Ver 0.2α版リリース 法人向け自社ECサイト導入へ

■0.2リリース 2月1日

本日、Live Commerce 0.2α版をリリースしました。本バージョンでは約50のバグ修正、5の新機能が加わりました。

今回のバージョンより法人向けの自社ECサイト構築に導入いただけます。

Live Commerce Ver0.2αダウンロード
http://www.live-commerce.com/download/

法人向けのFAQ

  • バグなく、正常に動作しますか?
    動作については、動作環境を満たしていれば問題なく動作いたします。
    バグについては、リリースからまだ約3ヶ月ということもあり、今後かなりのバグが報告されると思われますがソフトウェアの性質上バグを100%回避することは不可能かと思われます。むしろバグが報告されても、それを早い段階で改修しバージョン毎に改修版をリリースできる開発体制をとっておりますので、深刻なことにはならないと思われます。
  • このバージョンからECサイト構築ができるのでしょうか?
    このバージョンから自社ECサイトを構築する案件がある場合は、導入いただけます。サポートも提供しておりますので、不明な点がございましたらご連絡ください。
  • Live Commerceをサポートしているホームページ制作会社はありますか?
    本日時点は、まだありません。
  • Live Commerceをサポートしているホスティング会社はありますか?
    本日時点では、弊社のホスティングサービスのみとなります。
  • 非GPLとして利用したいのですが?
    個別に対応いたします。お問合せください。
  • オープンソースなので、不安があります。
    ロードマップと機能一覧をご覧いただければと思います。
  • EC-CUBE、osCommerce、Zencartのどれを選べばいいか分かりません。
    国内オープンソースの機能比較をご覧いただきご検討ください。
  • 開発案件があり、すぐにLive Commerceで新規ECサイトを構築したいのですが、どうすればいいですか?
    個別に対応いたします。お問合せください。

0.2αで追加された機能

以下の決済プラグインがLive Commerceに標準実装されました。
・PayPal決済プラグイン(クレジットカード決済)
・コンビニ決済プラグイン(株式会社電算システムとの協業)
・電子マネー決済プラグイン(株式会社ビットキャッシュとの協業)

※決済サービスをご利用になるにはLive Commerceのホームページよりログイン後、申込していただく必要があります。
https://www.live-commerce.com/manage1/account

以下の共通プラグインがLive Commerceストアより配布されました。
・メールマガジン配信プラグイン
・ダウンロード販売プラグイン

同時に、Live Commerceの導入促進として「Live Commerceストア」、「開発者向けプログラム」を公式サービスとして開始しました。

■Live Commerceストアとは?
Live Commerce周辺サービスの提供を目的としたオンラインストアです。
サポート、プラグイン、デザインテーマなどを今取り扱いします。Live Commerceのリリースと並行して今後サービスを拡充いたします。
http://www.live-commerce.com/manage1/

■開発者プログラムとは?
従来のオープンソースで開発者はハックする際に必ず自前で開発環境を用意する必要があります。

Live Commerceの開発環境も同様にApache、MySQL、PHP、Zend Frameworkが用意されたサーバが必要です。またその後にそれぞれのアプリケーションを設定して、Live Commerceをインストールしなければなりません。この作業は慣れたエンジニアでも数時間から半日はかかるでしょう。この作業の手間を全て省いたのが、「開発者プログラム」です。

開発プログラムに申込するだけで、Live Commerce開発用サイトをわずか5秒で立ち上げることができ、FTPアカウントも利用できるため、ファイルの編集をしたり、プラグインを新たに開発したりすることができます。また顧客用のECサイト構築の開発環境としても利用できます。開発者プログラムは年間5000円で6サイトまで立ち上げできます。
その他、制作ポートフォリオの掲載、制作者プロフォールの登録などが行えます。

開発者プログラム詳細
http://www.live-commerce.com/service/developer-program/

開発者プログラムに申込すると、Live Commerceのアカウントサービスがご利用いただけるようになります。
アカウントサービスとはLive Commerceを利用するユーザー向けに提供されるサービス管理画面です。Live Commerceストアで購入された商品履歴の管理、決済サービスの申し込み、開発環境の作成、制作会社向けとして制作ポートフォリオの掲載、制作会社プロフィールの作成、開発資料のダウンロードが行えます。

今後の予定
・Live Commerceが利用できるインフラ環境の強化
データセンター、ホスティング業者を対象にしたホスティングサーバの提供に取り組む予定。

Ver0.3αのリリース時期
2010年4月1日

Live Commerce本体の個別機能についてはロードマップをご覧ください。

関連する記事

Live Commerce2.3 アップデートのご案内 平素はデジタルスタジオのLive Commerce ホスティングサービスをご利用いただきありがとうございます。 Live Commerce2.3へのアップデートにつきましてご連絡させていただきます。   1) 2.3で改修されたバグ 改修されたバグや仕様変更につきましては、以下...
Discovery Japan サイトオープン 本日、Discovery Japan を公開しました。 Live Commerce で運営しているショップで、海外向けに販売している商品を集めたサイトです。 対象は外国人でコンテンツは英語です。 ユーザー参加型コンテンツ作成システムとなっており、ユーザー自身も自分で見つけた日本の商品を...
定期購入システムがリリース Live Commerce に新しい機能が追加されました。 定期購入のシステムです。 既に定期購入システムは他社のショッピングカートでもリリースされていますので、Live Commerceが提供する定期購入システムは何が違うのかを完結にまとめると、次の通りです。 英語、簡体字、繁体字で...
Live Commerce 今後のロードマップについて... Live Commerceでは「海外販売で新たな需要を掘り起こしたい」と考えている、海外志向の強い起業家や、社内ベンチャー、経営者を対象にした、海外販売を支援するためのEコマースプラットフォームとして2009年から開始したASPサービスも早4年が経過し、 英語のネットショップを持つ 言語...
EMS 国際スピード郵便プラグイン アップデート... 本日、EMS国際スピード郵便プラグイン アップデートをいたしました。 オープンソース版でご利用の方はアップデートを行ってください。 変更箇所 ロゴマークを変更  日本円以外の通貨によって正しく送料が計算されないバグを改修 ダウンロード...
中国決済の申し込み再開のお知らせ AURFYより決済接続障害により一時申し込みを停止しておりました中国決済でございますが、本日正式に申し込みの再開をいたしたので、ご案内させていただきます。 新しい中国決済は nihaopay に名称変更・サービスが移行され現在Live Commerceとの接続が完了しています。 ...
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック1件

  1. […] ECサイト構築の際の新たな選択肢として注目されている Live Commerce の Ver 0.2α版 がリリースされました。 >Ver 0.2α版リリース 法人向け自社ECサイト導入へ […]

コメントをどうぞ