メールマガジンプラス

メールマガジンプラスプラグインを利用すると、月間500通まで無料でメールマガジンを送信することができます。500通を超える場合は、配信数追加オプションを購入して追加することができます。

利用方法

サイト設定 > 機能管理 > 共通プラグイン > メールマガジンプラス を有効化します。
[無効化]ボタン横にある[設定]ボタンをクリックするか、コンテンツ管理 > メールマガジンプラス メニューから設定画面を開きます。

メルマガ-1

一覧画面

  1. オプション – クリックすると、オプションタブが開きます。
  2. 新規メールマガジン作成 – メールマガジン作成画面を開きます。
  3. チェックボックス – クリックすると、表示されているメールマガジンを全て選択します。または該当データのチェックボックスをクリックし、一括操作タブのメニューを選択して実行します。
  4. タイトル – メールのタイトルをクリックすると、編集画面を開きます。データを編集すると、新しいメールマガジンとして登録されます。
  5. 送信数 – 送信済みのメールマガジン件数を表示します。
  6. 開封率 – メールマガジンの開封率を表示します。
  7. 編集/再送 – 編集画面を開きます。データを編集すると、新しいメールマガジンとして登録されます。
  8. 削除 – メールマガジンを削除します。

オプションをクリックすると、以下のタブを表示します。

tab検索

メルマガ-4

登録しているメールマガジンの検索が行えます。
メールマガジンのタイトルもしくは本文(text形式)に含まれるキーワードを入力し、[検索]ボタンをクリックします。

tab一括ダウンロード

メルマガ-5

メルマガ購読画面からの申し込みと、一括アドレス登録タブでCSV一括登録したデータのメールアドレスをCSV形式でダウンロードします。
triangle会員登録時にメルマガ購読をお申し込みされた方はこのリストに含まれません。

tab一括アドレス登録

メルマガ-6

CSVファイルで購読ユーザーを一括登録できます。
一括ダウンロードタブで、CSVデータをダウンロードし、フォーマットを確認してください。
データがなくてダウンロードできない場合は、以下のURLで購読ユーザーを登録してからダウンロードします。

[ファイルを選択]ボタンで作成したCSVファイルを指定し、新規登録または追加登録を選んで[インポート開始]ボタンをクリックします。
「新規追加」は既存のデータを全て削除して新規に登録します。「追加登録」は既存のデータに追加登録します。

tab購読リンクタグ

メルマガ-7

例えばリンク中の以下のコードをfooter.phpに追加します。

オンラインカタログでは、次のように表示されます。
メルマガ-8

リンクをクリックすると、メールマガジン購読ページを表示します。
「メールマガジン購読」のリンク文字列を変更するには、言語翻訳TEXT_NEWS_LETTERの値を編集します。

tab購読スタンド

メルマガ-9

ブログやホームページなどに上記のコードを貼り付けると、以下のように表示されます。

メルマガ-10

 

メールマガジンの作成

コンテンツ管理 > メールマガジンプラス メニューから設定画面を開き、「新規メールマガジン作成」をクリックします。

メルマガ-11

送信元情報画面

  1. 送信可能上限件数 – 現在配信可能なメール件数を表示します。初期状態では0件となっています。サイトを登録することで、月間500通まで無料で送信できます。サイト登録の手順は以下のとおりです。
    1. [配信数追加]ボタンをクリックします。
    2. 「登録する」リンクをクリックします。
      メルマガ-13

    3. メールマガジンを利用するサイトのURLを入力し、[更新する]ボタンをクリックします。
      メルマガ-14

    なお、月間の配信数が500通を超える場合は、[配信数追加]ボタンをクリックして配信数追加オプションをお申し込みください。

  2. 配信数 – 選択中の送信対象(端末/ユーザー)だと何通送信されるかを表示します。
  3. 送信元メールアドレス – メールマガジンの送信元メールアドレスを登録します。
  4. 送信元名 – メールマガジンの送信元名を登録します。
  5. 送信対象(端末) – PCか携帯ユーザーかを選択します。携帯プラグインをインストールしていない方はPCのみを選択してください。
  6. 送信対象(ユーザー) – 送信するユーザーの会員区分を選択してください。
  7. 送信日時 – ’送信日時を指定する’の場合は、日付と時間を指定してください。’送信日時を指定しない’の場合は、毎時0時に送信されます。例えば9時40分に保存すると、10時0分に送信されます。

メルマガ-12

メール本文画面

  1. 件名 – メールマガジンの件名を入力します。
  2. メール形式テキストHTML形式を選択します。
  3. メール本文(text) – メールマガジン本文をtext形式で入力します。
  4. メール本文(html) – メールマガジン本文をhtml形式で入力します。
  5. 送信本文の言語 – メール本文の言語を指定します。
  6. テスト送信 – チェックすると、送信元メールアドレス宛てにテストメールを1通送信します。このメールはユーザーには送信されません。

 

メールマガジンで使える変数

メール本文に以下の変数を記載すると、自動でユーザーの情報に置き換えられます。

{name} …お名前
{email} …メールアドレス
{link} …購読解除リンク
{point} …保持ポイント数

triangleメール変数は会員登録しているユーザーにのみ使えます。
会員以外が含まれる以下の3つを送信対象ユーザーに指定する場合は、メール変数を使わないでください。

・全員(メルマガ非購読者含む)
・メールマガジン購読者全て
・ホームページ・CSVから登録したユーザー

 

HTMLメールの書き方

HTMLメールを作成する場合は、下記手順を参考にしてください。

  1. テンプレートの作成
    HTMLメールを送信するには、まずHTMLメールの元になるデザイン雛形が必要です。手動で作成してもよいですし、購入することもできます。短時間で効率よくきれいなHTMLメールを作るには、有料のHTMLメール専用のテンプレート購入をお勧めします。HTMLメールのテンプレート例
  2. テンプレートのカスタマイズ
    雛形となるHTMLメールのテンプレートを入手したら、Dreamweaverなどのオーサリングソフトを使ってカスタマイズします。
    メルマガ-15

    Dreamweaverなどを利用して、HTML形式でメールマガジンのコンテンツを作成します。メールに画像を含める場合は、画像をリモート上のサーバーにアップロードしておき、画像パスは絶対パス(http://…)で指定します。例)<img src=”http://…”
    リモート上のサーバーはLive Commerceのサーバーではなく、さくらインターネットなどの外部サーバーをご契約いただく必要があります。

  3. HTMLソースコードの最適化 (CSSを利用の場合)CSSを利用してHTMLメールを作成した場合、Dreamweaverで作成したHTMLコードのままでは正しく送信されないため、外部化されているCSSをすべてインライン形式に変換します。メルマガ-16

    Dreamweaverで作成したHTMLソースコードをコピーし、こちらのサイトにコピーしたHTMLソースをペーストしてCSSをインライン化します。

  4. コードの登録
    インライン化されたHTMLソースをメール本文欄(html形式)に登録します。
    メルマガ-17

    以下はHTMLメールの例です。
    メルマガ-18

    Gmail、Yahooメール、OutLookExpress、 thunderbirdでHTMLメールの表示を確認済みです。

triangle誤動作を抑止するためにHTMLメールにコメントタグは使用しないでください。

 

メールマガジンの送信

メールマガジンを送信するには、メールマガジン作成画面で「入力内容を確認」ボタンをクリックし、送信前の内容確認画面を表示します。
[予約して保存する]ボタンをクリックすると、メールマガジンの送信設定が完了します。

配信予約を指定した場合は、指定の日時にメールを送信します。
配信予約を指定しない場合は、毎時0分にメールを送信します。(例えば9時40分に保存すると、10時0分に送信されます。)

注) 大量配信をされる方(5,000通以上)
5,000通以上の一括メール配信を行うと、設置されたサーバーへの帯域負荷、サーバー負荷がかかります。大量送信される場合は、事前に弊社へお問合せください。

 

メールマガジンスタンドの設置

サイト上にメールマガジンの購読フォームを設置する方法は2つあります。

  • 以下のURLで、メールマガジン購読ページを表示します。
    メルマガ-19

    購読リンクタグを参考にしてください。

  • 外部(内部)サイトフレームなどから呼び出す場合は、次のように指定します。

    購読スタンドを参考にしてください。

 

メールマガジン購読者の管理

会員登録時にメールマガジンを申し込んだ方と、メールマガジン購読ページから申し込んだ方は別々に管理します。

    • 会員登録時に申し込んだ方
      サイト設定 > サイト設定 > アカウント作成 > ‘メールマガジン購読を表示する’を「true」に設定している場合は、会員登録時にメールマガジン購読を選択できます。
      会員登録時に申し込んだ方は、顧客管理データで管理します。
      顧客管理 > 顧客CSV出力/検索 で、メールマガジン購読状況を含むデータを一覧表示したりファイル出力できます。
      会員がメールマガジンを解約するには、オンラインカタログ上のマイアカウント > アカウント情報編集 で行います。

 

  • メールマガジン購読ページから申し込んだ方
    サイトにメールマガジンスタンドを設置している場合は、サイトに会員登録していないユーザーもメールマガジンを購読できます。
    メールマガジン購読ページから申し込んだ方は、メールマガジンプラスプラグインで管理します。
    コンテンツ管理 > メールマガジンプラス > オプション > 一括ダウンロード で出力するファイルは、メールマガジン購読ページから申し込まれた購読者のみのリストです。
    メールマガジンを解約するには、購読申し込み時と同じメールマガジン購読ページから行います。

例えば配信対象ユーザーに「メールマガジン購読者全て」を指定すると、両方の購読者リストのユーザーへ送信されます。同じメールアドレスが両方のリストに登録されている場合は、1通のみ配信されます。

オススメメール(パーソナライズド)形式

ユーザーのウェブ体験によって配信されるメールが異なる

2018年12月よりテキスト形式・HTML形式に加えてオススメールが追加されました。オススメメール形式とは、ユーザーがある一定期間に以下の行動をコンピュータが収集し、収集したデータにより機械学習によってユーザーに好まれるであろう商品を自動的に解析してメールが配信される機能のことです。ユーザーの行動には以下の項目が含まれます。

  • 過去の商品購入履歴
  • 商品ページ滞在時間
  • カート挿入商品
  • ウィッシュリスト追加
  • レビュー投稿商品

例えば、5000 点の商品を扱う EC サイトにおいて、A さんと B さんでは興味関⼼や、好みのメーカー・ブランドは異なります。A さんと B さんが過去に購⼊した商品や個別商品の滞在時間が多いページをデータとして収集し、溜まったデータより A さんと B さんにそれぞれ⾒合った商品を提案することができれば、検索経由では発⾒できなかった商品を表⽰することができます。

オススメメールは全てHTML形式の配信です。テキストメールは使えません。

  • 件名
    件名は指定することができません。コンピュータが自動的に決定します。
    ユーザーが会員登録時に選択した国名によって件名に使用される言語は動的に変わります。例えば台湾で登録したユーザーに配信される件名は繁体時、米国で登録したユーザーには英語となります。ただし、ウェブサイトの言語として該当する言語の商品が登録されていない場合は言語管理で初期設定としてある言語になります。
    件名は オススメメールで提案される1件目の商品名の最初の20文字が使われ、20文字以上の商品名の場合は、[…]が商品名の末尾に使用されます。
  • 本文
    本文は ヘッダー部と本部とフッター部の3つに分割されています。
    ヘッダー部、フッター部は自由にHTMLでデザインを行うことができます。
    本部はループ処理され、繰り返しされます。
    本部に使用できる変数には以下の通りです。

オススメメールの上手な配信方法

配信間隔
オススメメールはユーザーの行動に基づいて提案される商品が決定されるため、ユーザーがメールを開封して商品をクリックしたり、一定時間以上の閲覧がないとユーザーの好みを学習することができないため、次回送信されるオススメメールのコンテンツも同じような商品が提案される可能性があります。

一例として、オススメメールの配信間隔としては火曜日に送信したら最低でも3日以上の間隔をあけ、次回の送信は金曜日にする方がよいです。金曜日に送信するときは予め送信予約を行なってはいけません。送信予約を行なってしまうと、送信予約時点でのユーザーデータに基づきメールコンテンツが生成されるため、火曜日と同じ内容になってしまう可能性があるためです。金曜日に送信するときは金曜日の送信直前1時間くらい前に配信予約をすれば、金曜日時点でのユーザーデータに基づいてコンテンツが生成されるため、内容が新鮮でよりユーザーの好みに近づいている可能性があります。

Googleアナリティクスタグのキャンペーンタグ
以下のようにGAタグをハイパーリンクに挿入することにより、Googleアナリティクスでクリック後に成約に至ったのかを追跡することができます。以下に例の例ではRecommendMailというチャンネルで追跡が可能です。

休眠ユーザーの掘り起こしの重要性
オススメメールはユーザー体験がないと提案される商品が計算されません。例えばAさんは1年前に会員登録を行ったが、何も買わずに1年経過かしました。このAさんはメールマガジンの購読はしていますが、コンピュータはAさんの興味関心のデータを持っていません。この場合はAさんにはオススメメールは配信されません。このようなケースがオススメールの配信時には存在します。実際のメールマガジンの配信件数が3000件あるにも関わらず、配信対象件数が1000件となった場合は差分の2000件は会員登録はしているものの購入履歴や商品閲覧履歴もなく、いわゆる会員登録をしただけの休眠ユーザーです。

休眠ユーザーを掘り起こしするには、オススメメールを配信するのではなく、通常のメールマガジンを配信してクーポン割引や期間限定商品などによって休眠ユーザーの掘り起こし作業が重要になってきます。休眠ユーザーの掘り起こしにはメールマガジンだけに限定されません。ダイレクトメールの送付やネット広告も選択肢の1つです。休眠ユーザーをウェブサイトに誘導し、ウェブサイト内で商品閲覧の体験を行わせることでオススメメールは機能します。

HTMLによるデザイン
ヘッダー部とフッター部にはHTMLタグが利用できます。HTMLを利用してよりリッチコンテンツを作成し、ユーザーにブランドをアピールしましょう。

オススメールの料金

ユーザーがメールを受信してメールコンテンツをクリックし、実際に購入に至った場合に以下の販売手数料が発生します。お支払い方法については注文処理費用と同様となります。詳しくはこちらをご覧ください。

初期費用 : 無料
月額費用 : 無料
成功報酬手数料 : 1.5%/受注金額 *

* パーソナライズドされたコンテンツを経由して受注に結びついた場合、⼈⼯知能による販売成功報酬費 として受注⾦額(税込)の 1.5% (下限 25 円 ‒ 上限 500 円 税別)が課金されます。
* 計測期間は⽉末締め、翌⽉末⽇払い、お⽀払いは転送量や注⽂処理費⽤と同じ、クレジットカード払い となります。請求内容は Live Commerce アカウントサービスページにて毎⽉確認いただけます。
* ユーザーはメール受信から最長30日の間にウェブサイトで商品購入が発生した場合のみ課金対象となります。この期間はユーザーが利用しているウェブブラウザにCookieとして情報保持されます。
* オススメール経由でウェブサイトに訪問した場合、ユーザーが購入した商品がオススメメールで提案した商品と異なる商品を買った場合でも課金対象となります。これはオススメメールが購買動機の理由となったためです。

Related Articles