからだ。
開催地では順次、街頭バナー、のぼり旗などの装飾アイテムが街を彩りラグビーW杯を盛り上げることになる。
今回は来月9月20日から行われるラグビーW杯2019の予想以上に大きくなるだろうインバウンド効果や対策について調べてみた。

ラグビーW杯2019はこんなに凄い!

日本では今ひとつ盛り上がりに欠けるスポーツであるラグビーだが、ラグビーW杯とは、4年に一度行われる15人制のラグビーの世界大会で、夏季オリンピックとFIFAワールドカップに並ぶ、世界三大スポーツイベントの一つである。
前回の2015年イングランド大会では、海外から40万人の観戦客が訪れ、累計で247万枚のチケットが売れた。また、テレビ視聴者数も全世界で40億人にものぼった。
イギリス大会の予選リーグでは、日本は南アフリカに奇跡の大金星を挙げたことで話題になった。この大会で優勝したのは、ニュージーランドだった。
9月20日から開催されるラグビーW杯2019の概要は以下の内容である。

  • 開催期間:2019年9月20日(金)~11月2日(土) 44日間
  • 参加チーム:20チーム
  • 試合形式:計48試合(プール戦40試合、決勝トーナメント8試合)
  • 試合会場:日本全国12会場

ラグビーW杯2019年は、9月20日(金)~11月2日(土)の44日間に渡って開催される。
日本はアジアでは初の開催国であり、ラグビー伝統国以外の開催においても初の開催である。
過去大会は1987年から、8回行われ、優勝3回がニュージーランド、優勝2回がオーストラリアと南アフリカ、優勝1回がイギリスとなっている。
ラグビーW杯2019は日本全国12の競技場で試合が行われる。
全国12の開催都市・会場は下図の通りで、開会式および開幕戦(日本vsロシア)は東京スタジアムで行われ、決勝戦および閉会式は横浜国際総合競技場でそれぞれ行われる予定だ。

ラグビー開催都市

  • 北海道札幌市:札幌ドーム
  • 岩手県釜石市:釜石鵜住居復興スタジアム
  • 埼玉県熊谷市:熊谷ラグビー場
  • 東京都調布市:東京スタジアム(別称:味の素スタジアム)
  • 神奈川県横浜市:横浜国際総合競技場(別称:ニッサンスタジアム)
  • 静岡県袋井市:小笠山総合運動公園エコパスタジアム
  • 愛知県豊田市:豊田スタジアム
  • 大阪府東大阪市:東大阪市花園ラグビー場
  • 兵庫県神戸市:神戸市御崎公園球技場
  • 福岡県福岡市:東平尾公園博多の森球技場
  • 大分県大分市:大分スポーツ公園総合競技場
  • 熊本県熊本市:熊本県民総合運動公園陸上競技場

ラグビーW杯2019のインバウンド効果が予想以上見込める理由

開催期間が長期である

ラグビーW杯2019のポイントとなるのは、第一は開催期間が長期であるということ。
来年開催される東京オリンピックが17日に対して、ラグビーW杯2019は44日間と約2.5倍である。
観戦目的で訪れた訪日観光客は、試合がない日は開催地周辺観光地の観光にあてることが予想され、周辺観光スポットや有名飲食店、お土産店などはインバウンド対応が一気に増加するだろう。

地方経済活性化となる

第二は、オリンピックは東京周辺の開催となるが、ラグビーW杯2019は全国12か所が大会会場となる。余り外国人が来ないだろう地方観光地でもインバウンド観光客を取り込める千載一遇のチャンスである。開催地域はもとより、その周辺地域、さらに観戦者移動エリアなど、東京オリンピックより地方経済活性化の起爆剤となることが考えられる。
万全の体制で、ラグビー観戦以外でも”おもてなし”対応、帰国後も継続的にエンゲージメントできるよう施策したい。

訪日するラグビー観戦者は裕福である

第三はラグビーはイギリス発祥の紳士のスポーツである。すなわち、平均より所得の高い層が観戦の為に訪日する見込みが高い。ラグビーファンは「年齢層が高い」「高収入」であり、時間とお金に余裕がある外国人が来日するとしている。
ラグビーW杯2019を観戦する外国人はオセアニア、ヨーロッパの富裕層、一人当たりの消費額も一般のインバウンドより消費額が大きいと考えて良いだろう。

ラグビーW杯2019の経済効果は?

それでは、40万人もの外国人が大会目的で訪日する、ラグビーW杯2019の日本の経済波及効果は、どのくらいになるのだろう。
ラグビーワールドカップ2019組織委員会で試算した内容があるので、
下記を参照していただきたい。

ラグビーW杯の経済効果

ラグビーW杯2019開催における、経済波及効果は4,372億円(29.7億ポンド)、インバウンド消費額は1,057億円と予測されている。
スタジアムでの観戦者は最大180万人。訪日観光客は40万人に達するとされ、まさにスポーツの祭典である。
上記のうち、GDP増加分は2,166億円(14.7億ポンド)と見込まれ、税収拡大効果216億円(1.5億ポンド)、雇用創出効果25,000人に上ると予測される。

ラグビーW杯2019におけるインバウンド対策3つのポイント

ラグビーW杯2019は世界3大スポーツの祭典であり、期間が長く、欧米豪など富裕層が訪日する。過去イングランド大会でも約3,332億円の経済波及効果があった。
以上を踏まえ、インバウンド対策を考えると、以下の3つがポイントとなるだろう。

1.ターゲットをヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアに設定する

日本ラグビー協会の資料から、世界のラグビー人口トップ10を見ると、トップが南アフリカの53万393人、2位がイングランドの35万9,447人、3位がオーストラリア27万3,095人続き、日本は、アジアで唯一の9位のラグビー人口である。
これら、ラグビー人口トップ10の国々のラグビーファンが訪日することを念頭に置いて対策することが重要である。

  1. 南アフリカ:53万393人
  2. イングランド:35万9,447人
  3. オーストラリア:27万3,095人
  4. フランス:27万2,792人
  5. ニュージーランド:15万5,934人
  6. アメリカ:12万4,726人
  7. フィジー:12万2,489人
  8. アルゼンチン:10万9,357人
  9. 日本:10万9,312人
  10. アイルランド:10万3,044人

 

ラグビー強国とされる、オーストラリア、ニュージーランドの人たちのユニークなのがビールを非常によく飲み、ビール片手に観戦するが常であるらしい。ラグビーファンの飲酒量は、サッカーファンの6倍以上というデータもある。
飲酒量が高いラグビーファンに対して、ビール以外にも日本酒やワインなど、地ビールや地元酒蔵やワイナリーなどあれば、プロモーションすべきだろう。

2.長期滞在を想定したアクティビティを用意する

試合がなく、次の試合まで丸1日空いてしまうという観戦者に対して、体験型アクティビティを整備することも重要である。
観戦者は、自主的にあちこち巡る観光ではなく、一日、おまかせ体験プラン、つまり申し込んだら、1日中楽しめるようなアクテビティを用意すると良いだろう。
例えば、日本独自の茶道、和服、華道、忍者体験など日本ならではの「こと体験」で観光サービスを提供するのがポイントである。

3.効果的なプロモーションを施策する

最後はプロモーションを効果的に展開することが重要である。
観光スポットや体験企画、観光地ならではの商品、飲食、宿泊などのサービスを観戦客に「認知」させ、観光スポットへの来訪、飲食、商品、サービスの購入などの「動機づけ」を促す必要がある。
プロモーション手段としては、観光ポータルサイトや地元観光サイトへの登録・情報の発信、さらに多言語WEBサイトの構築や多言語パンフレットの頒布、FacebookやInstagram等SNS、YouTubeなどからターゲットに合わせたプロモーションを展開すべきである。
ラグビーW杯2019は44日間と長期である。各地スタジアム開催地域ばかりでなく、その周辺地域、移動経路においても観戦者需要を取り込める可能性は十分あるだろう。
あるアンケートによると、ラグビーに興味のある英国人の60%強が「ワールドカップ開催中に日本旅行への興味がある」と回答している。つまり、ラグビー観戦中に日本観光も楽しみたいとしているのだ。

ラグビーW杯2019は今年のインバウンド市場の起爆剤となる

株式会社JTB総合研究所では、2019年のインバウンド市場予測を公表した。
予測によると、2019年の訪日旅行者数は3,350万人(前年比7.4%増)となっており、予想は主要市場の減速の影響で前年の伸び率(8.7%増)を下回るだろうとしている。
原因は、2019年上期は前年の自然災害の影響が残ったこと等による、韓国、台湾、香港の訪問客数が減少したことによるもの。
さらに、中国のインバウンド数の伸び率の減速、タイのインバウンド数も鈍化している。また、韓国では反日運動が影響し7月から訪日旅行のキャンセルが相次いでおり、先が見えない状態である。結果、前年度の伸び率8.7%には及ばないだろういう見解なのである。

下期、インバウンド市場に期待されるのは、9月20日から始まる、ラグビーW杯2019である。
ラグビーW杯のチケット予約も好調であり、欧米豪からの旅行者数の増加が期待大である。
さらに、中国、台湾、香港など市場では上期の反動増が加わるため、下期の伸び率が上期を上回るだろうとも記されている。
下期は伸び率で確実に期待できる、欧米豪がどこまで、市場を牽引して行くかにかかっているようだ。

今年の訪日外国人客数の伸び率

まとめ

ラグビーW杯2019のチケット販売が好調である。ラグビーW杯は開催期間が長いこと、欧米豪の富裕層が観戦することなど、インバウンドによる経済効果に大きな期待がかかる。
また、ラグビーW杯の客はサッカーW杯と比べて、開催国での消費支出が多いというデータもある。今回アジアで初めてのラグビーW杯の訪日客がもたらす経済的なインパクトは予想以上のものとなるだろう。
ラグビーW杯2019開催まであと1ヶ月。インバウンド関係者は、これから多くの外国人ラグビー観戦者が訪日するチャンスに、受け入れ体制をしっかり整え、積極的な情報発信を行い、観戦、帰国後もリピーターとして継続的な訪日につなげていただきたい。

 

参考:

関連する記事

「モノ」から「コト」へ変化しているインバウンド観光... 先週11月16日、ドイツ拠点の世界的な市場調査会社GfKは、「Anholt-GfK 国家ブランド指数(NBI)2017」の結果を発表した。これは、世界50カ国のブランド力を測定したものだが、それによると、1位はドイツ、2位はフランス、日本のブランド力は4位という結果が発表されている。 また...
海外販路拡大に関する最新補助金・助成金情報(11月)... 今年もあと2ヶ月となった。11月7日は立冬で、これから冬の寒さを感じる季節が始まる。11月は別名「霜月(しもつき)」とも呼ばれ、文字通り11月は霜が降り始める頃なのである。 今月も越境EC関連で活用できる、ものづくり補助金、IT導入補助金、小規模事業持続化補助金、さらに越境EC構築、インバ...
注目される関西インバウンド 今後の展望はいかに...   日本政府観光局(JNTO)は2018年の訪日外国人客(インバウンド)数は前年比、8.7%増の約3,119万人と発表した。 昨年は大型台風、関空の閉鎖、北海道胆振東部地震などの影響で9月は前年比でマイナスとなったが、全体的にはプラスの伸びとなった。 国別のインバウンドで...
中国インバウンド接客を高め、越境ECへ... 2018年1月から6月までの訪日外国人数は過去最高の前年同期比15.6%増の1589万8900人と発表された。上半期として初めて、1500万人を越えた。 これは、格安航空会社の便数増加などの影響もあり、今後も、引き続きインバウンド客数は伸びると思われる。 1月から6月の国・地域別の訪日外...
今後のインバウンドの需要拡大には何が必要?... JNTO(日本政府観光局)は昨年12月、訪日外国人累計者数が3,001万人を越えたと発表した。この数字は、2016年の2,000万人から僅か2年で3,000万人と推移したこととなり、東京オリンピック開催年の2020年の4,000万人の目標はクリアできそうな勢いで伸びている。 だが、ここから...
日本で買った商品の6割以上が帰国後、再購入されている... 今週10月1日から8日まで、中国の国慶節(日本の建国記念日)、祝日による大型連休があり、日本へ多くの中国人観光客が訪れ、その動向はメディアなどでも紹介されている。 中国人観光客は2015年のような爆買いは見られないものの、多くの中国人が日本各地を観光し、お土産を買い、祝日を満喫しているよう...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ