« ブログのトップページに戻る

‘知識’ カテゴリーのアーカイブ

2024年のEコマース

2014年4月16日 水曜日

今年の1月に提携を開始したペイジェントが提供する多通貨決済サービス、その最初の納品顧客先の1件目のUSドル決済が昨日何事もなかったかのように平時に処理されました。

私は顧客から「無事処理されたよ。」この一言に内心ほっとした反面、これから中小企業に多通貨決済革命が起こると創造するだけで、体が熱くなり震えがとまりません。

この1件目の多通貨決済が意味する事、それはどこにでもある国内法人が何事もなかったかの様に海外にモノやサービスを売り、翌月には外貨売上が日本円で入ってくるという、いたって国内サービスを運営しているのと何ら変わりないビジネススキームで海外展開が行われている事実です。これを「へー」と感じるか、「ゾッとする」と感じるかはそれぞれですが、ちょっと人口で比較をしてみましょう。国内人口が約1.2億人、海外は英語圏だけでも10億人です。今私が行っているのは後者である海外マーケッットでビジネスすることができるインフラがあり、しかもそれが昨日の決済で実現してしまった中小企業がもうあるという事実をどう捉えるかですよね。

私はこの最初の1件目の決済で「ネットビジネスが国内から海外への転換期に入った」と改めて強く感じ、これから続々と多通貨決済を利用して海外展開をする中小企業が増えると思うだけで興奮が抑えられません。

10年前なら英語でホームページを持ち、ドル建て決済を契約し、、などできない事はありませんでしたが、実現には海外法人を作る、外貨口座を作る、英語のホームページを業者に数百万で作ってもらう、等々相当の費用がかかった事だと思われます。

それが今や月500円で英語のネットショップが持て、国内法人のまま外貨決済が行え、地元の郵便局と連携して海外配送をEMSで行える、送料はネットショップ側で自動計算される、、、

ここで私が言いたいのは、時代は完全に海外に売る事も商圏の範囲に入ったという事です。海外販売は大企業が行うビジネスではなく、どこにでもある普通の中小企業が小予算で海外事業という第2の収益の柱を作れるという時代になったのだと。

今、私の周りには多通貨決済サービス、中国向け決済サービス、クラウド翻訳、eBay,Amazon輸出と海外展開を支援する企業との情報交換が毎日絶え間なく続いています。こうした海外で戦えるインフラが整ってくと、今から10年後の2024年には全く創造もしていなかったEコマースのビジネスが日本から普通に発信されるのでしょうか。

PS、
私も今年はLive Commerceで最低でも5つの海外販売サイトを立ち上げます。
 

 

Eコマースサイトを成功させる!7つのコツ

2014年4月3日 木曜日

ネットショッピングは今や、パソコンを使う世代にとっては、当たり前の行動になっています。さらに、スマホをはじめとするモバイルによるネットショッピングも年々増加し、「Mコマース」という言葉も誕生したほどです。

あらゆる商品がネットで売れる時代、どの企業にとっても事業拡大、売上拡大にEコマースサイトは欠かせません。そこで今回は、Eコマースサイトを運営するにあたり、重要な7つのコツをご紹介します。 (さらに…)

 

よい指導者(上司)になるには – 最新の神経科学の研究より

2014年3月11日 火曜日

このブログを読んでいる読者には、部下をもつ管理職や企業経営者の方が多いと思いますが、あなたには部下がいますか?
もし、あなたに部下がいて、もっとよい指導者になりたのなら、今日はお手を休めて読んでみましょう。 (さらに…)

 

海外販売の盛り上がり、Amazon, eBay 輸出の先にあるものは?

2014年3月5日 水曜日

海外販売の盛り上がり、Amazon, eBay 輸出の先にあるものは?

Amazon.com のマーケットプレイスで、時計を1000万/月 売上げた場合、Amazonへの手数料の支払いは大雑把ですが、1000万 x 15% = 150 万です。この金額はUSドルベースなので、多くの方は日本の銀行口座へペイオニアから資金移動をされる事と思います。その場合は、さらに2.5%の為替手数料と移動手数料の$3.15が発生するので、 

Amazon輸出で1000万を売上た場合に手元資金として残るのは

売上 ($100,000)  – 経費($100,000 x 17.5 % + $3.15)  = 約820万 です。これが手元に残る資金でここから実際には仕入れを代金を支払う事になります。

 

1000万の売上に対する経費をリスクも含めて約200万と仮定すると、200万のコストをかけてAmazonで1000万売るか、Google Adwordsで200万かけて1000万の売上を出す方がいいのか、微妙になってきます。
これはどちらがよいという論考ではありません。売上がまだ100万前後なら圧倒的にAmazon や eBayで売上を作った方がベターですが、1000万ぐらいになるとマーケットプレイスのメリットに疑問を感じるでしょう。(手数料だけでウン百万、、、) (さらに…)

 

日本の食材を海外発送できるよ(シンガポールとか台湾に)

2014年2月20日 木曜日

恥ずかしながら、EMSがクール便に対応していたのですね。
私の馬鹿さ加減を暴露してしまうことになるのですが、毎日情報収集の範囲をちょくちょく制限しているので、意外と肝心なニュースを忘れてしまっておりました。

昨年の2013年4月から食材も保冷したままアジア圏なら海外発送できる様になっていますね。
食材の海外配送が対応したみたいです。これ、香港とか台湾在住の日本人はもとより、日本の超高品質なメロンとかりんごとか食べられるってことですね。富裕層向けのビジネスにつながりますね。

EMSプレスリリースより
クールEMS は、引受から配達まで72 時間~80 時間程度、一定温度(2~10℃)に冷蔵できる専用の保冷容器・保冷剤を活用して香港、シンガポール、台湾宛てに小口保冷配送するサービスです。2013 年4 月1 日から試行しています。

 

リチウムイオン電池も昨年から対応してますから、海外販売できる商材のジャンルとしては、食材系、カメラ、携帯、などが可能になった形です。

食材は、まだ台湾・シンガポール・香港の3ヵ国だけですが、これでも充分ビジネスとしては日本の高級食材を買うリッチ層向けのネット通販などができると思われます。
Live Commerceとしては、3ヵ国の送料計算については既存のEMS配送プラグインのコピーと国制限をすれば対応できますので、クールEMSをご利用の際は、事前にお問い合わせください。

海外販売のジャンルが今までの伝統工芸品・サブカルチャーから、家電系・食材に広がった事で、海外向けネット通販事業はより現実味のあるオンラインビジネスとして成長していくでしょう。

PS
これから海外販売をしたい方向けに、海外向けインターネットマーケティグ辞典を期間限定で無料公開中です。