ペイジェント決済(リンクタイプ)

海外に現地法人を設立することなく、日本国内法人とペイジェントの契約のみで、外貨建てのクレジットカード決済が導入できます。
海外のユーザーが円決済した場合、自国通貨での正確な支払額はクレジットカードの請求が行われるまで分かりません。
外貨決済を導入すると、海外のユーザーが自国通貨での支払額を把握した上で注文することができます。

売上金は、ペイジェント経由の円建てで一括入金されます。

triangleペイジェント決済(トークン、リンク共通)をご利用いただく場合には、
セキュリティ上ユーザーのブラウザが下記に対応していることが必要となります。
・JavaScriptが有効になっている
・TLS1.2が有効になっている
・XMLHttpRequest または XDomainRequestに対応している

Live Commerceでの対応通貨は以下の21通貨です。
アメリカドル/韓国ウォン/ニュー台湾ドル/香港ドル/シンガポールドル/人民元/イギリスポンド/ユーロ/オーストラリアドル/カナダドル/ブラジルレアル/スイスフラン/ロシアルーブル/デンマーククローネ/ノルウェークローネ/スウェーデンクローナ/インドルピー/フィリピンペソ/タイバーツ/ベトナムドン/マレーシアリンギット

外貨決済の対応ブランドは VISA, MasterCardです。

日本円のみの契約も可能です。
円決済の対応ブランドはVISA, MasterCard, JCB, AMEX, DINERS の5つです。

利用方法

ステップ1: ペイジェントと契約

ペイジェント決済を利用するには、株式会社ペイジェントとの契約が必要です。
ご利用のサービス内容により料金が異なりますので、まず見積りを依頼してからのご契約となります。
お申し込みからご利用開始まで、1ヶ月程度かかります。

ステップ2: 接続キットをダウンロード

まず試験環境を申し込んだ場合は「試験環境接続キット.zip」、本番環境を申し込んだ場合は「本番環境接続キット.zip」がペイジェントより提供されます。
ペイジェントの加盟店管理サイトにログインし、システム設定のタブを開いて、該当の接続キットファイルをダウンロードします。
ペイジェント管理画面を閲覧する端末にインストールしてください。

ステップ3: 管理画面を設定

ペイジェントとの契約で定められた利用開始日を目安に、管理画面の設定を行います。
サイト設定 > 機能管理 > 決済プラグイン > ペイジェント決済(リンクタイプ) を有効化します。
[無効化]ボタン横にある[設定]ボタンをクリックするか、サイト設定 > ペイジェント決済(リンクタイプ) メニューから設定画面を開きます。

基本設定

必須設定タブで、必要事項を設定します。

必須設定画面

  1. 文言設定 – クリックすると、文言設定タブを開きます。
  2. 適用地域 – この決済プラグインを有効にする地域を指定します。日本国内向けの場合は、「全ての地域」ではなく「Japan」を選びます。 適用地域のリストは、税率管理に登録した国名が表示されます。
  3. [注文する]ボタンを押した時の注文ステータス – Live Commerceの注文完了画面で[注文する]ボタンがクリックされると、ここで指定した注文ステータスの注文データが作られます。この時点ではまだ決済は行われていません。
    注文ステータスの名称例: ペイジェント離脱
    決済完了前に離脱したか、決済エラーで注文が完了しなかった場合、このステータスの注文データがLive Commerce管理画面に残ります。
  4. 決済完了時の注文ステータス – [注文する]ボタンをクリックすると開くペイジェントのリンク画面でユーザーが必要な情報を入力し、決済が正常に完了すると、注文データの注文ステータスがここで指定したものに変更されます。
    注文ステータスの名称例: 処理中
    ペイジェント管理画面には、決済IDがセットされたデータが残ります。
  5. 並び順 – 複数の決済プラグインを有効化している場合、並び順の数字が若い順に表示されます。
  6. システム稼働 – ペイジェントのテスト環境・本番環境いずれかを選択します。
  7. マーチャントID – ペイジェントから提供されるマーチャントID を入力します。
  8. リンクタイプハッシュ生成キー – ペイジェントから提供されるハッシュ生成キーを入力します。
  9. セキュリティーコード – 利用するを選択します。(必須項目です)
  10. 3Dセキュア利用(多通貨) – ペイジェント申込時の内容どおりに選択します。
  11. 3Dセキュア利用(円) – ペイジェント申込時の内容どおりに選択します。
  12. 支払い区分(円) – ペイジェント申込時の内容どおりに選択します。
  13. カード情報お預りモード – ペイジェント申込時の内容どおりに選択します。
  14. 同時売上フラグ – ペイジェントの売上処理の方法を選択します。
    オーソリのみ:売上処理はされず、別途ペイジェントの管理画面での売上処理が必要です。
    オーソリ+売上:売上処理が同時に実行されます。※決済処理のため、念のためペイジェント管理画面をご確認ください。
[変更を保存]ボタンをクリックして設定内容を保存します。

文言設定

文言設定タブをクリックして、決済に関するテキストを言語別に指定できます。

文言設定画面

  1. 決済名称 – この決済方法の名称を指定します。
  2. 決済説明文 – 支払い方法選択画面で、決済名称の下に表示される説明文を入力します。
  3. 注文メール転記文 – 注文時に自動送信されるメールの決済方法に記載される説明文を入力します。
  4. 支払い中断文 – この文章は決済を中断した際に、遷移したページに表示されます。

 

オンラインカタログの決済方法選択画面

[変更を保存]ボタンをクリックして設定内容を保存します。

通貨の設定

ペイジェント決済で利用する通貨を、通貨管理で登録します。
オンラインカタログで、通貨切替ボックスに表示されることを確認します。(通貨切替ボックスの表示位置は、ご利用のテーマにより異なります)
ヘ?イシ?ェント-11

決済処理の手順

ペイジェント決済の注文が入ってから決済処理を行うまでのフローは以下のとおりです。

  1. ユーザーがペイジェント決済を選んで注文します。

  2. ペイジェントの画面へ遷移後に、実際のカード情報の入力をします。
    ※LiveCommerce側ではカード情報は保持されません。

  3. ユーザーに、注文時自動送信メールが届きます。サイト管理者にも控えメールが届きます。
  4. 注文管理 > 注文管理に注文データが入ります。
    ヘ?イシ?ェント-10

  5. ペイジェントの管理画面(ペイジェントオンライン)でライブコマースの注文IDのデータ(ペイジェントは仕様上、ハイフン(-)はアンダーバー(_)に置換されます)を探し、決済確定などの処理を行います。
    ※ユーザー様の環境によっては決済が正しく行われない場合もございます。
    必ずライブコマース注文管理画面とペイジェント管理画面のデータの照合をお願いいたします。どちらかにデータが存在しない場合などは速やかに弊社までご連絡ください。

    なお、Live Commerceとペイジェントオンラインに作成された注文データは連動しません。必須設定の14でオーソリ+売上を選択された場合、売上処理は実行されますが、注文データの金額を修正した場合は、ペイジェントオンラインのデータの金額も手動で修正する必要があります。

Related Articles