定期購入(サブスクリプション)販売管理システム

定期購入システム


Live Commerce 定期購入(サブスクリプション)販売管理システムなら毎月同額決済による新たなビジネスモデルを立ち上げられます。
毎月の決済処理から受注データ作成まで全自動で行える
あらゆる消耗品や既存資産を定期購入してもらうことで、サブスクリプションビジネスにご利用できる最新のシステム

旧システムを見直してみませんか?

定期購入システム

Live Commerce 定期購入(サブスクリプション)システムを
導入する理由

使いづらい定期購入システムとはさようなら、これからは自動化定期購入でビジネスを拡大

従来の定期購入システムでは、毎月のクレジットカード決済のために管理者が毎月バッチ処理を手動で行う必要がありました。
定期購入商品の内容が変わった時はクレジットカード決済の金額も変更しなければならないため、変更処理が手動の場合はミスも発生しがちです。

Live Commerce の定期購入システムならそのようなオペレーションは一切不要です。
顧客はいつでも定期購入の支払い方法を変更したり、お届けサイクルを変更することができます。その時に同時にクレジットカード決済金額も変更されるため、オペレーションはとても簡単です。

請求処理を完全自動制御

クレジットカード決済の処理は手間いらず、請求処理のすべてを自動化

定期購入の請求処理を完全自動制御

定期購入の経理的事務処理はstripe.comのカード決済処理で全自動化されています。
顧客は一度クレジットカード決済を行うと、クレジットカード情報が登録され次回以降の定期購入の決済はすべて自動で行われます。
CSVファイルで決済情報のマスタファイルを毎月作成し、管理者が毎回手作業で決済処理を登録するような手間は必要ありません。

ランディングページでは獲得できない
縦長LPは卒業、優れたUIが勝つ

買いやすいUIにって簡単に申し込みできる

ステップメールで定期購入へフォローする仕組み

消費者はランディングページのような長いランディングページを読ませてリマーケティング広告によってユーザーを追いかけるような古い広告はもううんざりしています。

Amazonのような買いやすいシンプルなページに、通常購入と定期購入が瞬時に切り替えできるわかりやすさがポイントです。Live Commerceの定期購入(サブスクリプション)システムは商材に応じて定期購入周りのデザインを自由にカスタマイズできるようになっています。

定期購入システム
定期購入ボタン周りは自由にHTMLタグでカスタマイズできる

特徴

通販事業を拡大する為の必須システム完全自動化

定期購入システムは、毎月決まったサイクルでクレジットカード決済の処理を行わなければなりません。現在、大半のECサイトでは定期購入された受注データをダウンロードし、手動でクレジットカード決済処理を行っているケースがほとんどです。一方、Live Commerce定期購入システムでは2回目以降の定期購入時の受注生成からカード決済のトランザクション生成までを完全自動化しています。定期購入の受注が増えても受注管理するオペレーションコストは変わりません。

多言語対応、世界中から定期購入注文を受注OK電話注文・FAX注文に対応

Live Commerce定期購入システムはカタログ通販によるFAX注文やテレビ通販経由での電話注文に完全に対応しています。オペレータは顧客からの要望に基づき、顧客情報を管理画面から簡単に登録し、顧客の要望する商品内容で素早く定期購入注文を作成します。その場でクレジットカード決済処理までをオペレータが完結させることができます。オペレータが日本人・外国人にも対応していれば、越境EC通販サイトでも海外から定期購入の注文を受けることができるようになっています。

通販事業を拡大する為の必須システム簡単・シンプル

Live Commerce定期購入システム経由で発生した2回目以降の定期購入の受注データは、通常の注文管理画面と全く同じインターフェースで生成されます。そのため、受注管理オペレータが定期購入システムを導入するために新たにITシステムの学習を一切必要としません。受注管理オペレータは通常の注文と同じく受注を処理することができます。また、定期購入の対象品は商品管理画面にて[定期購入]のタブに「チェックを入れるだけ」で簡単登録できます。定期購入を現在のECサイトをカスタマイズすることなく、素早く導入することができるようになっています。

多言語対応、世界中から定期購入注文を受注OK越境ECサイトに対応

Live Commerce が提供する定期購入システムでは、多言語に対応しています。英語、日本語、簡体字、繁体字の4言語で定期購入のサービスをお客様へ提供可能です。また、円、ドル、元、ユーロ等、あらゆる通貨で定期購読の決済を行うことができますので、越境ECサイトのまま定期購入のサービスの横展開が可能です。

通販事業を拡大する為の必須システムお試し価格

定期購入する前にはお試し品としてお試し価格があるのが常識です。
お試し商品からスムーズに定期購入につながるビジネスストーリーを設計することができます。詳細

多言語対応、世界中から定期購入注文を受注OK複数購入・定期購入の割引

購入数に応じて割引率を設定することができます。通常価格と定期購入価格を設定することで、ユーザーに定期購入を促進します。例えば、以下のような3段階の価格を設定すれば、ユーザーは購入の段階で通常購入か定期購入かを検討できます。

通販事業を拡大する為の必須システムユーザー自身で決済方法・購読内容の変更等
オペレーションコストの圧縮に

通常購入したユーザーが、購読中の商品をキャンセルしたり、支払い方法を変更したり、または商品の構成を変更際に、毎回オペレーターが対応していてはビジネスを拡大させることができません。

本システムではユーザーがマイページからクレジットカード番号を変更したり、決済方法の変更、サブスクリプション契約の解除(詳細は設定により可能)など、オペレーションの管理を提言する機能があります。

価格

定期購入システムはオプションとなります。
管理画面よりオプションをお申込みいただく形になります。

定期購入オプション 費用(税別)
初期設定費用 30,000円
月額費用 15,000円

仕様

管理機能

機能 概要
お試し価格機能 初回購入価格は980円、2回目以降は6000円、、といったように定期購入してもらうようにするために商品単位でお試し価格を設定することができます。
複数購入割引機能 指定した個数に応じて割引率の設定が可能です。
多言語対応 英語・日本語・簡体字・繁体字に加えLive Commerceがオプションで提供している各言語に対応しています。
多通貨対応 日本円の他、USドル、台湾ドルなど最大130の通貨に対応しています。(決済可能通貨はStripe.comの決済できる通貨に準じます)
決済方法 クレジットカード決済(stripe.com)、代金引換
配送方法 Live Commerce が提供している全ての配送方法に対応
注文メール 定期購入時の注文メールを通常の注文メールとは別にカスタマイズすることができます。
電話・FAX注文 ユーザーからの注文に対してオペレータは定期購入の注文を管理画面から作成することができます。
定期購入の削除・編集 ユーザーからのお問い合わせに対してオペレータは定期購入の内容(配送方法・決済方法・注文商品)を編集または既に登録済みの定期購入を削除することができます。
クレジットカード決済 オペレータはユーザーのクレジットカード情報を編集することができます。
(Stripe.comはクレジットカード非保持 - 2018年5月施行義務化されるカード情報の非保持化またはPCI DSS準拠のどちらにも対応していま)

利用シーン

Live Commerce 定期購入システムは以下のビジネスシーンにおいて利用が可能です。

お申し込み

初めてのお客様

お申し込み手順

  1. 30日間無料体験版をお申し込み
    本番と同機能がご利用いただけます。
  2. 正式にLive Commerceの申し込み
  3. 管理画面から追加オプションのお申し込み


利用中のお客様

お申し込み手順

管理画面にログイン後、
サイト設定 > 追加オプション申し込み よりオンラインにてお申し込みが可能です。

定期購入システム・セミナービデオの視聴

ご入力いただきましたメールアドレス宛にセミナービデオをお送りいたします。
体験版の申し込みについてもメールにてご案内をさせていただきます。