ダウンロード販売サイト等で年会費を払えば無制限にダウンロードを可能にする会員制のサイトの作り方

海外の素材系サイトには、年会費○○○○円を払うとそのサイトで提供しているすべての素材へのダウンロード権を付与してくれるサービスが結構あります。同様に、年会費の代わりに、ダウンロードクレジットなるものを年会費の代わりにしてダウンロードクレジットを商品として、クレジット数に応じてN回ダウンロードできるようなサイトもあります。

海外で当社が利用している素材系のサイトにはDreamstimeという素材サイトがあります。これはクレジット数を購入するパターンです。ダウンロードする素材に応じてクレジットが減算され、クレジットが0になったらまたダウンロードクレジットを購入するという仕組みです。

現在のECサイト構築市場の中でもダウンロード販売を専門で行っている業者はわずかだと思います。
そして、ダウンロード販売の中でも1つ1つのダウンロード販売なら対応していても、1つの商品を購入すれば(要はメンバーになれば)全部の商品へのダウンロード権を付与するような仕組みをもったダウンロード販売システムはカスタマイズなどを除けば、パッケージとしての提供は当社の知る限りではなかったと思います。

実は、Live Commerceで顧客グループ機能を応用することで、会員制のサイトが構築できるようになります。イメージとしては下の図をご覧ください。

ダウンロード販売サイトでありながら、1つ1つをダウンロード販売させるのではなく、会員になり、特定の商品を購入することですべてのダウンロードデータにアクセスすることができるようにするビジネスロジックをLive Commerceでできないか? というお問合せが以前にありまして実際に当社でできましたので、その設定方法をドキュメントに起こしました。

会員制サイト ダウンロード販売や動画閲覧サイト編をご覧ください。

関連する記事

Live Commerceの検証を行っている方へ 現在、Live Commerceのテスト環境や検証用として開発環境を年間5,000円で提供しています。 この開発環境は、さくらインターネットVPS(仮想専用サーバー)、さくらのVPS 8G プランで設計・運用されているサーバーになります。年間5,000円ですので自前で同プランをレンタルするよりも安い...
デモサイトアップデート 本日、デモサイトをアップデートしました。次回リリース予定の下記3つの機能を実装しています。まずはテストドライブということで皆様より意見など頂ければと思います。 SEO URL デモ 商品ページやカテゴリページのURLに商品名やカテゴリ名が入るようにしました。これはいつでもON/OF...
Live Commerceを活用したビジネス戦略について... Live Commerceも2009年12月の初版リリースから約1年が経ちました。 本日は、Live Commerceの今後の展開を含め、オープンソースとASPで提供されるLive Commerceの違いについてビジネス上の戦略をお伝えします。 これからECサイト構築市場で本気でビジネスを考...
会員限定サイトの作り方 一昔前なら、カスタマイズで依頼するとウン百万取られていた 「ゲストでは価格は非表示、会員登録後に管理者が承認した場合のみ価格を表示させる 」 という会員限定サイトを作りたい場合の設定方法を紹介します。Live Commerceなら標準機能として利用できます。 Live Commerec で行う会員限...
デザイナーとプログラマーの作業範囲を指定できるようにする... あるサイトに訪問した時、そのサイトの会社(ブランド)のイメージカラーは訪問者にとってサイトのイメージ伝えるためにとても重要です。しかし、従来のEコマースオープンソースではプログラム部分とデザインが分離されていなかったため、完全にデザインをコントロールすることは困難だったと思います。オープンソースで運...
Live Commerceの開発者プログラムを利用する5つのメリット... 『Live Commerce開発者プログラム』は先日ブログでアナウンスを行いましたが、内容に関してもう一度詳しくご紹介します。 もし、あなたが今Live Commerceで顧客にECサイト構築の提案を今後しようと考えているなら、Live Commerce開発者プログラムへぜひ参加ください。...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ