会員登録率が上がる、ソーシャルログイン機能リリース

ソーシャルログイン

 

新規ユーザーにとって、独自型のECサイトで毎回IDとパスワードの会員登録は面倒です。 そこでサイト独自のID,パスワードとは別に、facebookやGoogleなどのアカウント でログインできる機能が普及しだしました。2010年頃から米国のECサイトを中心に広まり 、現在は国内外問わず有名なサイトでは、ほとんどがソーシャルログインができるようになっ てきました。

ソーシャルログイン機能があると、新規の会員登録率が上がると言う結果が既にあります。 逆にソーシャルログイン機能がないと、会員登録率が下がっている結果も出ています。
つまり、 ソーシャルネットワークの普及が進めば、今後対応しているサイトと未対応のサイトでは、パフォーマンスに大きな開きがでることは間違いありません。

「Live Commerce ソーシャルログイン」機能では、ご利用中のLive Commerceのカスタマイズの有無にかかわらずプラグイン形式の為、実装が容易でございます。

今回リリース分では、Google、Facebook、Yahoo(米)の3つのソーシャルログインに対応しています。
今後、その他のソーシャルメディアへの対応も順次進めております。

詳細はこちら

関連する記事

住所を知らない相手にギフトが贈れる「ソーシャルギフトサービス」が面白い!... FacebookやTwitterなどソーシャルメディアを利用して、住所を知らない友人でも、ギフトが贈れるソーシャルギフトサービスが増えています。ソーシャルメディアの利用者が増えるにつれて、誕生日や結婚、出産、引越といった情報が入手しやすくなり、従来よりもギフトを贈るきっかけが増えていることが背景にあ...
Live Commerce 法人海外戦略コンサルティングチームの紹介... Live Commerceが提供するコンサルティングサービスを始めました。 当社は今までは100%オンラインを基本としてLive CommerceというITツールの提供を行ってきました。 おかげさまで2009年より着々と利用者数が増え、現在ではオンラインだけの影響だったにもかかわらず多くの...
海外ECでもFacebookログインを使用すべき3つの理由... ユーザーにとっては簡単にウェブサービスやECサイトに登録できるFacebookログイン機能。運営側にとっても、数多くの情報が手に入るというメリットがあるのですが、ECサイトではまだまだ実装が進んでいません。(米Facebookマーケティング会社・Betapondの調べではアメリカのECのわずか6%の...
決済でもユーザーから支持されるサイトを Live Commerce公式ペイメント... 本日、Live Commerceの公式決済サービスを標準搭載したLive Commerce Ver1.3 をリリースいたしました。今すぐLive Commerceペイメント搭載済みの最新版をダウンロードできます。既にLive Commerceをご利用中の方は、ASPをご利用の方は下記導入の手続きをご...
Live Commerce Ver1.6リリース Live Commerce Ver1.6は前回の2月15日から約4ヶ月でのリリースとなりました。 今回のリリースは、ソーシャルログイン機能、週報メールレポート機能が新たな機能として実装されました。 今回実装したソーシャルログイン機能は、2010年ごろから米国のECサイトを中心に広まったログインと会...
Live Commerce で作る海外向けネットショップ 作成講座... 突然ですが、あなたがもし、4週間という期間で海外向けネットショップを作らないと いけない立場にあるとしたら、何をしますか? eBay、Amazon輸出で長年海外販売の面白さを実感している人にとって 次の投資は、優れた自社サイトを持つことになると思います。 私も実際にeBayで海外販...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ