SEO対策

プラグインでオリジナルのマイショップを作ろう



Googleの検索結果画面に短い説明文を表示させる事ができます。

初期費用 :
月額費用 :
年間費用 :
手数料 :

カテゴリー : 売上アップ
提供会社 : Live Commerce 開発チーム
※価格は税別です。別途消費税がかかります。

ページURLの簡素化

ページのURLは商品に関連したキーワードを含んでおり、検索サイトでの検索順位上位表示のポイントを押さえています。Live CommerceのURL書式は以下の特性があります。

内部的要因

SEO対策には、SEO対策に外部的要因(外部からの被リンク)と内部的要因(HTMLタグ)の最適化が必要と言われています。外部的要因については業者に依頼するか、提携パートナーの力を借りる以外に得策はありませんが、内部的要因については正しいHTMLの文法に従いソースコードを最適化することで誰でも行うことができます。

そこでLive Commerceではデフォルトでインストールされているテーマに次の内部的要因となるSEO施術が行われています。

  1. 見出しやタイトルタグの前後に配置したキーワード
    現在の主要な検索エンジン(YSTGoogle)はそのページで最も重要なキーワードを配置した箇所の前後にも関連性の高いキーワードが配置されると言われています。Live Commerceのデフォルトテーマでは商品ページの商品名が表示される前後にカテゴリ名、メーカー名、商品型番、類似カテゴリを表示し、それぞれにリンクが設置されています。
  2. リンクに含まれるキーワードとなるテキスト
    これは先術した”ページURLの簡素化”のことです。
  3. タイトルタグ、メタタグ
    各ページには独自のタイトル、メタタグ(keywords, description)を指定することができます。タイトルタグの要素はSEO対策上で最も重要視されています。
  4. 全ページが独立されたURLである、単一のページ構成になっている
    商品、カテゴリ、メーカーのそれぞれのデータには独自のURLを持っています。独自のURLを持つことでユーザーはページ毎に商品やメーカーに直接ブックマークを行えるようになります。単一のURLを持っていない場合は1つのページのカテゴリ名や商品名が混在してしまい、検索エンジンに正しい情報を伝えづらくなります。
  5. 意味のないリンクを出さない
    数あるウェブサイト(ECサイト)では、今だに左側のカテゴリメニューが動的になっておらず、全ページに同じカテゴリ名が表示されることがあります。例えば、サプリメントのカテゴリをユーザーが参照しているのに、同ページ内に関連性の低いテニスボールやラケットがカテゴリリンクとして表示してあるような場合です。本来であればサブリメントのカテゴリには胃腸を鍛える、体を鍛える、ヘアケア系、ダイエットなどが表示されるべきです。
    Live Commerceではカテゴリのページには現在選択しているカテゴリに関する情報を、商品ページであれば商品に関連した情報が表示されるようにユーザーインターフェースをデザインし、無意味なリンクや情報は表示しないように配慮しています。単一のページをできるだけ余分な情報を出さずに作成することはモール型ではなく、独自型ECサイトの場合はSEOの観点からとても重要であると言えます。これは検索エンジンから訪問した時の直帰率の低減、コンバージョン率UPにも結び付いています。
  6. サイトマップ
    Googleは サイトマッププロトコルを使うと、ウェブサイト内のクロールさせたいURLを検索エンジンにしらせることができると言っています。Live CommerceではGoogleサイトマップの形式に準拠したサイトマップを自動生成します。
  7. WEB標準化
    HTML文書とレイアウトに関する記述(CSS)を分離させ、ユーザーの状況や環境に左右されず正しく情報伝達させます。参考: ウェブ標準、それは状況や環境に左右されない情報伝達を実現するためのもの



各種オプションの申込はLive Commerceの管理画面から行えます。お申し込みはLive Commerceの契約者のみとなっております。

page top