商品オプション一括登録

商品オプションをCSVファイルであらかじめ作成しておき、一括登録できます。
(在庫管理したい場合は、商品オプションではなく在庫管理付き項目選択肢を利用します)
 

利用方法

サイト設定 > 機能管理 > 共通プラグイン > 商品オプション一括登録 を有効化します。
横に表示される設定ボタン、または商品管理 > 商品オプション一括登録 メニューから設定画面を開きます。
商品オプション-4

  1. ファイルを選択 – クリックして、アップロードするファイルを選択します。
  2. 作成例 – アップロードファイルのサンプルをダウンロードします。
  3. 商品型番が入力されたCSVファイル – 商品管理 > 商品CSV出力・入力 画面を開きます。
  4. アップロード – 選択したファイルをアップロードします。
  5. ダウンロード – 登録されている商品オプションデータをCSVファイルでダウンロードします。

ファイルの項目は、以下のとおりです。

* は必須入力項目です。

項目 説明
A 商品型番 * 商品型番を入力します。
B オプション名 * 他言語対応する場合、言語ごとに「//」で区切ります。区切り記号の間の字数は255文字まで。
C オプション選択名 * 言語ごとの//と//の間の字数は255文字まで
D 価格 商品価格に対して増額(減額)する価格を入力します。商品価格ではありません。
E 接頭辞 商品価格に対して増額なら「+」、減額なら「-」を半角記号で入力します。
F 並び順 * 半角数字で入力します。数字の小さい順に表示されます。
G 削除フラグ 「1」を半角数字で指定すると、このオプションを削除します。

 

利用例

例として、以下のCSVファイルをアップロードしてみます。

  • Tシャツ1商品に、カラーとサイズのオプションを用意します。
  • カラーはグリーン/ブルーの2種類です。
  • サイズはM/L/LLの3種類で、LLサイズのみ追加料金が300円かかります。
  • サイト内の言語は、日本語(ja)、英語(en)、簡体中文(zh)、繁体中文(zh-TW)の4つです。

作成するCSVは以下のようになります。

商品オプション-1

オプション名とオプション選択名は、//で区切り言語ごとに指定します。
このファイルをアップロードすると、オンラインカタログに2つのオプションが表示されます。

商品オプション-2

ショッピングカート画面には、選択したオプション内容が表示されます。
異なるオプションを選んだ場合は、別の商品としてカートに入ります。

商品オプション-3

triangle在庫の計算方法について

オプションを設定した場合、在庫数×オプション数で計算されます。

例) 商品123に、オプションA、オプションBが存在
在庫数:3で登録すると、
・オプションA×3
・オプションB×3
の計6個を注文可能です。

Related Articles