« ブログのトップページに戻る

これを知らないと損しているかも知れない!ユーザービリティ原則3つ

   投稿者 : 2015年2月6日 By

image

アドビシステムは今年の2月2日に「Adobe Marketing Discovery」を発表した。
これは、消費者の購買行動におけるデジタルメディアの影響力に関する調査結果である。
それによると、テレビ・新聞などメディアを見て気になった商品情報をサイトで調べる消費者が88.3%あり、店頭で気になった商品があった場合に商品情報をサイトで調べるが52.3%。
今後、ますます企業サイト、スマホメディア、携帯メディアなどデジタルメディア情報提供が重要であることがわかる調査結果が発表された。

さらに“問題があるWEBサイト”が消費者行動に与えた影響では、問題があったサイトからの情報収集をやめた、商品購入を中止したという消費者が62.6%もあると報告している。
サイトを見て購入を中止した、または、情報収集をやめた消費者が62.6%もあると結果は期待に応えられていないサイト、使い勝手が悪いサイトでは購買に繋がらないということでもある。
今回は、この“使い勝手”つまりサイトユーザービリティ基本3原則についてを考えてみたい。
サイトユーザービリティは昔も今もそれほど変わるものではない。サイトユーザービリティとはサイトを訪れたユーザーがどれだけ快適に操作できるか、サイトがどれだけ使いやすくデザインされているかをいう。

デザインの統一性

下の図を見てみるとデザインが良いか悪いか、あくまでイメージによるものだが、サイト全体のデザイン印象が大事であることが分かる。
「シンプルでユーザーに分かりやすいデザイン」はサイトデザインの大前提である。

図01

 

スピード感、動作の速さ

ページの表示の速さは3秒が限界である。
ユーザーはページ表示2秒でいらいらし始め、その後「もういいや」となりあきらめ、離脱する。速く表示できるサイトは印象が良い。
グーグルが認める「速い」は約1.5秒である。

図02

 

セール中や保証など言葉の力

個人情報がしっかり守られているか、商品のわかりやすいセールスポイントなどが書かれているかなど、
ユーザーが商品を購入するとなった時、同じ商品でも有力なコピーは他店との差別化にもなる。

図03

今後はますます、アドビの調査結果が示すようにWEBサイト情報提供が重要あることが分かる。
サイトによる情報提供もユーザービリティをふまえてデザインしないと購入に結びつかないのだ。
リアル店舗で商品を見て、ECサイトで買い物をする。リアル店舗とサイト情報の連携が求められている。

企業のWebサイトなどデジタルメディアが消費者の購買行動に及ぼす影響が大きいことが判明

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.june)... 先週、6月7日(金)、東海、関東甲信、北陸、東北地方南部が一斉に梅雨入りした。6月は「水無月」とも呼ばれるが、「水無月」とは、”水の無い月”ではないらしい。 ”無”は”の”にあたり、意味的には”水の月”という事になる。6月の「水無月」は”水の月”という意味で、田に水を引いた光景を指している。 ...
独身デーに見る中国の最新Eコマース事情... 11月11日の「独身デー」は中国における一大ショッピングデーです。「1111」とシングルを表す1が4つ並ぶことから1990年代に中国の大学生の間で始まったイベントデーですが、中国最大のEコマース事業者アリババが、2009年に独身デーを「ネット販売の特売日にしよう」と決めたことで、最近ではあらゆる...
年末年始休業のお知らせ 平素はLive Commerceをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 年末年始の営業に関して、ご案内を申し上げます。 弊社は下記の期間、休業とさせていただきます。 休業期間中はサポートを休止させていただきます。 ご利用中のお客様には大変ご不便をおかけいたしますが、予めご了承い...
ECサイトのリピート率アップのためのポイント... 直営ECサイトを運営されている方なら、自社ユーザーを活性化させたい、リピーターによる売上げを上げるための施策を日々行っていることだろう。新規顧客を広告などにより集客した、獲得したまでは良いが、その後のリピート売上が伸びない、お客様に対してフォロー施策が重要と思いつつ、自社内に計画的に行われず、悩...
売れるスマホECサイトを作る10の法則 Googleは今年2015年4月21日から、Webサイトが「モバイル・フレンドリー」の状態であるかどうかを検索結果に反映させると発表した。これはスマホ対応されていないサイトやページは今後、検索上位になることは難しいことを意味する。 さらに、今後は自宅のパソコン利用より、スマホからのECサイト...
ボタンはしっかり目だつデザインを!ボタンデザインの原則3つ... ECサイトのデザイナーは、日々、サイトに訪れてくれたユーザーに、「申し込み」、「購入する」、「資料請求」など、ボタンを押していろいろアクションを起こしてほしいと考えデザインしている。Webデザイナーは、どうしたらコンバージョン率が高まるのかを日々考え・テストを繰り返し、デザインを検討している。私...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。