知らないと損をする、越境EC配送の新時代!

これは、今後越境ECを始めようと考えている、又は既にやっている方向けの記事です。
特に、「容積重量」という言葉を聞いた事がないという方には是非読んでいただきたいと思います。

そもそも、「容積重量」というのは運送会社で送料の計算をする時に使われる言葉です。

これまで、日本の越境ECでの配送手段といえば日本郵政のEMSがメインでした。
そして、EMSでは実重量のみで送料が決まります。容積重量を知る必要はありませんでした。
しかし今年の春、世界でコロナウイルスが猛威を振るい、EMSは配送遅延や一時的な荷物の引き受け停止をする事になりました。

それにより、日本の越境ECショップはDHL FedExといった配送会社がEMSに代わる配送手段として越境ECのメインストリームになり始めています。

DHLFedExは過去の記事でも紹介したとおり、EMSに比べれば圧倒的な配送スピードという利点があります。実際、EMS利用時と比較すると、当社が運営するDiscovery Japan Mallでは物流に関するお客様からの遅延関連の連絡お問い合わせ件数が1/10以下に減っており、このことからも越境ECに関しては日本郵便のEMSからDHL FedExがデファクト・スタンダード(事実上の標準)になる可能性がでてきました。

そこで、本稿ではDHL FedExのメリットを最大限活かすために、「容積重量」というあまり聞き慣れない業界特有の重量に関する規定について詳しく解説します。

(1)送料が高額になる理由「容積重量」

まずは下の画像を見てください。注文管理画面の一部を切り取ったものです。
赤枠上が商品代金。下が送料です。

1万円の商品に対して、6万円以上もの高額な送料が発生しているのがわかります。

一体なぜ送料がここまで高額になっているのでしょう?
その理由こそが、「容積重量」なのです。

物を送る際に必ず気にしなければならない要素が「重量」です。
送料は送る物の重量に比例して高くなるので、一般的なECサイトでは商品登録の際に必須項目として「重量」を要求されます。

先ほどの注文の商品重量は1つ約0.8kg
海外発送とはいえ、この重量で計算して送料が6万もする事は通常あり得ない事です。

この送料の理由が、商品の大きさに依存する「容積重量」です。

容積重量とは、運送業界で使用する重量計算の方法で、簡単に言うと
「軽くて大きい荷物を配送する際、荷物の大きさから仮の重量を計算する方法」です。

計算式は運送手段や会社によって異なりますが、DHLFedExでは
 {(cm) × (cm) × 高さ(cm)÷ 5000 (会社指定の係数)= 容積重量(kg)
と規定されています。

例えば、40cm四方のダンボール箱で計算した場合、
 40 × 40 × 40 ÷ 5000 12.8kg相当
となります。
同様に20cm四方のダンボールで計算をすると、なんと1.6kg相当です。
発送時の梱包サイズが送料に大きく影響する事がわかります。

DHLでは、この容積重量と実際の重量を比較して「より重い方」を送料計算時の「重量」としています。

(参考)DHL Expressの容積重量計算
(参考)ご利用にあたって – FedEx

先の画像の商品は、実際の重量は1kg以下でした。
しかし、大きく嵩張る商品だった為に、梱包後に容積重量を計算すると数十kgとなり、6万円を超える送料となってしまった例だったのです。

 

(2)こんなに大きい「容積重量」と「実重量」の差

容積重量と実重量は、軽い荷物ではどれ位の差が出るか実際に計算してみました。
下の画像は、Amazonの「日清カップヌードル 1ケース(20個入り)の詳細情報の切抜きです。

容積重量 (DHL基準)
11 × 51.51 × 42.01 ÷ 5000 ≒ 4.76 (kg)
実重量
2.2 (kg)

実に2倍以上の差があります。これは、
DHLで発送した時には5.0kgの送料
EMSで発送した時には2.5kgの送料で計算されることを表しています。

先に紹介した通り、EMSには容積重量計算がなく、実重量のみで送料が決まります。

(参考)EMS 国際郵便 – 料金・日数を調べる(サイズの入力欄がない)

その為、特に軽くて大きい荷物の送料が他業者より安いと言われる点が高く評価されていましたし、契約も不要で、月に出荷する数量の少ない個人でも手軽に使えます。

また、DHLFedExといった会社は自社で航空機を所持*(1)している事が最大の強みです。

これにより、EMSに比べて圧倒的な速さで配送をする事が可能ですし、
一般客が乗る旅客機に荷物を積むEMSやヤマト運輸と違い、貨物のみの輸送をしている為コロナウイルスの影響で遅延や引き受け停止をするといった事もありませんでした。

軽量コンパクトな荷物の送料に関して言えばEMSより安い価格*(2)である事など、素晴らしい点も多く、一概にどちらが優れているといった評価はできません。
DHLに関しては、弊社の大塚が別で記事を書いております。興味のある方は以下のリンクよりご覧下さい。

(参考)配送スピードだけじゃない! DHLのすごいところ

ここまでの重量差が出る以上は、今後越境ECで複数の配送方法を提供するのであれば、配送方法毎の「みなし重量」の設定は必須であると言えるでしょう。

*(1)DHLの登録航空機は23FedExの登録航空機は744(各リンクから内訳が見られます)
*(2) DHLFedExの送料は契約によって異なる為、必ずしもEMSより安いとは限りません。
参考送料は後述の「実測!FedExEMS 送料対決!」をお読み下さい。

 

(3)なぜ「容積重量」が使われるのか

そもそもなぜ、容積重量計算などという面倒な計算方法が使われるのか?
これは、物流にかかるコストの部分が関係しています。

元々容積重量という言葉は物流業界で一般的に使われているものです。
そして、あらゆる物流では一度の運搬で運べる限界の大きさと重量が決まっています。

例えば航空機なら、貨物室の大きさを超えて物を載せることはできませんし、荷物が重すぎると飛ぶ事ができません。
こうした限界がある中で、実重量だけで送料を決めてしまうと、商材によっては輸送コストが大きく変わり不公平になってしまう事があるのです。

金属部品の様な小さくて重い商品の方が、一度に沢山運べるのに輸送費が高く
羽毛布団の様な大きくて軽い商品の方が、場所をとってしまうのに輸送費が安い、といった様な状況が生まれてしまうのです。

そこで、大きさを重さに置き換える「容積重量」を使うことで、どんな荷物でもなるべく公平な輸送費になるようにしているわけです。

寧ろ、容積重量を設定していないEMSが本来ならばおかしいと言えるかもしれません。

(4)「容積重量」 は身近で使われている

容積重量という概念は、実は身近でも使われています。

国内で宅急便を送る時に使われる「60サイズ」や「120サイズ」といったものは容積重量を区分けし、簡易化したものです。
規定のサイズ内であっても、規定の重量を超えると上のサイズで計算されるのは、容積重量の考え方が元にある為です。
よく使われる荷物の大きさに対して、わかりやすく、かつ送料が計算しやすい様に工夫された表記になっています。

また、国内便であっても定型を超える大きい物は容積重量で計算されます。
ヤマト運輸を例に取ると
(m) × (m) × 高さ (m) × 280 = 容積換算重量(kg
という式で計算されると公表しています。

(参考)ヤマト便料金表

また、Amazon「パントリーBOXサービス」にも容積重量の考え方が使われています。
これは、規定サイズの箱に入るだけの商品を、送料定額で送る事ができるというサービスで、
パントリーBoxの箱の大きさは52cm × 28cm × 36cm、最大重量は12kgとなっています。

これをヤマト運輸の計算式に当てはめると、容積重量は
 0.52m × 0.28m × 0.36m × 280 = 14.67 (kg)
少し余裕を持った設定ですが、最大重量は容積重量から設定されている事が伺えます。

 

(5)容積重量の「係数」とは?

容積重量の話をする際に、よく聞かれるのが「係数」に関してです。
DHLであれば「÷5000」、ヤマト運輸であれば「×280」、
この5000とか280という数字はどういう意味を持っているのかについて説明します。

この数字は「特定の大きさあたりの重量・又は重量あたりの大きさ」を表したもので、いわゆる「比重」を表した数字です。

この数字は陸・海・空それぞれの貨物輸送で、使用される数値がある程度決まっています。
陸上では 1㎥=280kg
海上では 1㎥=1000kg
航空では 6000㎤=1kg (DHLFedEx5000㎤=1kg)

このままではわかりにくいので左側を揃えます。

陸上貨物は   1㎥=280kg
海上貨物は   1㎥=1000kg
航空貨物は   1㎥=166.6kg ( 6000㎤=1kgの場合)
        1㎥=200kg  ( 5000㎤=1kgの場合)

1㎥の重さ<右側の重量 になると、容積重量<実重量 となります。

海上>陸上>航空の順に、重い荷物を運ぶのに適しています。
海上貨物は航空貨物に比べて5倍重い荷物でも、航空便と料金が変わらないわけです。

 

(6)実測!FedExEMS 送料対決!

では、具体的にどんなものがどういった送料で送れるのか?
弊社で契約しているFedExのレートと、EMSの送料を用いて比較してみたいと思います。
(発送先は米国ニューヨークを想定、配送オプション等無しの場合)

腕時計

CASIO F-91W
梱包サイズ
13 x 13 x 13 cm
梱包重量
86.18 g
容積重量
0.43 kg

FedEx送料(容積重量)
0.5 kgまで  約1500
EMS送料(実重量)
0.5 kgまで   2000

②カメラ

CANON SX420 IS
梱包サイズ
9 x 7 x 11 cm
梱包重量
557.9 g
容積重量
0.13 kg

FedEx(実重量)
1.0 kgまで  約1700
EMS送料(実重量)
0.6 kgまで   2180

③トイレットペーパー

ネピア プレミアムソフト
梱包サイズ
34.5 x 20 x 19 cm
梱包重量
1.25 kg
容積重量
2.66 kg

FedEx送料(容積重量)
3.0 kgまで  約2600
EMS送料(実重量)
1.25 kgまで  3300

布団

タンスのゲン 布団 4点セット
梱包サイズ
56.4 x 36.2 x 35.6 cm
梱包重量
7.1 kg
容積重量
14.53 kg

FedEx送料(容積重量)
15.0 kgまで  約8400
EMS送料(実重量)
8.0 kgまで   12300

FedExDHLに比べて重たい荷物の送料が安い傾向があります。そのため今回の検証はDHLではなくFedExで行なったのですが、これは凄い結果でした。

また、FedExの送料は契約者によって違います、これはあくまで弊社で発送した時の金額ですが、筆者本人も思ったより差が出てビックリしています。
本当は炊飯器等の家電も比較しようと思ったのですが、FedEx15kgの送料がEMS8kgより安価だった事で結果が見えてしまったのでやめておきます。

 

(7)まとめ

容積重量という考え方は、現在越境ECをする上で欠かせないものになっています。
無駄に大きい箱を小さくするだけでも、容積重量によって送料は大きく変わり、コストの削減・料金の改善に繋がります。

また、今回の実証では送料の部分だけを比較しましたが、越境ECにおける物流の優劣はそれだけで決められるものではありません。速度や保証、通関等の要素も重要になってきます。

今後、EMSが復活してDHLFedEx等と併用が可能になれば、それだけでも様々なニーズに答えられるようになるでしょう。

関連する記事

押さえておきたい! アメリカEC市場の新たな潮流... 5月25日から4日間の日程で、アメリカ大統領トランプ夫妻は元号が令和に変わって初の国賓として来日した。2017年1月の大統領就任以来、安倍首相との会談は11回目となる。 重要な日米首脳会談では、貿易摩擦と北朝鮮問題について話し合ったが、会談での共同声明などの成果文書はなかったようだ。しかし...
クロスボーダー(越境)Eコマースの5年後、10年後... 作成 : (C) デジタルスタジオ multichannelmerchant に先日興味深い記事がありましたので紹介しようと思います。 クロスボーダーとは日本語では越境に翻訳され、Cross-Border Ecommerceは越境EC(電子商取引)としていろいろなニュースなどでも昨今使われて...
2017年、日本のEC市場はどこまで成長したのか?... 今回は、前回に引き続き、経済産業省「平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場の状況を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、16兆5,054億円。前年より9.1%増加したと発表されている。 各分野では物販系分...
EMS / ヤマト国際宅急便 料金・配送可能国の比較表... 海外向けネット通販の配送といえば郵便局でおなじみのEMSですが、6月1日にEMSの料金改定ということもあり、EMSとヤマト国際宅急便の配送可能な国を比較してみました。以外にもEMSは主要な国はカバーしているものの、中南米やアフリカ大陸といった地域になるとヤマト国際宅急便の方が網羅していることが分...
中国向けECトピック、なぜ現地価格より越境ECの方が安いのか?... お隣の国、中国の電子商取引の成長率だが米国を抜き現在は世界1位になっている。 市場としての魅力はもちろんだが、各国間の政治的関係悪化などで、大手企業を除いては、未だネットベースでのビジネスはほとんど進展がないもの事実だろう。 しかし、この数年で明らかになってきたことがある。それは現地進出し...
新型コロナ 「巣ごもり消費」で売上げがアップしてるもの... 新型コロナウイルス感染症拡大は、深刻な経済の悪化を招いており、実店舗での消費活動が大幅に減少している。 3月前半と3月後半では、さらに消費者の購買活動は後退している。そのよう中、活動が活発になっている業種もある。それは、オンラインショッピングである。 外出の自粛、リモートワーク、学校の休...

タグ: , , , , , , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ