ロードマップ更新 OpenID , 商品CSVアップロード

本日、ロードマップを更新いたしました。
以下の開発タスク2点をタスクリストに追加しました。

#371 商品データのCSVアップロード
これはCSV(カンマ区切りのデータ形式)ファイルで商品データを一括アップロードできる機能です。コア開発に入れました。
Yahooストアや楽天を使っている方には既になじみの機能だと思います。CSVファイルに登録したデータ(カテゴリ、メーカー、商品)から商品カタログを自動生成します。

開発中のスクリーンショット

開発中のスクリーンショット

#372 OpenID Support
Live CommerceをOpenIDに対応したECサイトにします。コア開発に入れました。既にZend Framework側でもOpenIDに関するコードが用意されており、0ベースでのスクラッチ開発で統合するよりはフレームワークのおかげでスムーズに設置がいけそうです。

先週よりお気づきの方もいるかもしれませんが、ソリューションのページを公開いたしました。Live Commerceの機能について詳しく知ることができます。

関連する記事

ECサイトに求める機能 ポイントシステム アンケートお願いします!... 読み込み中... 結果だけを見る 関連するリンク 開発アンケート調査
Ver0.3 リリース予告 ハイライト 1月22日の0.2リリースから約2ヶ月間で約150のバグを修正したVer0.3 のリリースが近づいてきましたので、今回リリースするバージョン0.3の内容についてお知らせします。 リリースは4月1日 を予定しています。 コミュニティーへの感謝 まずはコミュニティーへ参加中のメンバー様によっ...
ドロップシッピング – 昭和の問屋から平成のオンライン問屋へ 問屋機能を潰さないための事... ドロップシッピングというと、在庫を持たないでネットビジネスをやっている、、実際に在庫を抱えている小売店舗からすればドロップシッピングなるものはビジネスではない! と小売店の頑固おやじ社長から若者向けに罵声が飛んできそうな感じるがするが、一方でドロップシッピングという仕組みをオンラインで構築し...
管理デモサイト 公開 本日管理画面側のデモサイトを公開しました。 ECサイトの構築および運営している多くの方々から、良くも悪くもコメントをいただけると、開発チームの励みになります。 デモサイトのアドレスは http://www.live-commerce.net/admin/ です。このアドレスは公式サイ...
アップデートプラグインを更新しました... 本日アップデートプラグインの更新を行いました。 アップデート前にファイルのバックアップ、データベースのバックアップする処理が追加されています。 ダウンロード...
管理画面のTOPページ 前回のポストで、管理画面に必要な機能とは? という記事を書きましたが、いろいろな意見とプラグインとの連携を今後考慮して、モジュール形式で管理画面をカスタマイズできるように設計しました。 一言でいうならiGoogleの機能を管理画面に持ってきたようなものです。 iGoogleのように個別のモジュー...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック1件

  1. mo より:

    OpenIDを受け付けるだけじゃなくlivecommerceからOpenIDを発行出来ると最高です。

コメントをどうぞ