PayPal Sandboxの設定

PayPalのテスト環境Sandboxを利用して、PayPal決済の流れを確認することができます。
Sandboxの詳細については公式サイトを参照してください。

SandboxをLive Commerceで利用する手順は以下のとおりです。

  1. PayPal Developerにログインします。PayPalのアカウントをお持ちでない場合は新規登録します。

  2. ページ上部右側にある「Dashboard」をクリックします。

  3. 左側のメニューから、Sandbox > Accountsを選択します。

  4. 画面上部の[Create Account]ボタンをクリックし、売り手と買い手の2つのアカウントを作成します。

    • Country – Japanを選択します。
    • Account Type – 売り手アカウント(ショップ)を作成するには、Businessを選択します。買い手アカウント(顧客)を作成するには、Personalを選択します。
    • Email Address – 架空のメールアドレスを入力します。他のDeveloperユーザーが登録済みのアドレスは、登録できません。
    • Password – アカウントのパスワードを入力します。
    • Payment Methods – 買い手アカウントの場合は支払い方法を登録します。Bank Verified AccoutをYesに設定し、Credit Cardsでカードの種類を指定します。PayPalが自動で架空のカード情報を生成します。
  5. 情報を入力してページ下部の[Create Account]ボタンをクリックすると、作成したテストアカウントの一覧が表示されます。

  6. 売り手アカウントのEmail Addressをクリックし、Profileをクリックします。

  7. API Credentialsタブを開き、API情報(Username/Password/Signature)をメモしておきます。

  8. Live Commerceの管理画面メニューで、サイト設定 > 機能管理 > 決済プラグイン > PayPalを有効化し、[設定]ボタンをクリックします。すでに有効化してある場合は、サイト設定 > PayPal を選択します。

  9. Sandboxで取得したAPI情報(ユーザー名/パスワード/API署名)を入力します。末尾に不要な半角スペースなどがあると、接続エラーとなります。PayPalのステータスは「テスト環境」を選択します。接続URLを変更する必要はありません。

  10. テスト注文を行います。商品をカートに入れ、決済方法にPayPalを選びます。
    [注文内容を確認]ボタンをクリックすると、PayPal Sandboxのサイト(www.sandbox.paypal.com)に遷移します。

  11. 買い手アカウントでログインし、支払いを行います。

Related Articles