定期購入

顧客へ定期的に商品を送る場合の注文処理を自動化できる機能です。
一度注文情報を登録すると、指定された間隔で自動で注文データが作成されます。

Stripeの事前設定

定期購入で利用できるクレジットカード決済はStripe、代金引換の2種類です。Stripeを利用するには、Stripeアカウントを取得し、以下の設定を行います。Stripeのアカウント登録は初期費用・月額費用不要でご利用いただけます。

注意: 既にクレジットカード決済をペイジェントの決済プラグインで導入済みの場合、Stripe決済と競合してしまいます。その場合は、Stripeを定期購入の支払いのみ表示させるように設定が可能です。Stripe のプラグインを有効後に、Stripeの設定で Stripe for Regular Transaction を [No]に指定して保存します。


  1. Stripe管理画面にログインします。
  2. APIをクリックします。
  3. APIを発行します。
    pk_live で始まる公開キーと sk_live_ で始まるシークレットキーの2つを取得します。
    テストを行いたい場合は、テストモードで同様に公開キーとシークレットキーの2つを取得します。
  4. Live Commerce の管理画面にログインし、
    サイト設定 > 機能管理 > 決済プラグイン > Stripe を有効化します。有効化したら[設定]のアイコンをクリックします。
  5. 公開キーとシークレットキーを以下の箇所に入力し、[変更を保存]ボタンを押して保存します。

    Stripeのステータス : 試験テストを行う場合は、[テスト環境]をチェックし、StripeのAPIはテスト用を入力します。
    売上確定フラグ : 注文時に即時売上とする場合は [即時売上]、配送時に売上とする場合は [与信]を選択します。

管理メニュープラグイン事前設定

定期購入を利用する場合は、事前に管理メニュープラグインを有効化しておく必要があります。
管理メニューを有効にすると、顧客IDでログインして様々な操作を行うことができるようになります。

  1. サイト設定 > 機能管理 > 共通プラグイン > 管理者メニュー表示 を有効化します。
  2. 設定は特にありません。有効化すると、カタログ画面の上部に管理メニューが表示されます。
    管理者が管理画面にログインしている間のみこのメニューは表示されます。

代金引換事前設定

定期購入で利用できる決済方法の1つが代金引換です。
代引きを利用しない場合は、以下の設定は不要となります。

  1. サイト設定 > 機能管理 > 決済プラグイン > 代金引換 を有効化します。
  2. [edit]アイコンをクリックして代引き手数料などの詳細設定を行います。

 

利用方法

サイト設定 > 機能管理 > 共通プラグイン > 定期購入プラグイン を有効化します。
[無効化]ボタン横にある[設定]ボタンをクリックするか、注文管理 > 定期購入 メニューから設定画面を開きます。

定期購入-5

  1. 新規作成 – 定期購入の新規作成の項目を参照してください。
  2. メール定型文 – メール定型文一覧を開きます。
  3. 初期設定 – 初期設定画面を開きます。
  4. 検索 – 顧客名、商品名で検索します。
  5. 月例パッチ(ダウンロード) – 定期購入マスタに登録されたデータ一覧をCSV形式でダウンロードします。
  6. 一括操作メニュー – 選択したデータを一括で削除します。
  7. チェックボックス – 一覧データの一番上にあるチェックボックスをクリックすると、表示されている定期購入データを全て選択します(別ページのデータは選択されません)。または該当データのチェックボックスをクリックし、一括操作のメニューを選択して実行します。
  8. 顧客名 – 名前をクリックすると、編集画面を開きます。
  9. Edit – 編集画面を開きます。
  10. Delete – データを削除します。

初期設定

定期購入プラグインを有効化したら、[無効化]ボタン横にある[設定]ボタンをクリックするか、注文管理 > 定期購入 メニューから設定画面を開き、[初期設定]ボタンをクリックします。

tab全般設定

  1. 稼働ステータス – テストを指定すると、管理画面にログインしている場合にのみ「定期購入」ボタンを表示します。本番を指定すると、管理画面へのログインの有無に関わらず「定期購入」ボタンを表示します。
  2. 割引率 – 商品点数に応じた割引率を指定します。
  3. 定期購入サイクルの編集 – ユーザーが定期便の注文サイクルを編集できるようにする機能の有効・無効を指定します。
  4. Stripeメールアドレス – Stripeアカウントのメールアドレスを指定します。カード決済に何らかのエラーが生じた場合このメールアドレスにメールが届きます。
  5. システム稼働 – 本番環境、またはテスト環境のいずれかを指定します。
  6. 配送可能日時指定 – この設定値は2つの意味を持ちます。1つ目はカレンダーからお届け日を選択するときに、本日を起点に何日後から選択可能にできるようにするかの指定日としての設定です。
    例えば、本日が2月10日で「3」と指定した場合、ユーザーが選択可能な初回配送日は2月13日から可能になります。これは、最短でお届け可能な初回注文のお届け可能日を指定します。2つ目の設定値としての意味は次回お届け日から起算して何日前に注文を作成するかということです。次回のお届け日が3月16日の場合、「3」と指定した場合、3日前の3月13日に注文が自動生成されます。ユーザーと管理者には3月13日分の注文としてメール通知されます。
    この設定値は一度設定を行った後は編集できませんので注意が必要です。定期購入データが既に存在していない場合は変更可能です。
  7. 代金引換 – 代金引換払いを許可する場合はチェックします。代金引換プラグインを有効化し、設定画面で代引手数料や文言を指定してください。
  8. 配送無料設定 – チェックすると、定期購入の送料が無料になります。チェックしないと、利用する配送プラグインで計算した送料が加算されます。
  9. 画像アップロード – 商品詳細ページに表示される[定期購入]ボタンの画像ファイルを、各言語ごとにアップロードします。
  10. 件名 – 定期購入注文時の顧客への自動送信メールのタイトルを、各言語ごとに指定します。%s の部分に、Live Commerceの注文IDがセットされます。
  11. 本文 – 定期購入注文時の顧客への自動送信メールの本文を、各言語ごとに指定します。
    triangle定期購入の場合は、通常の購入時の自動配信メール(言語翻訳のコード名ORDER_EMAILで指定)は送信されません。

tab表示設定

表示設定タブでは、定期購入プラグイン利用時の画面表示のソースコードを編集できます。編集するとファイルが上書きされ、元に戻せませんのでご注意ください。

 

商品設定

定期購入の対象となる商品に対し、以下の手順で設定を行います。

  1. 商品管理 > 商品管理 をクリックします。
  2. 定期購入の対象とする商品を選択して編集画面を開きます。
  3. 定期購入のタブを選択し、’有効にする’にチェックを入れます。
  4. お試し価格を指定したい場合は、お試し価格をセットします。初回購入のみお試し価格になります。

定期購入の注文メール設定

初回注文時のメール

定期購入時に送信されるメールは次の箇所で設定します。
定期購入注文時に送信されるメールは、通常の注文時に送信されるメールと同じになります。編集方法はこちらを参照してください。

2回目以降のメール

バッチ処理によって定期購入お届け日前に送信される注文確定メールについては以下の手順で

  1. 管理画面にログインします。
  2. 注文管理 > 定期購入 > メール定型文 をクリックします。
  3. メールテンプレート定期購入商品 {product_name} お届けのご案内 を編集します。
    件名や本文は自由に変更が可能です。
    送信形式にはテキスト、HTMLが選択できます。HTMLメールを作成する場合は、HTMLメールについてを参照してください。

定期購入キャンセル時のメール

  1. 管理画面にログインします。
  2. 注文管理 > 定期購入 > メール定型文 をクリックします。
  3. メールテンプレート定期購入をキャンセルを承りました を編集します。

 

定期購入システムをテーマに設置

定期購入を利用するには、ご利用のテーマに下記のコード追加が必要です。通常テーマにはあらかじめコードが記述してあり、追加の必要はありません。

定期購入ボタンの設置

定期購入のボタンやリンクが表示されない場合は、以下の箇所にコードがあるかをご確認ください。
注意:この設定は当社が納品時に行いますので、お客様自身で行って頂く必要はありません。

a) product.phpの定期購入ボタンを表示させたい箇所に挿入するコード

b) sidebarL.php の定期購入リンクを表示させたい箇所に挿入するコード

定期購入チェックアウト画面のウェブデザイン設定

定期購入するボタンをクリックした後に表示される各画面のウェブデザインは以下の手順で編集することができます。

  1. 管理画面にログインします。
  2. 注文管理 > 定期購入 > 初期設定 をクリックします。
  3. 表示設定 のタブをクリックします。
  4. 各画面ごとにソースが表示されますので、HTMLファイルを編集します。
    定期購入システムのウェブデザイン編集

①配送方法、支払い方法を選択する画面のHTMLソースです。この画面はプログラムソースも一部含まれるため、編集はウェブ制作担当者が行うようにしてください。
②定期購入の注文最終画面のHTMLソースです。
③注文完了画面のHTMLソースです。Google AdWordsやアフィリエイトなどのコンバージョンタグを設置する場合は、この画面のHTMLソース内に設置します。コンバージョンタグについてはこちらを参照してください。
④カウントダウン画面は現在利用されていません。
⑤注文履歴画面のHTMLソースです。ユーザーが購読している定期購入一覧が表示される画面です。この画面へのリンクは /plugin/view/_action/subscription?moduleFlag=orderList でアクセスすることができます。
⑥注文履歴の購読内容詳細画面のHTMLソースです。
⑦サイドバーのデザイン部分のHTMLソースです。
⑧定期購入が可能な商品一覧を出力する画面のHTMLソースです。この画面へのリンクは
/plugin/view/_action/subscription?moduleFlag=subscriptionList でアクセスすることができます。

定期購入ページの作成

ユーザ向けに定期購入の説明ページを作成することをお勧めします。
ページの作成はページ管理より行えます。

ユーザが定期購入を追加・変更・キャンセルする方法については、下記をご案内してください。

a) 追加注文する

  1. 定期購入商品のページを開きます。
    または、マイアカウント > 定期購入履歴 > 定期購入対象商品一覧 をクリックします。
  2. 定期購入商品をカートに入れ、申し込み手続きを行います。
    既存の定期購入商品と同じ日に届けてほしい場合は、お届け日の指定を既存の定期購入商品と同じ日付を必ず指定してください。
  3. 追加注文した定期購入商品は マイアカウント > 定期購入履歴 で確認できます。

b) 変更する

既存の定期購入に商品を追加できないため、まず既存の定期購入をキャンセルし、新たに定期購入の申し込み手続きを行っていただきます。

c) キャンセルする

代金引換・クレジットカード決済とも同じ処理となります。

  1. マイアカウント > 定期購入履歴 でキャンセルしたい注文の[注文内容の確認]をクリックします。
    定期購入-7

  2. [定期購入をキャンセルする]ボタンをクリックします。
    補) Live Commerce管理画面上の定期購入データも自動で削除されます。注文データは削除されません。

受注管理

定期購入された注文データは、 注文管理 > 定期購入 から閲覧可能です。
受注した注文を編集するには、顧客名をクリックします。

定期購入の注文の循環

  1. (お客様)カタログ画面から定期購入の対象となる商品をカートに入れます。
  2. (お客様)ログインし、Stripeまたは代金引換払いにて支払いを済ませます。
  3. (お客様)1回目のお届け日のN日前※に定期便のメールが自動送信されます。
  4. (システム)管理画面 > 注文管理 に定期購入の注文レコードが生成されます。

以後、指定したお届け日のN日前※に定期便のメールが送信されステップ4を繰り返します。

※N日前の設定は 定期購入 > 定期購入初期設定 > 配送可能日指定 で指定した日数です。

編集画面では、顧客が定期注文した時の内容がすべて表示されます。

 

応用編 – 一括購入

複数の商品を一括して定期購入のカートに入れることができます。
例えばセットで定期購入させたい商品がある場合、毎回商品ページに誘導して「定期購入」ボタンを押してもらうのではなく、ランディングページを作成し、複数の商品をまとめてカートに入れるボタンを設置します。

定期購入-11

まとめてカートに入れるボタンの表示例

ボタンのソースコードは、以下のように記述します。

上記のXXX_XXX_XXX の部分にはカートに入れたい商品IDを指定します。

ステップメール

定期購入システムの機能とステップメールの機能を同時にご利用すると、単品購入されたお客様を定期購入へお申し込みしてもらうようなメールを送信することができます。

 

電話注文・カタログ注文・FAX注文へのマニュアルオペレーション対応

新規・既存顧客からの受注

顧客から電話・FAX等で定期購入の注文を受ける場合、オペレータは以下の手順により定期購入を管理画面から登録して定期購入注文を処理することができます。

  1. 管理画面にログインします。
  2. 機能管理 > 共通プラグイン > 管理メニュー表示 を有効化します。
  3. 顧客管理 をクリックし、顧客一覧を表示します。
  4. 注文したい顧客を検索します。このとき、まだ顧客台帳に顧客が登録されていない場合は手動で顧客データを登録しておきます。
  5. 顧客名の右側にあるカートアイコンをクリックします。クリックすると顧客IDでオンラインカタログ画面に自動ログインします。
  6. 顧客が希望する商品をカートに入れて注文処理をオペレータが代行して行います。この作業は通常の注文手続きをオペレータが代行しているのと同じことです。

既存顧客からの商品構成の変更依頼

既に定期購入を利用中の顧客が商品構成の変更を想定した場合の、受注処理のやり方です。

1)方法1 既存の注文に対して変更を加える
お届けサイクルや支払い方法は変えず、同一商品の数量変更の場合は、こちらの方法が適しています。

  1. 管理画面にログインします。
  2. 受注管理 > 定期購入を クリックし、定期顧客一覧を表示させます。
  3. 商品構成を変更したい顧客を検索します。
  4. 商品構成を編集したい顧客名の右側にある[Edit] アイコンをクリックします。
  5. [追加と変更] をクリックし、ポップアップ画面上で追加したい商品を選択します。
    以上で完了です。ヒント: クレジットカード決済は次回以降、変更された金額で決済処理が行われます。

2)方法2 既存の注文を削除し新たに定期購入注文を作り直す
商品構成やお届けサイクルも変更する場合は、新たに作り直した方が便利です。

  1. 管理画面にログインします。
  2. 顧客管理 をクリックし、顧客一覧を表示します。
  3. 注文したい顧客を検索します。このとき、まだ顧客台帳に顧客が登録されていない場合は手動で顧客データを登録しておきます。
  4. 顧客名の右側にあるカートアイコンをクリックします。クリックすると顧客IDでオンラインカタログ画面に自動ログインします。
  5. マイアカウント > 定期購入履歴 から商品構成を変更したい定期便の [注文内容の確認]をクリックします。
  6. [定期購入をキャンセルする]ボタンをクリックし、定期購入のキャンセルを行います。
  7. 顧客が希望する新しい商品をカートに入れて定期購入の注文処理をオペレータが代行して行います。この作業は通常の注文手続きをオペレータが代行しているのと同じことです。

定期購入のキャンセル

  1. 管理画面にログインします。
  2. 顧客管理 をクリックし、顧客一覧を表示します。
  3. 定期購入のキャンセルしたい顧客を検索します。
  4. 顧客名の右側にあるカートアイコンをクリックします。クリックすると顧客IDでオンラインカタログ画面に自動ログインします。
  5. マイアカウント > 定期購入履歴 から定期購入のキャンセルをしたい定期便の [注文内容の確認]をクリックします。
  6. [定期購入をキャンセルする]ボタンをクリックし、定期購入のキャンセルを行います。

クレジットカード番号や支払い方法の変更

  1. 管理画面にログインします。
  2. 顧客管理 をクリックし、顧客一覧を表示します。
  3. 該当の顧客を検索します。
  4. 顧客名の右側にあるカートアイコンをクリックします。クリックすると顧客IDでオンラインカタログ画面に自動ログインします。
  5. マイアカウント > 定期購入履歴 から該当する定期便の [注文内容の確認]をクリックします。
  6. [Edit] リンクをクリックし、定期購入の編集を行います。
  7. 変更したい箇所をオペレータが代行して編集します。

    ①[次回のお届け日]を変更することができます。
    ②[お届けサイクル]を日数で指定することができます。
    ③[お届けサイクル]を月数で指定することができます。
    ④支払い方法をクレジットカードまたは、代金引換払いにて変更することができます。

クレジットカード処理について

Live Commerce定期購入システムではStripe によるクレジットカード決済を採用しています。Stripeでは、従来のなら価格の変更などで手間のかかっていた作業を一切行う必要がありません。定期購入内容の金額が変更されても簡単にクレジットカード決済の金額を修正できるようになっています。

価格を変更する必要がありません
Stripeによるクレジットカード決済処理は、トランザクション単位でcus_から始まる顧客IDが自動的にStripe上のサーバで自動生成されます。これはLive Commerceの仕様ではなく、Stripeの仕様です。

このStripe上で発番された顧客IDを利用してStripeでは管理者が手動で決済を行うことができるようになっています。

Live Commerce定期購入では商品構成を変更したり、送料や全体としての価格が変更になっても、クレジットカード決済の金額を毎回変更する必要はありません。Stripe上で管理されるStripe顧客IDとLive Commerce顧客IDが連動しており、次回の定期便のカード決済のタイミングでStripeで決済される価格を自動的に変更するようになります。本来であれば管理者が価格が変わるごとに毎回決済するマスタデータの更新が必要ですが、Live Commerce定期購入システムではその点が必要ありません。

クレジットカード情報は保持しません
顧客が入力するクレジットカード番号はStripeの安全なサーバに保管され、Live Commerceの管理サーバにはクレジットカード番号は一切保存されません。

定期的なバッチ処理は必要ありません
他社の定期購入システムでは、クレジットカード会社の管理するシステムに毎月の決済処理データの登録が必要不可欠ですが、Live Commerce定期購入では、毎月どの顧客がいくらの決済処理を行のかといったデータの登録は必要ありません。定期購入のサイクルに沿って、次回の定期購入が生成されるタイミングでクレジットカード決済も同時に行われるためです。

ペイジェントとの決済プラグインの競合について
Stripe決済プラグインを有効にした場合、既にペイジェントまたは他のクレジットカード決済プラグインがインストールされている場合、通常の支払い手続き時に2つのクレジットカード決済が選択できてしまうことになります。
これを回避方法は2通りあります。

既に他のカード決済プラグインが有効化されている場合は、Stripeと競合してしいます。
  1. Stripeは定期購入のクレジットカード専用とし、ペイジェントは通常購入のクレジットカード決済専用とする。
    このケースの場合は定期購入の初期設定にて [Stripeを定期購入専用の決済とする]にチェックを入れてください。
  2. ペイジェントを停止し、Stripeを定期購入と通常購入の両方に対応させる。
    このケースの場合は、ペイイジェントのプラグインを無効化するだけです。
    サイト設定 > 機能管理 > 決済プラグイン 一覧よりペイジェントのプラグインを無効化してください。

 

動作仕様

定期購入顧客

定期購入マスタには、現在購読中の顧客一覧が表示されます。
一覧には、顧客名・開始日・次回お届け日・金額が表示されます。次回お届け日は毎日自動的に更新されます。
ダウンロードより、購読中の顧客データをCSV形式でダウンロードすることができます。ダウンロードにはStripeの顧客IDと、Live Commerceの顧客IDが記録されており、Stripeの管理画面からどのCustomer IDを検索すると、Live Commerceのどの顧客なのかをトレースすることができます。

バッチ処理時間

Live Commerce 定期購入システムは毎日午前9時にデータベースが更新されます。注文のメールや次回お届け日もこの時間に自動的に更新されます。また、クレジットカード決済よりもこの時間に行われます。

クーポン・ポイント

定期購入システムではクーポンとポイントシステムは有効化されていたとしてもご利用いただけません。

システム管理

クレジットカード決済のエラー

定期購入マスタに登録された1つ1つのデータは、毎回バックエンドで決済処理が行われます。顧客のカード番号の有効期限が切れていたり、何らかの理由でカード決済が行われなかった場合、エラーメールが管理者宛に送信されます。

クレジットカードに関するエラーについては、ユーザーに新しいカードに変更していただくなどの手動のオペレーションが必要となります。

バッチ処理のエラー

定期購入マスタに登録された全てのデータのバッチ処理を毎日行いますが、システム上で予期せぬエラーが発生し他場合、エラーメールが管理者宛に送信されます。エラーが発生した場合は、エラーのデータはスキップされ、次の処理が行われます。

エラーメールは1回のバッチ処理に対して、1回のみ送信されます。

利用シーン

Live Commerce 定期購入システムは物販の定期購入の他に、次の用途でも利用が可能です。

  • 学習塾や習い事の毎月の月謝をクレジットカードで自動課金する。
  • 不動産事業を行なっている場合、毎月の家賃をクレジットカードで自動課金する。
  • ファンクラブの毎月の会費や年会費をクレジットカードで自動課金する。

その他にも、色々な月額費の会費徴収に本システムが利用できます。

ビジネスモデル別設定例

お試し商品 → ステップメール → 定期購入

お試し商品価格の設定があり、お試し商品利用後に定期購入を提案するビジネスモデルの設定例です。
化粧品や健康食品など一度お試ししてみないと定期購入への移行が難しい場合を想定しています。

  1. [お試し商品] を商品管理より新規登録します。価格はお試し価格(例980円)として登録します。商品型番に TRIAL-KIT と入力します。この名称は任意で構いません。お試し商品の送料を無料にする場合は、[商品送料]に 0/+ と入力します。
  2. サイト設定 > 基本設定 > 注文・支払い手続き > お試し商品等の購入制限 に TRIAL-KIT と入力します。入力後に[送信する]ボタンをクリックします。この設定を行うことで、お試し商品は1回しか購入することができなくなります。
  3. [定期購入商品] を商品管理より新規登録します。登録完了後、編集ボタンをクリックし、[定期購入]タブを選択し、[有効にする] にチェックを入れて[更新]ボタンをクリックします。
  4. ステップメールの設定で、対象商品にお試し商品の商品IDを入力します。この設定を行うことで、お試し商品を購入したお客様に、定期購入の商品を任意のタイミングでメールを自動的送ることができるようになります。
  5. 以上で設定は完了です。

お客様には最初にお試し商品のURLを告知します。
ステップメールを3回分登録することができるため、お試し商品購入者は定期購入の商品を購入するまでに最大で3回のメールを受信することになります。ステップメールにストーリー性をもたせることにより、ユーザーへのプッシュを促します。

お試し商品 → ステップメール → (まとめ買い) → 定期購入

お試し商品価格の設定があり、お試し商品利用後にまとめ買い、または定期購入を提案するビジネスモデルの設定例です。
化粧品や健康食品など一度お試し商品を提供してもらい、その後にまとめ買いの割引、もしくは定期購入への移行行う場合のビジネスモデルです。

  1. [お試し商品] を商品管理より新規登録します。価格はお試し価格(例980円)として登録します。商品型番に TRIAL-KIT と入力します。この名称は任意で構いません。お試し商品の送料を無料にする場合は、[商品送料]に 0/+ と入力します。
  2. [商品価格] の高度な価格設定にてまとめ買いの設定を行います。
  3. サイト設定 > 基本設定 > 注文・支払い手続き > お試し商品等の購入制限 に TRIAL-KIT と入力します。入力後に[送信する]ボタンをクリックします。この設定を行うことで、お試し商品は1回しか購入することができなくなります。
  4. [定期購入商品] を商品管理より新規登録します。登録完了後、編集ボタンをクリックし、[定期購入]タブを選択し、[有効にする] にチェックを入れて[更新]ボタンをクリックします。
  5. ステップメールの設定で、対象商品にお試し商品の商品IDを入力します。この設定を行うことで、お試し商品を購入したお客様に、定期購入の商品を任意のタイミングでメールを自動的送ることができるようになります。
  6. 以上で設定は完了です。

Was this article helpful?

Related Articles