DHL(国際配送)

DHL(国際配送)で海外へ配送する場合に利用します。日本国内ならびにロシアへは配送できません。
ご利用にはDHLのアカウント契約が必要です。
お問い合わせください。

DHLの送料計算の自動化が行えます。
APIと連携しているため、各商品ごとの重量(商品重量に配送パッケージで指定した梱包資材重量を加えたもの)の合計と送付先の国を元に、送料を自動計算し、税金計算や保険料計算、インボイス、配送ラベルのダウンロードも全て対応しています。
DHL(国際配送)を利用する場合は、必ず商品重量を登録してください。

DHL(国際配送)を利用する場合は、インボイス、配送ラベルが自動で出力できるようにするため、必ず商品登録の設定では英語(英数半角のみ)を登録してください。そこに日本語が入ってしまうと、インボイスや配送ラベルが出力されない場合がございます。

DHL(国際配送)の送料は、日本円基準で算出されます。
DHL(国際配送)を利用する場合は、通貨管理日本円を削除しないでください。

 

利用方法

基本設定

サイト設定 > 機能管理 > 配送プラグイン > DHL を有効化します。
[無効化]ボタン横にある[設定]ボタンをクリックするか、サイト設定 > DHL メニューから設定画面を開きます。

※無効化した場合には、それ以前にDHLを利用した注文データのインボイスや配送ラベルは削除され、出力できなくなりますので、ご注意ください。

DHL(国際配送)設定画面

    1. 文言設定 – オンラインカタログに表示するプラグインの説明文を指定します。
    2. 適用地域 – この配送方法を利用できる地域を指定します。日本から海外への配送のため、配送先に日本を選ぶことはできません。適用地域のリストは、国名管理に登録した国名が表示されます。
    3. 送料無料設定 -一定金額以上の購入を条件に送料を無料にする場合は、金額を指定します。金額はサイトの基準通貨で登録します。(例:サイトの基準通貨がUSドルの場合、USドルの金額を指定します。円に換算する必要はありません)
    4. 並び順 – 複数の配送プラグインを有効化している場合、並び順の数字が若い順に表示されます。
    5. 保険代金DHLの保険料金を送料に加算する場合はチェックします。また、免税プラグイン利用時の免税額は考慮されません。
    6. アカウント番号* – DHLから提供されるアカウント番号を入力します。
    7. 会社名 – 送信元の会社名を入力してください。(最大文字数は半角英数60文字です)
    8. 住所 – 送信元の住所(番地)を入力します。(最大文字数は半角英数45文字です)
    9. 市町村 – 送信元の住所(番地)を入力します。(最大文字数は半角英数35文字です)
    10. 都道府県 – 送信元の住所の都道府県名を入力します。(最大文字数は半角英数35文字です)
    11. 配送者番号 – DHLから提供されるアカウント番号を入力します。
    12. 郵便番号* – 送信元の郵便番号を入力します。(最大文字数は半角英数12文字です)
    13. 国名* – 送信元の国名を入力します。
    14. メールアドレス – 送信元のメールアドレスを入力します。(最大文字数は半角英数50文字です)
    15. 電話番号 – 送信元の電話番号を入力します。(最大文字数は半角英数25文字です)
    16. 担当者名 – 送信元の会社の担当者(部署名)を入力します。(最大文字数は半角英数35文字です)
    17. 出荷処理日数 – 注文が入ってから、集荷までに要する日数を入力します。例.即日の場合には0、翌日集荷は1
    18. 追加料金 – 重量計算だけでなく、固定で送料を加算したい場合に入力します。この際、適用される通貨は基準通貨となります。
    19. Enable/Disable Services – DHLの配送体系のなかで、使用するものを選択します。詳細については、こちらを参照してください。
    20. Category Weight Setting – LiveCommerceでは、商品重量に応じて送料計算がされていますが、DHL配送では、軽くても箱の形状によって送料が高くなる場合があります。そういった商材に対応するため、カテゴリー重量を設定し、その重量と各商品に設定された重量を比較し、重いほうを適用するようにします。
      ※一般的な商材・商品ごとに設定された送料を用いるの場合には、設定の必要はございません。
[変更を保存]ボタンをクリックして設定内容を保存します。

文言設定

  1. 配送名称 – この配送方法の名称を指定します。配送方法として表示されるときに、出力されます。
  2. 配送ラベル – 最終確認画面の送料欄のラベルを入力します。メール、管理画面、注文履歴の送料欄で使用します。
  3. 配送説明文 – 配送方法選択画面で、配送名称の下に表示される説明文を入力します。
  4. 注文最終確認画面表示文 – 最終確認画面で、配送名称の下に表示される説明文を入力します。
  5. 注文メール転記文 – 注文時に自動送信されるメールの配送方法に記載される説明文を入力します。
    {estimated_delivery}:配送予定日が取得できます。
    {tracking_number}:追跡番号が取得できます。

■ 配送方法選択画面

■ 最終確認画面

DHLの集荷依頼、ラベル・インボイスの出力については、こちらをご覧ください。

Related Articles