サイトの運用

サイトがオープンしてから行う運用業務には、次のようなものがあります。

受注処理

標準的な出荷手順は以下のとおりです。

  1. 注文が入ると、登録したメールアドレスに顧客が受け取ったメールと同じものが届きます。
  2. 管理画面にログインし、注文管理で注文データを確認します。
    注文時に顧客がコメントを入力した場合は、注文データの編集画面 > コメント履歴タブ下部のコメント欄に表示されます。
    運用-1

  3. 注文ステータスを編集していない場合は、初期状態の注文ステータスは「未処理」です。
    出荷処理を進める段階で、ステータスを「処理中」、「配送済み」と変更していきます。
    注文ステータスにメール定型文を登録しておくと、ステータス変更のタイミングで自動で読み込まれ、顧客へメールを送ることができます。
    運用-2

    EMSで商品を配送する場合は、EMS配送ラベルの印刷機能を使うと便利です。

  4. 顧客またはショップの都合で注文をキャンセルする場合は、ステータスを「キャンセル」にします。
    契約済みの決済(PayPal/ペイジェント/中国向け決済など)とは連動しませんので、各決済サービスの管理画面でもキャンセル(返金)処理を行います。

 

商品管理

新たに商品を登録したり、商品の在庫数を最新の状態に保ちます。
在庫が設定しておいた水準以下になったり、在庫切れになるとショップにメールが届きます。

 

バックアップ

定期的に、サイトデータのバックアップを行います。

 

顧客対応

お問合せページ(サイトURL/contact)を設置している場合は、問合せメールへの対応を行います。
その他にも、レビューが投稿されたり、会員登録が行われるとショップにメールが届きます。必要に応じて、レビューを承認したり、顧客グループへ振り分けなどを行います。

 

サイトへの集客

Live Commerceの以下の機能を使って、サイトへの集客を行います。

クーポン
メールマガジン (2017年3月サポート終了)
フォローメール

その他FacebookやTwitter、ブログなどSNSを活用して、自社サイトへ誘導します。

Was this article helpful?