翻訳設定

商品登録やコンテンツページ作成の際に自動翻訳ボタンを利用するには、事前に翻訳APIを設定しておく必要があります。
サイト設定 > サイト設定 > 翻訳設定 で利用する翻訳サービスを選び、APIキーを設定します。
各翻訳サービスの特徴は下記のとおりです。

サービス名 翻訳の種類 費用
Google翻訳 機械翻訳 有料
Bing翻訳 機械翻訳 月200万文字まで無料

triangle自動翻訳機能を利用するには、サイト設定 > サイト設定 > 基本設定 > 全般 > リッチエディタを有効にする をtrueに設定してください。

 

Google翻訳の設定

Google翻訳の料金はこちらを参照してください。
設定方法は以下のとおりです。

  1. Google API管理画面にログインします。
  2. 初めて利用する場合、[プロジェクトを作成]をクリックしてプロジェクトを作成します。
  3. サイドメニュー > API Manager > その他の一般的なAPI にあるTranslate APIのリンクをクリックします。
    翻訳設定-1

  4. API Manager > 概要 で[有効にする]ボタンをクリックします。
  5. API Manager > 認証情報 で[認証情報を作成]をクリックし、APIキー、次にブラウザキーを選択します。
    翻訳設定-2

    翻訳設定-3

  6. 名前と、アクセスを許可するリファラーをhttp://を除いて指定し、[作成]ボタンをクリックします。
    例えば、‘http://demo.japan-onlinestores.com/’以下のページで利用したい場合は、‘demo.japan-onlinestores.com/*’と指定します。
    翻訳設定-4

    発行したAPIキーをメモしておきます。

  7. API Manager > 概要 > 割り当て で翻訳できる最大文字数を指定することができます。
    翻訳設定-5

  8. 左上サイドメニュー > お支払い を選択し、支払い情報を登録します。
  9. Live Commerce管理画面に戻り、 サイト設定 > サイト設定 > 翻訳設定 > Google 翻訳API KEY のラジオボタンをクリックし、APIキーを設定して[登録]ボタンをクリックします。

以上で設定完了です。

商品やページの編集画面にある自動翻訳ボタンを押すと、デフォルト言語に入力したデータがその他の言語に翻訳されます。
(デフォルト言語は、サイト設定 > サイト設定 > 言語管理 でデフォルトの項目にチェックを入れた言語です。)

 

Microsoft Translator の設定

Microsoft Translator の料金はこちらを参照してください。
設定方法は以下のとおりです。

    1. Microsoft Translator API のサブスクリプション登録画面を開きます。
      月200万文字まで無料プラン(またはご希望のプラン)を選び、[サインアップ]をクリックします。
      翻訳設定-6

    2. ログインします。
      Microsoftのアカウントがない場合は、作成リンクをクリックして新規作成します(国/地域は「日本」を選択します)。
      翻訳設定-7

    3. ログインした場合は、下記画面が表示されますので、内容に同意し、[サインアップ]をクリックします。
      新規作成した場合は、画面右上のMarketplaceの検索フィールドに’Translator Text’と入力して検索し、1.のページからプランを選びサインアップします。
      翻訳設定-8

    4. マイアカウント > マイデータ にMicrosoft Translatorが登録されているのを確認します。
      翻訳設定-9

    5. APIを利用するために、アプリケーションを登録します。
      マイアカウント > 開発者 を開き、[登録]をクリックします。
      翻訳設定-10

      • クライアントID – 他と重複しないアプリケーションIDを指定します。
      • 名前 – アプリケーションの名前を指定します。
      • 顧客の秘密 – 自動生成されます。
      • リダイレクトURL – Microsoft Translator APIでは利用しませんが、必須入力フィールドのため、適当なURLを記入します。(http://で指定すると、https://接続を促す警告が出ます)
      • 説明 – アプリケーションの説明を記述します。省略可能です。

      Live Commerce でクライアントID(Client ID)顧客の秘密(Client Secret)を利用しますので、メモしておきます。

    6. Live Commerce管理画面に戻り、 サイト設定 > サイト設 > 翻訳設定 > Bing 翻訳API KEY のラジオボタンをクリックし、上段にクライアントID、下段に顧客の秘密を設定して[登録]ボタンをクリックします。

以上で設定完了です。

商品やページの編集画面にある自動翻訳ボタンを押すと、デフォルト言語に入力したデータがその他の言語に翻訳されます。
(デフォルト言語は、サイト設定 > サイト設定 > 言語管理 でデフォルトの項目にチェックを入れた言語です。)

Was this article helpful?