« ブログのトップページに戻る

‘cache’ タグのついている投稿

パフォーマンス最適化

2009年9月16日 水曜日

本日、開発当初より課題となっていたホームページの表示速度に関して取り組みました。
以前会社のホームページでも実践したことがある内容だったので、前回の経験も生かしつつ、フレームワークの課題でもある「内部に多くのロジックを溜め込むことによる表示遅延」を実用レベルまで高速化できるかどうかが課題です。
今回は共用レンタルサーバでの利用を想定した範囲内にとどめるチューニングをやりました。
今回行った記録は、今後も最適化を行うことを考慮してWikiに残しておきました。(まだ書きかけだけど、地道に書き足してきます

Step1
まずは、キャッシュもなにもしないまったく最適化をしていない状態。

表示は1.837秒。表示速度はやはり遅く感じ取れる

表示は1.837秒。表示速度はやはり遅い

Step2
ヘッダーにexpiresの設定と、Gzip圧縮をセット

表示1.657秒。まだ遅い。

表示1.657秒。まだ遅く感じられる。

Step3
Step2 の内容にZend Cacheをセット
この結果は期待以上ですね。これならECサイトとしては十分でしょう。前回の記事で書いたCache機能が出来上がったcacheですが、いい仕事してます。

2回目のアクセス時で0.246秒。 これで実用レベルOKでしょう。

2回目のアクセス時で0.246秒。 これで実用レベルOKでしょう。

ヘッダーをGzip圧縮した結果はPort80 というサイトで無料で分析などができる。
step4

最終的なフロントエンドのソースコード周りはGoogleがFireFoxのFirebugアドオンで提供しているツールを使って、さらに改良中…。だが、ソースコードレベルだと一定以上の最適化を行うと、ブロードバンド回線とハイスペックマシンだとほとんど効果は期待できない。
step5