« ブログのトップページに戻る

越境ECサイトのローカライズを実現させるための3つのポイント

   投稿者 : 2015年11月30日 By

イメージ画像

越境ECサイトを成功させるための戦略は、まず、消費者に着目する事である。ECサイトは急速に成長しており、今後、消費者の需要はさらに高まる傾向にある。
ここ最近、アメリカでは、カナダをはじめ、イギリス、オーストラリアなどの消費者向けの、比較的シンプルな海外向けECのサイトが存在するが、市場はグローバルに急成長し、世界中に展開される傾向にある。そして、さらに充実した、まるで自分の国で買い物をしているような感覚のサイト求められている。

これは、最大のビジネスチャンスであり、ECマーケット情報によると、越境サイトでの売り上げは2019年までに3兆5千億ドルに到達するといわれている。しかし、一般的に新しいマーケットへの参入、海外参入は複雑なものである。消費者が求めている商品と、買い物スタイルがぴったりとはまれば、この越境ECサイトは成功するといわれている。

世界12か国における消費者に関する調査によると、予想通りのマクロトレンドが見られる一方、ローカル独自の要求が様々で、ネットショッピングのニーズがが国によって違うことが分かっている。
そこで、これにフォーカスすることがグローバル戦略のカギとなるといわれている。ファッションブランドをはじめとするEC事業者がオンライン市場で成功するために欠かせない3つのポイントをまとめてみた。

 

1.基本をマスターすること

まず、各国共通の海外ネットショッピングの壁とは、配送料(64%)、到着時の関税などの諸費用(48%)、納期が長い(39%)が最大の難関である。
さらに、現地と同じ感覚で買い物できることは、かなり消費者にとって魅力的であるが、このローカリゼーションが消費者と販売業者にとっては下図のような難点がある。

図01

さらに、返品も簡単にできなければ便利だといえない。特にアメリカからドイツや、インド、イギリスへの販売は業者にとって、距離の問題が最大のネックである。
この場合、解決法として、業者は現地の会社とパートナーとなれば、決済方法や送料、そして信用状や関税などの諸問題はクリアである。 
これらの基本的をマスターすれば、ネットショッピングでの取引を円滑に、現地のニーズに合わせたサービスを提供することができる。

 

2.モバイルショッピング

消費者は便利さを求めているーつまり、モバイルショッピングの需要はたかい。現在、越境ECサイトの全消費者の24%が携帯を利用、特に18歳から34歳の年代においては33%利用しているという結果で、中国やインドでは3分の1以上がモバイルサイトを好んでいる。
携帯で買い物をしたい消費者に対してファッションブランドや業者が提供できているサイトとのギャップが生じていることは明らかで、業者が消費者の要求に応じたモバイルでのサービスを提供できることが必須である。
越境ECサイトは国内市場のみならず、携帯サイトも現地に対応したものが必要である、例えば、中国でGoogole Analyticsは通用しない、これらの事を周知している業者は、ローカルのニーズに応じた魅力的なサイトを立ち上げ成功しているのだ。

 

3.いつでもどこでも

越境ECサイトを利用する消費者は、購入するだけの目的のサイト訪問はたった44%で半分にも満たない。消費者の大半は(62%)は、サーチエンジンを使って商品を見つける傾向にあり、特に日本とイギリスでは70%がサーチエンジン検索をするという結果が出ている。
さらに、66%の消費者はマーケットプレイスでの買い物を好む。特にロシアでは78%、中国76%という結果である。そして、インド(38%)ブラジル(21%)などの国では、最近、ソーシャルが新規顧客開拓のプラットフォームとなる傾向が見受けられる。
ファッションブランドや業者は、それぞれウェブ上でのグローバルパートナシップを展開できる可能性を追求し、グローバル戦略を企画、提携に必要なソフトなどの開発投資などを考慮した上、利益ができような仕組みを作ることが重要である。
そして、ローカルのニーズに応える事は重要であるが、最大の難点は、複雑な越境ECサイトマネジメントであろう。
国内マーケットでも同じく、インターネット技術と消費者の需要の変化に常に対応できることも欠かせない。ファッションブランドや業者は、ローカルのニーズに応えられ、最新のテクノロジーを利用できる。越境ECサイトの専門業者とパートナを組めば、これらの複雑な問題を全て解決できるのである。

 

まとめ

越境ECマーケットのチャンスは限りなく、これらのビジネスチャンスは、まず、消費者を理解すること、基本をマスターすること、さらに、自社ブランドを飛躍的に成長させたい場合, ローカルマーケットの特徴を理解し、消費者とどこでもつながれるモバイルサイトを構築し、上記の越境ECサイトマネジメントの専門業者とパートナーになることが今後の成功のカギとなるだろう。

 

参考サイト:http://apparel.edgl.com/news/Three-Tips-for-Successfully-Localizing-Your-Global-ECommerce103272


関連する記事

越境EC ロシアのEコマース 先日15日・16日、ロシアのプーチン大統領と安倍首相が山口県長門市と東京都内の2カ所において日露首脳会談が行われた。期待した北方4島の話題はなく、平和条約への姿勢や経済協力についての話題が主な内容だったようだ。日本外交としては得るものがなく、2国間の間にはかなり隔たりがあることを痛感した内容だっ...
イギリスのトップEコマース500社 Internet Retailing社は最新のイギリスのトップEコマース500社を発表、イギリスでは、AO, Argos, Holland & Barrett, Topshop やNext などが最大手となる。 この毎年実施されるランキングは今年で3回目で、特にクロスボーダーや様々な...
越境ECの落とし穴 人口減少社会に突入した今、新たな見込み消費者の開拓に企業・個人が「越境EC」という日本の商品を海外に販売するネットビジネスが今賑わっています。 よく目につくニュースといえば、海外向けの配送に関する利便性などのニュースリリースや、海外モールへの出店に関する業者のサービスリリースや企業間の提携など...
日本ブランドメーカーの海外ネット販売入門 – B2BからB2Cへの商流転換せずに海外売上... 国内ネット通販と海外ネット通販のデファクト 国内ネット通販を今から新規で立ち上げるとなると、日本中のどのITコンサルに相談しても「楽天・ヤフーショッピング・Amazon・自社サイトの複数店舗で展開する」ことを薦めるのが一般的だ。規模の大小に関わらず自社サイトと併用してモールへの出店はコストが安い...
中国向けECトピック、なぜ現地価格より越境ECの方が安いのか?... お隣の国、中国の電子商取引の成長率だが米国を抜き現在は世界1位になっている。 市場としての魅力はもちろんだが、各国間の政治的関係悪化などで、大手企業を除いては、未だネットベースでのビジネスはほとんど進展がないもの事実だろう。 しかし、この数年で明らかになってきたことがある。それは現地進出し...
越境オンライン爆買いとは? 東南アジア・ASEAN地域の今後5年間の成長期待 http://www.globaltimes.cn/content/1005948.shtml アリババグループが今年買収したASEAN地域における最強プラットフォーム Lazada グループの株式を購入したことが話題になったが、今日はAS...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。