管理画面の使い方

Live Commerce管理画面の基本操作を行ってみましょう。
 

管理画面にログインする

Live Commerceをお申し込みいただくと、設定完了後に「Live Commerce納品メール」をお送りします。
メールには、管理画面のURLと、ユーザー名/パスワードが記載されています。
管理画面にログインするには、お使いのブラウザで管理画面のURL(サイトのURL/admin)にアクセスします。

管理画面-1

ログイン画面

  1. ユーザー名 – 納品メールに記載されているユーザー名を入力します。
  2. パスワード – 納品メールに記載されているパスワードを入力します。
  3. 言語 – 管理画面メニューの表示言語を選択します。
  4. パスワードを記憶する – チェックすると、次回からログイン時にパスワードが入力された状態になります。(パスワードは伏字で表示されます)
  5. LOGIN – クリックすると、ログインします。
  6. パスワード再発行 – パスワードを忘れた場合は、このリンクをクリックします。パスワード再発行メールが届きます。
    triangle管理画面から日本語が削除されていると、パスワードの再発行メールが送信されません。ご注意ください。

 

サイトを表示する

管理画面に対し、ユーザーが閲覧するサイトページを、Live Commerceではオンラインカタログと呼びます。
管理画面で商品を追加したり、デザインを編集したら、オンラインカタログに変更が反映されたかどうか確認します。

  1. 管理画面の上部右側のメニューにある’オンラインカタログ’をクリックします。
    管理画面-12

  2. オンラインカタログが表示されます。
    管理画面-13

 

ユーザーを管理する

管理画面にログインできるユーザーの設定は、スタッフ管理で行います。

パスワードを変更する

Live Commerce納品メールに記載されている管理者ユーザーのパスワードは、以下の手順で変更できます。

  1. 管理画面トップページのメニューでサイト設定 > サイト設定 をクリックします。
    管理画面-2

  2. スタッフ管理 をクリックします。
    管理画面-3

  3. スタッフ一覧画面で該当のスタッフのEditボタンをクリックします。
    管理画面-4

  4. パスワード欄に、新しいパスワードを入力します。(現在のパスワードはセキュリティー保護のため表示されません)
    同様にユーザー名も変更できます。
    管理画面-5

新規ユーザーを登録する

管理画面にログインできるユーザーの新規登録は、スタッフ管理で行います。

 

プラグインを利用する

プラグインは、Live Commerceの機能を拡張するための追加プログラムです。
利用したいプラグインを有効化し、必要事項を設定すると、Live Commerceのサイトで機能を利用できるようになります。

プラグインには、以下の4種類があります。

また、有効化すればすぐに使えるプラグインと、事前に弊社や他社に申し込みが必要なプラグインがあります。

プラグインを有効化する

プラグインを有効化する方法は、以下のとおりです。
例として、銀行振込プラグインを有効化します。

  1. 管理画面にログインし、トップページ上部のメニューからサイト設定 > 機能管理 をクリックします。
    管理画面-6

  2. 決済プラグイン をクリックします。
    管理画面-7

  3. 銀行振込プラグインの右側にある[有効化]ボタンをクリックします。
    管理画面-8

  4. 有効化されたため、[有効化]ボタンが[無効化]ボタンに変わります。
    [設定]ボタンをクリックするか、サイト設定 > [決済]銀行振込 メニューから、設定画面を開きます。
    管理画面-9

  5. 設定を行ったら、[変更を保存する]ボタンをクリックします。

銀行振込がサイト上で利用可能になったことを確認してみます。

  1. 管理画面右上のメニューで、オンラインカタログをクリックします。
    管理画面-10

  2. 商品をカートに入れて、[レジへ進む]ボタンをクリックします。

  3. 「会員登録しないで購入する」を選択するか、ログインします。

  4. 配送・支払い方法選択画面で、銀行振込が選択可能になっていることを確認します。
    管理画面-11

triangleプラグインを有効化し、各種設定を行った後でプラグインを無効化すると、プラグインは初期化されます。設定内容は保存されません。

Was this article helpful?