Google reCAPTCHA

Google reCAPTHCA v3 は ユーザーがチェックをいれたり画像を選択する必要のないシステムで、
ユーザーとwebページのやり取りに基づきスコアを返します。(0~1.0)
検証の際はそのスコアをもとにロボットによる操作か、人間による操作かを判定します。(1.0に近いほど人間による操作である可能性が高い)
本サービスを利用するには、GoogleアカウントとGoogleが発行するサイト毎のサイトキーおよびシークレットキーが必要になります。

ご契約サイトのお問い合わせフォーム(/contact)より迷惑メール送信が行われる際に利用します。
ご利用には、サイトキーとシークレットキーが必要です。

 

キー取得方法

サイトキーとシークレットキーの取得には、こちらにアクセスしていただきます。
1_reCAPTCHA

ページの右上の「+」ボタンをクリックしていただきます。

新しいサイトを登録する ページで、下記の内容で登録していただきます。

  1. ラベル – ご利用サイトドメイン名を入力
  2. reCAPTCHAタイプ – reCAPTCHA v3 を選択
  3. ドメイン – ご利用サイトドメイン名を入力
  4. オーナー – ご利用メールアドレスを入力(Googleアカウントでログイン中の場合、自動入力されます)
  5. reCAPTCHA 利用条件に同意する – チェックを付けていただきます。
  6. アラートをオーナーに送信する – アラートメールを受信機能の場合はチェックを付ける

入力完了後、【送信】ボタンをクリック。

  1. ラベル – 先ほど登録したラベル名が表示されます
  2. サイトキー – サイトキーが表示されます。
  3. シークレットキー – シークレットキーが表示されます。

発行されたサイトキーシークレットキーは、Google reCAPTCHAプラグインにて使用します。

 

テーマファイルの修正について

(a) コンタクトフォームのエラーメッセージの修正
reCAPTCHA によブロックされた場合は対応したエラーメッセージを表示します。
テーマファイル/contact.php の以下の行を変更します。( 34行目付近 )
(iPhoneテーマについても赤字部分を変更してください。)

エラーメッセージは 管理画面 > コンテンツ管理 > 言語翻訳 より TEXT_RECAPTCHA_REJECT_ERROR の内容を
編集することで任意のメッセージに変更することができます。
TEXT_RECAPTCHA_REJECT_ERROR の初期値:送信できませんでした。管理者にご連絡ください。
※ ) テーマファイルを変更しなかった場合、TEXT_INQUIRY_ERROR に登録されているメッセージが表示されます。
TEXT_INQUIRY_ERROR :入力に不備があるため送信されませんでした。

(b) コンソールエラーの対処 (iPhoneテーマご利用のお客様のみ)
iPhone_theme/contact.php iphonescript.js の読み込みを削除します。(42行目付近)
<script type=”text/javascript” src=”<?php echo $this->theme; ?>js/iphonescript.js”></script>

 

LiveCommerceの管理画面

サイト設定>機能管理>共通プラグイン>「Google reCAPTCHA」の【有効化】ボタンをクリック(有効化済みの場合は、【無効化】と表示)

「Google reCAPTCHA」の【設定】ボタンをクリック。

  1. サイトキー – 発行されたサイトキーを入力
  2. シークレットキー – 発行されたシークレットキーを入力
  3. セキュリティレベル – セキュリティレベルを設定します。通常は【中】で問題ございません。
  4. 問い合わせフォームの保護 – 問い合わせフォームを保護するユーザを選択します。

設定が終わりましたら、【更新】ボタンをクリックしていただき、設定は完了となります。

Related Articles