言語翻訳

オンラインカタログで表示する文言をコード(定数)として管理する機能です。
言語ごとの値を登録できるので、多言語サイトで言語を切り替えると、その言語で文言を表示できます。

例えば、赤枠で囲まれた部分は、言語翻訳のTEXT_で始まる以下のコードで指定しています。
言語翻訳管理-1

言語翻訳で管理する内容には、次のようなものがあります。

  • オンラインカタログ上の文言
  • 入力時のエラーメッセージ
  • 利用規約(TEXT_TERMS_TEXT)
    会員登録画面に表示します。日本語のみサンプルデータが入力されています。
  • 自動送信メール
    顧客の注文時(ORDER_EMAIL)、会員登録時(EMAIL_GUEST_REGIST_BODY)、問い合わせ時(TEXT_CONTACT_REBODY)に送られるメールなどが含まれます。
    サイト運営者に送られる在庫切れ警告メール(EMAIL_ALART_STOCK)なども含まれます。

コードの値として、HTMLタグを利用できます。
初期値に%d%sが含まれるコードは、%d%sの部分に管理画面の設定値が自動で読み込まれます。
 

言語翻訳画面

コンテンツ管理 > 言語翻訳 に登録済みのコード一覧が表示されます。

言語翻訳管理-2

言語翻訳画面

  1. データ一括入力・出力 – コードを言語ファイルでまとめて編集します。
  2. 検索 – コードをコード名または値で検索します。
  3. テキストの追加 – 新たなコードを追加します。
  4. 言語選択 – 表示する言語をリストボックスで選択します。
  5. 実行 – 表示する言語を選択してクリックすると、選択した言語に切り替わります。
  6. 削除 – コード名の後ろにあるゴミ箱アイコンをクリックすると、データを削除します。
  7. 基準値 – 日本語の値を表示します。
  8. – 選択した言語の値を表示します。編集が可能です。
  9. 自動翻訳 – 日本語以外の言語の場合に表示されます。クリックすると、日本語を翻訳した内容が入ります。翻訳サービスの設定については、翻訳設定を参照してください。
  10. 更新 – クリックすると、編集内容を保存します。

 

コードの編集

コードを編集する際は、言語翻訳タブのコード一覧から探すこともできますが、検索タブを利用すると便利です。
言語翻訳管理-3

検索タブ画面

  1. 検索語句 – 検索したい語句を入力します。
  2. 検索対象 – コード名と値のどちらを検索対象にするかを指定します。
  3. 対象言語 – 検索対象の言語を指定します。
  4. 表示件数 – 1ページに表示する件数を指定します。
  5. 検索 – クリックすると、指定した条件で検索します。

値から検索

実際にオンラインカタログのコードを編集してみます。
サイト設定 > サイト設定 > 在庫設定 > ‘在庫計算する’をtrueにしている場合、商品詳細ページの在庫欄に以下の赤枠内の配送情報が表示されます。

言語翻訳管理-4

商品詳細ページ

このコードを編集する方法は下記のとおりです。

  1. コンテンツ管理 > 言語翻訳 > 検索タブを開きます。
  2. 検索条件を次のように設定します。
     検索語句:翌日配送
     検索対象:値
     対象言語:日本語
  3. 検索ボタンをクリックします。
    コード名:TEXT_PRODUCT_STOCK の値であることが分かります。
    以下の赤枠内の箇所を編集し、画面右下の更新ボタンをクリックして変更を保存します。
    言語翻訳管理-5

  4. オンラインカタログでコードが変更されていることを確認します。
    言語翻訳管理-6

  5. 2.で対象言語を切り替え、日本語以外の値も編集します。

コード名から検索

言語翻訳のコードは、テーマフォルダ内のPHPファイルで使われています。
例えば、商品詳細ページ(product.php)に、以下の記述があります。

言語翻訳管理-7

TEXTS_IMAGE_POPUPの内容を調べる方法は、下記のとおりです。

  1. コンテンツ管理 > 言語翻訳 > 検索タブを開きます。
  2. 検索条件を次のように設定します。
     検索語句:TEXT_IMAGE_POPUP
     検索対象:コード名
     対象言語:日本語
  3. 検索ボタンをクリックします。「画像をクリックして拡大イメージを表示」と表示するコードであることが分かります。

    言語翻訳管理-8

  4. オンラインカタログを日本語で表示し、該当箇所を確認します。
    言語翻訳管理-9

 

コードの追加

インストール時に用意されているコード以外に、オリジナルのコードを追加することができます。
言語ごとの値を設定できるため、多言語サイトを運営する場合に便利です。

例えば、言語ごとに出力内容を変えるには、PHPファイルに以下のように記述します。

コードの内容を変更するには、PHPファイルを編集する必要があります。

一方、言語翻訳でコードを追加すれば、PHPファイル内の記述は以下のようになります。

コード内容の変更は言語翻訳画面から行えるため、PHPファイルを編集する必要がありません。
コードを追加するには、コンテンツ管理 > 言語翻訳 > テキストの追加タブをクリックします。

言語翻訳管理-10

テキストの追加タブ画面

  1. 言語選択 – 追加する値の言語を指定します。日本語を指定すると、コードの基準値として表示されます。
  2. コード名 – コード名を入力します。
  3. – コードの値を入力します。HTMLを使用できます。
  4. 送信 – クリックすると、コードを保存します。

言語翻訳タブか検索タブで作成したコードを開き、言語を切り替えて他言語の値を設定します。

 

言語ファイルで一括編集

コードを言語ごとにXMLファイルにまとめ、一括で編集することができます。
言語翻訳管理-12

ファイルを利用するには、コンテンツ管理 > 言語翻訳 > データ一括入力・出力 をクリックします。

言語翻訳管理-11

データ一括入力・出力画面

  1. エクスポートする言語 – 追加する値の言語を指定します。日本語を指定すると、コードの基準値として表示されます。
  2. エクスポート – クリックすると、選択した言語のXMLファイルをダウンロードします。
  3. ファイルを選択 – クリックし、入力ファイルを選択します。
  4. インポート – クリックすると、選択したXMLファイルで既存のXMLファイルを上書きします。XMLファイル内の < lang_name > で指定された言語のデータが上書きされます。

Related Articles