« ブログのトップページに戻る

‘海外向けマーケティング’ カテゴリーのアーカイブ

冷凍や冷蔵が必要な商品を海外に配送するには?

2015年1月14日 水曜日

日本郵便が提供しているEMSにはクールEMSという商品があります。
これは保冷が必要な日本の食料品を台湾・香港・シンガポール・マレーシア・ベトナムへお届けしたい場合に有効なEMSのオプション的な配送サービスです。冷蔵タイプなら0~10度、冷凍タイプならマイナス15度以下の温度帯で引き受けから現地までの配送をしてくれます。引き受け可能な郵便局は限定されていますので、利用する場合は事前に確認しておきましょう。

主に生鮮食品が中心になってくると思いますが、今回はクールEMSをLive Commerce で海外販売をする為に適用する方法をドキュメントとしてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

EMS国際スピード郵便 クールEMS設定方法

 

海外で売れるものを教えてください

2015年1月4日 日曜日

展示会やセミナーで私が最も多く受ける質問の1つに

海外で売れるものを教えてください。

という質問をよく頂きます。

ぶっちゃけ、この質問ってどんな音楽なら売れますか?とか、どんな髪型が今年流行しますか?とか、どんなテレビ番組が流行りますか?と同じ類いの質問だと思っている。
どの業界でもビジネスプロデューサーなら絶対に知りたいし、でもこんな質問ってドラえもんがいないと分からない訳です。

実際、伝統工芸品なども海外で売れていますし、基本的には日本の商品なら禁制品でなければ何でも売れるというのが私の持論です。極論、eBayで売れているものなら全部売れると思っていいでしょう。
では、あえてなんでこうした質問を私に投げかけるのでしょうか。 (さらに…)

 

Live Commerce が変わります!

2014年12月12日 金曜日

来春になりますが、Live Commerce のプラットフォーム自体が世界展開し、これからありえない、、ことが起こります。
すいません。まだ全部は明かせませんが、設計と未来図はもう当社で出来上がっています。来春まで待ちきれません。

システムをアップグレードするとか、そんなレベルの話ではありません。日本の未来図を当社は描いています。

今までは楽天、ヤフーストア、自社サイト、、、と真似事をして何とか国内ECで食べてきた中小企業も多いと思います。が、今日ではどうでしょう!?

ほぼメインプレイヤーは決まってきていますよね。
なので今さらEコマース事業そのもので今後も拡大できるかといえば、ますます難しい時代に入っています。

しかし、まだまだ課題・不明点など多いものの越境EC単体で起業や新たな収益源を開拓する中小企業は今年急増しています。

まだ、細かい部分までは明かせませんが、最新情報を手に入れておきましょう。
こちらからメルマガ購読できます。
http://www.live-commerce.com/hosting/world_launch.html

 

海外向けネットショップ “まるごと” セミナー&大相談会 2014

2014年11月24日 月曜日

海外向けネットショップ “まるごと” セミナー&大相談会 2014

と題した350名定員の大規模セミナーをやります。場所は市ヶ谷、費用は無料です。残席も少なくなっているそうなのでこちらからお申込みください。パンフレットのリンク

簡単に言うと、経産省の予算で越境ECをもっと加速させるために各関係業者一同が1つの会場に集まり、1つの会場内で越境ECのイロハをいろいろと情報取集できるといったところでしょうか。

で、今回Live Commerceとして私も登壇するのですが、このセミナー終了後に特別ボーナスを用意しています。それはこのブログを読んだ方なら理解していると思いますが、越境ECの周辺ビジネスが世の中的にいろいろと出始めていますが、このビジネスは現在長期的なスパンで見た場合、越境ECを立ち上げられて、越境ECを新たなビジネスとして中小企業に提案できる人材、つまり越境ECの専門家が少なすぎる、、、という課題があります。今、越境ECはどの企業でもやりたい新たな事業です。 (さらに…)

 

越境ECの専門家を募集 〜国境を超えて本物を買う 越境ECのポテンシャルとは〜

2014年11月18日 火曜日

ここに2つの商品があります。
MacBook Air のケースがあります。

あなたはどっちの商品を欲しいと思いますか?
もしくは、どっちの商品を売りたいと思いますか?

(さらに…)