« ブログのトップページに戻る

ロードマップを更新しました

   投稿者 : 2011年3月9日 By

Live Commerce Ver1.2のリリース予定の内容をロードマップにアップいたしました。次回のリリースは今までで最も早く4月上旬を予定しますので、約1ヶ月後です。

大きな目玉となるのはプラグインのアップデートが管理画面からできるようになる点です。今まさに開発中で何もトラブル無ければスムーズに来月にリリースとなります。このプラグインは開発チームがバグや新機能を追加してSubversionのリポジトリにコミットすると、Live Commerceユーザーは管理画面にリアルタイムに反映され、アップデートプログラムを実行すると、簡単にできるようになります。下記スクリーンショットをご覧ください。

 

メールマガジンの強化
単なるメールが配信できる仕組みは他社でASPでやっていますので、当社が開発するのはメールマガジンを配信する事には変わりないですが、ECを100%連動させます。

連動と言う意味ですが、例えばECと連動していない場合を例にするとASPの場合は、まずメールリストをCSVで一括登録して、次にメールを作成して、配信というような形になります。慣れていなければこの作業1つで下手すると半日とかかかります。経営者としては非生産的な無駄な時間そのものです。私もこのような時間を毎日減らすことしか考えていませんから。

EC100%連動というのは、その名の通りですが配信コンテンツの作成のみという最小限の手間でメールが配信できます。
ASPのように機能をてんこ盛りにせずに、メール作成 → 即配信 という非常にシンプルな機能だけに絞り込みします。現状配布の物でも、予約配信や携帯配信、HTML対応などの最低限はカバーしていますのでご安心を。

徹底した自動化にこだわり、ある意味店長が何もしなくてもレビューが勝手に増える仕組みになるようにしたり、しばらく注文していないお客様にメールを送信して顧客離れを防いだりと、ネットショップとしては当たり前なんだけど実はなかった仕組みを実装します。業者に頼むとこれだけでウン十万とか請求されますよね。

最終系は、amazonのようにRFM分析された顧客セグメントにどんぴしゃりなメールを送る事だと思います。今回はここまではできませんが、最終系としては、この機能が実装されればメルマガ単体だけで売上の数%を稼ぎだす事ができる仕組みを作りたいですね。しかもほとんど店長は何もせずに。。

当社自身も顧客向けのメールマガジン配信ツールとして実は使っており、その運用で改善したい箇所と、最も意見の多かった「ちゃんと届いているのか」といった疑問に答える為に開封率を計測できる仕組みを実装した形で5月頃を目処にリリース予定です。

 

仕組みというキーワードを太字にしましたが、仕組みって大切ですよね。。。 
あなたが寝ている時間でも文句一つ言わずに働いてくれるんですから。

関連する記事

EMS配送プラグインをアップデートしました... EMS配送プラグインをアップデートしました。ご利用中の方はプラグインをダウンロード後、再有効化してください。 変更箇所  EMS配送の各種文言設定ができるように変更しました。 送料無料設定項目を追加しました。 為替変換に対応しました。   ダウンロード...
Live Commerce ホスティング開始! ホスティングサービスを開始しました。 詳細はこちら
Ver0.3 リリース予告 ハイライト 1月22日の0.2リリースから約2ヶ月間で約150のバグを修正したVer0.3 のリリースが近づいてきましたので、今回リリースするバージョン0.3の内容についてお知らせします。 リリースは4月1日 を予定しています。 コミュニティーへの感謝 まずはコミュニティーへ参加中のメンバー様によっ...
Live Commerce 公式Twitter始めました。 本日Live Commerceの公式Twitterを始めました。 主に、ブログと連動しながらTwitterではブログには書くまでもないような小さな更新情報をつぶやきたいと思います。またリリース情報や開発状況なども定期的に発信してきたいと思います。 フォローしていただけるTwitterユーザーの皆様...
越境ECセミナー開催のお知らせ@東京・神田... おそらく、このブログをお読みのあなたは、日本は人口減社会に突入し、国内だけのビジネスは「どう頑張っても売上が伸びない」という時代認識をお持ちだと察します。 そうした時代を読む力をお持ちですから、この大転換期を乗り越えるには、あなた、ひとりでも、大丈夫でしょう。 しかし、Live Commerc...
Discovery Japan 商品リスト広告が開始されました... Google ではおなじみですが、商品名の一部や、商品型番検索などをした時に商品画像と価格が同時に表示されることがあります。 これはGoogleが提供する商品リスト広告と言って、日本以外に世界中に配信することができるGoogleの広告商品です。 検索した時に、商品画像と価格が同時に表示さ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。