アフィリエイトとインフルエンサーの違いとは?

アフィリエイトとインフルエンサーは色んな点で違いがあります。マーケティング手法や報酬の種類・金額で違いが見られます。

端的に言えば、自由度が高くて紹介手数料を頂くアフィリエイトと、高額な依頼料を貰い、広告主が指定する商品を宣伝するインフルエンサーという感じでしょうか。

今回は、アフィリエイトとインフルエンサーの違いやそれぞれの特徴についてご紹介したいと思います。

インフルエンサーとは?

インフルエンサーとは影響や効果を表す「Influence」を語源とします。影響力の大きい人が行動をアピールすることで、周囲に何かしらの行動を促します。

以前は芸能人や有名人など、テレビや新聞・ラジオなどで顔出しする人を指していました。今はブログやSNS・Youtubeの普及で一般人からも現れています。

CMで芸能人を使うのも、彼らの知名度や影響力を利用した宣伝を打てるからです。影響力=買ってくれる人の数という図式があります。

SNSで多くのフォロワーを持っていたり、チャンネル登録や再生回数が多い動画を持つユーチューバーもインフルエンサーになります。

ブログやサイトならPV数やファンが多い人達が該当します。彼らが宣伝したものは広く伝番され、消費や行動を促す影響力を持っている。

インフルエンサーが分類されるカテゴリは以下の4つになります。

  • タレントなどの著名人: フォロワー数100万人以上;影響力が強く、拡散力も高い
  • トップインフルエンサー: フォロワー数10万人以上;影響力が強く、拡散力も高い
  • マイクロインフルエンサー: フォロワー数1~10万人;特定ジャンルでの影響力が強い
  • ナノインフルエンサー :フォロワー数1,000~1万人;特定ジャンルでの影響力が強い

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、インターネット広告手法のひとつで「成果報酬型広告」とも呼ばれます。

アフィリエイトには、

  • ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ):広告主とアフィリエイターを繋ぐ企業
  • アフィリエイター:アフィリエイト広告を掲載するブログやウェブサイトの運営者
  • 広告主:商品・サービスを拡販することを目的に、アフィリエイト広告の出稿をする企業
  • ユーザー:サイトを訪れ、商品・サービスの購入を行う消費者

の4つが関わっています。

アフィリエイターが成果を獲得するまでの流れとしては、

  1. ホームページやブログに特定の商品・サービスの広告を掲載する
  2. ユーザーがその広告から商品・サービスの購入をすることで、広告主の利益が生まれる
  3. アフィリエイターに成功報酬が送られる

という形でした。

アフィリエイターは、自身のホームページやブログなどにユーザーを集める必要があります。なので、コンテンツを増やすことや、ユーザーを集める工夫をすることが大切になってきますね。

広告主には、広告の運用をすることが求められます。つまり、適材適所で「費用対効果を最適化する」ことが必要となってきます。掲載先やターゲットとなるユーザーをしっかりと見極め、PDCAを回していくことで最適化を図ります。

アフィリエイトとインフルエンサーの最大の違いとは?

アフィリエイトとインフルエンサーの最大の違いは、商品を自分で選ぶか否かという点にあります。

アフィリエイトは自分が宣伝する商品やサービスを選び出し、それに関する記事やページを作って広告を貼り付けるシステムです。

会社で言えば営業マンに相当します。開発や製造が作って来た商品を店頭に並べたり、客先に売りに行って購入して貰う形です。

営業は、自分が売ると決めた商品やサービスを選択することから始めます。選択肢は会社や外部から与えられたものですが、選択自体は自分でするのがアフィリエイトです。

自分の名前や知名度で売るのでは無く、自分がこれと決めたポイントをアピールすることや、客となるユーザーからの疑問や質問に答えることが重要になります。

 

次回、インフルエンサーとアフェリエイトの2つを組み合わせた新しい手法である「インフルエンサーアフィリエイト」について紹介したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ご高覧ありがとうございました。

タグ:

コメントをどうぞ