顧客管理

 

顧客管理画面

顧客管理 > 顧客管理 で会員登録した顧客の一覧を表示します。
顧客管理-1

顧客管理画面

  1. 新規作成 – 顧客新規登録画面を開きます。
  2. 検索 – 顧客の名前や住所に含まれるキーワードで検索します。
  3. チェックボックス – 一覧データの一番上にあるチェックボックスをクリックすると、表示されている顧客を全て選択します(別ページのデータは選択されません)。または該当データのチェックボックスをクリックし、一括操作のメニューを選択して実行します。
  4. ラベル – ID/顧客名/レビュー/登録日をクリックすると、一覧データの並び替え(データの昇順、降順)が行えます。
  5. Edit – 編集画面を開きます。
  6. Delete – データを削除します。
  7. Orders – この顧客の注文履歴一覧を表示します。

 

顧客の登録・編集

顧客を新規作成するには、[新規作成]をクリックします。
既存の顧客を編集するには、顧客データの[Edit]をクリックします。
顧客登録-2

顧客登録画面

*印は必須入力項目ですので、すべて入力してください。 ※1

  1. 顧客グループ – 顧客管理 > 顧客グループ管理 でグループを作成している場合は、リストに表示されます。
  2. 国名 – サイト設定 > ローカライズ > 国別管理 に登録された国がリスト表示されます。
  3. 都道府県名 ※2 – サイト設定 > ローカライズ > 国別都市管理 に登録された都道府県名がリスト表示されます。
  4. メールマガジン購読メールマガジンプラスプラグインを利用している場合に有効な機能です。チェックを入れるとメールマガジンンの送信対象となります。
  5. 誕生日 – メールマガジンプラスプラグインを利用している場合、誕生月を絞って配信することができます。
  6. ポイント – サイト設定 > サイト設定 > 基本設定 > ポイントシステム で ‘ポイントシステムを使用する’ をtrueに設定している場合、現在のポイント数が表示されます。値の編集も可能です。

編集内容を保存するには、ページ下の[登録]ボタンをクリックします。

※1 必須入力項目について
下記の項目については、サイト設定 >サイト設定 > 基本設定 > アカウント作成 で最小の文字数を指定することができます。

  • パスワード
  • 郵便番号
  • 都道府県名
  • 市町村
  • 電話番号

例えば’電話番号の文字数の最小値を設定’の項目に0を指定すると、電話番号の必須入力指定を解除することができます。
ただし、必須入力の解除は慎重に行ってください。例えばパスワードの必須入力を解除すると、パスワードなしでアカウントにログインできますし、姓名の必須入力を解除すると、顧客CSV登録時に姓名が空欄の顧客が存在する場合エラーとなります。

なお、都道府県名はサイト設定 > ローカライズ > 国別都市管理 に都道府県の登録があるとリストボックスで表示され、必ず何らかの値を選択することになります。
下記※2の手順でリストボックスからテキストフィールドに変更すると、必須入力指定が解除されます。

※2 都道府県名の表示形式について
サイト設定 > ローカライズ > 国別都市管理 に都道府県を登録しておくと、リストボックスから選ぶことができて便利です。
しかし、都道府県などの行政区分に変化があった場合は、手動で追加や削除を行う必要があります。
デフォルトで都道府県が登録されている国でも、都道府県データを削除すればユーザーが自由入力可能なテキストフィールドで表示できます。

Related Articles