EMS配送

EMS配送で海外へ配送する場合に利用します。日本国内へは配送できません。

料金表があらかじめ組み込まれており、総重量(商品重量に配送パッケージで指定した梱包資材重量を加えたもの)と送付先の国を元に、送料を自動計算します。EMS配送を利用する場合は、必ず商品重量を登録してください。

EMSの送料は、日本円基準で算出されます。
EMS配送を利用する場合は、通貨管理日本円を削除しないでください。

 

利用方法

サイト設定 > 機能管理 > 配送プラグイン > EMS配送プラグイン を有効化します。
[無効化]ボタン横にある[設定]ボタンをクリックするか、サイト設定 > EMS配送 メニューから設定画面を開きます。

EMS-1

EMS配送設定画面

  1. 文言設定 – オンラインカタログに表示するプラグインの説明文を指定します。
  2. 適用地域 – この配送方法を利用できる地域を指定します。日本から海外への配送のため、配送先に日本を選ぶことはできません。適用地域のリストは、税率管理に登録した国名が表示されます。
  3. 送料無料設定 -一定金額以上の購入を条件に送料を無料にする場合は、金額を指定します。金額はサイトの基準通貨で登録します。(例:サイトの基準通貨がUSドルの場合、USドルの金額を指定します。円に換算する必要はありません)
  4. 並び順 – 複数の配送プラグインを有効化している場合、並び順の数字が若い順に表示されます。
  5. EMS InsuranceEMSの保険料金を送料に加算する場合はチェックします。EMS保険は小計額に対して追加されます。また、免税プラグイン利用時の免税額は考慮されません。
  6. 商品毎に設定された商品送料を優先する – チェックすると、EMS送料ではなく商品登録時に指定した商品送料が適用されます。商品送料が指定されていない商品は、EMSの配送料金が適用されます。
  7. 配送可能な最大重量超過時 – EMSの配送可能最大重量(30kg)を超えた場合に、注文を許可するかどうかを指定します。
[保存する]ボタンをクリックして設定内容を保存します。

tab文言設定

文言設定タブをクリックして、配送に関するテキストを言語別に指定できます。

EMS-2

言語設定画面

  1. 配送名称 – この配送方法の名称を指定します。’EMSラベル印刷機能’を使う場合には、各言語において’EMS’の文字を使用してください。
  2. 配送ラベル – 最終確認画面の送料欄のラベルを入力します。
  3. 保険代金ラベル – 最終確認画面の保険料金欄のラベルを入力します。
  4. 配送説明文 – 配送方法選択画面で、配送名称の下に表示される説明文を入力します。
  5. 注文最終確認画面表示文 – 最終確認画面で、配送名称の下に表示される説明文を入力します。
  6. 注文メール転記文 – 注文時に自動送信されるメールの配送方法に記載される説明文を入力します。
  7. 警告文 – 配送可能最大重量(30kg)を超えた場合に表示する警告文を指定します。

triangle配送できないエリアについて
EMSで配送できない国は、配送先として指定できません。しかし、インドのように一部地域のみ配送できない場合、配送できない地域を配送先に指定して注文が可能です。配送できる地域かどうかを郵便局のサイトで確認してから、受注処理を進めてください。

クールEMSの利用

冷凍/冷蔵が必要な商品を国際配送する場合は、クールEMSを使います。クールEMSの料金表を元に、以下の手順でクールEMS送料を商品価格に上乗せします。

  1. 商品管理 > 商品管理 で、クールEMSを適用させたい商品の編集画面を開きます。
  2. 基本情報タブを開き、商品送料を0、商品重量を0に指定します。
  3. オプションタブを開き、下記の通りオプションを設定します。オプション価格にクールEMSの料金表に基づく金額を入力します。EMS-3
  4. オンラインカタログを開くと、下記のように送付先オプションが表示されます。EMSの通常の送料とは別に、クールEMSを指定した商品のみオプションが表示されるようになります。
    (送料は日本円で登録しています。オンラインカタログでは、通貨管理で指定したレートで変換しドル価格で表示しています。)EMS-4

 

国際配送対応メッセージ

EMS配送プラグインを有効化すると、ヘッダー部分に国際配送対応のメッセージが表示されます。
国旗は、サイト訪問者のIPアドレスから国を判定して表示します。

EMS-5

このメッセージはheader.php の下記タグで出力しています。メッセージを表示したくない場合は、下記をコメントアウトまたは削除してください。

Related Articles