« ブログのトップページに戻る

拡大するモバイルコマース その最新トレンドは?

   投稿者 : 2014年9月16日 By

モバイルコマース写真

「モバイルコマース」とは、スマホやタブレット端末からのEコマース取引を表す用語です。2014年のモバイルコマースによる流通額はアメリカで500億ドル(約5兆円)、日本でも2兆円規模になると予測されています。
市場規模が、2011年時点のアメリカで79億ドル(約7,900億円)、日本で1.1兆円であったことを考えれば、いずれの市場も急速に拡大しています。特にアメリカでは数年前の予測をはるかに超えて急伸しています。
勢いの止まらないモバイルコマース、今回はその最新トレンドを5つご紹介しましょう。

1. モバイル対応のEメールデザイン&ウェブデザイン

モバイルコマースへの対応として、モバイル端末でも見やすいEメール(HTMLメールのこと。海外ではHTMLメールをモバイルで見る人も多い)、ウェブサイトにしておくことは必須です。モバイル端末では画面がサイズオーバーする、文字が小さすぎて見にくい、ボタンが小さすぎて押しにくい、といった不具合がないか、必ずチェックしましょう。

2. モバイルクーポンの発行

購入歴のある顧客や会員メンバーになっているモバイルユーザーに、メールでクーポンコードを送付する企業が増えています。クーポンコードはモバイルサイト、実店舗の両方で使えるものが多いようです。消費者心理として、クーポンをもらうと今買うべき商品がないか探しに行きたくなりますし、もともと欲しい商品がある場合はなおさら購入へとつながります。

3. モバイル専用アプリの導入

顧客がモバイル端末でショッピングをしやすいように、モバイル専用のアプリを配布する企業が増えています。ただし、専用アプリの開発コストがモバイルコマースによる利益を圧迫しないよう、ユーザーがコンバージョンまでスムーズに操作でき、早期に開発コストを回収できる設計を心がけましょう。

4. モバイル専用決済端末の増加

規模の大小にかかわらず、カード決済をする際に必要な、モバイル対応のカードリーダーを設置する店舗が増えています。スマホやタブレットといったモバイル端末と専用のカードリーダーを設置して、実店舗内であってもモバイル経由でカード決済を行うほうが、顧客と店舗の双方にとって便利だというのがその理由です。アマゾンで購入できる端末もありますから、実店舗を運営している方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

5. モバイルマーケティングはより個人重視に

モバイルマーケティングは、不特定多数のユーザーを対象としたものから、ターゲティングを重視したものに変わりつつあります。同じ流れとして、リーチのあったユーザーに購入を促したり、過去に購入履歴のあるユーザーにリピーターになってもらうよう働きかけたり、特定の消費者へのアプローチを継続的に行うようになってきています。こうしたマーケティングトレンドは、贔屓にしてくれるお客さまを大事にしたいと考える中小企業の理念にも適合していると言えそうです。

モバイル重視に今後も注目

モバイルを取り巻く環境は、日々刻々と変化しています。当初は実店舗から敬遠されがちだったモバイルも、手軽に持ち運べるという特性から、実店舗の販売戦略に活かそうとする企業が増えてきています。今後も定期的にモバイルコマースの現況を発信していきたいと思います。

参考:
8 Trends for Mobile Commerce in 2014

5 Trends That Are Shaping Mobile Commerce

関連する記事

海外への販売可能性の判定ができるシミュレーターをリリース... 越境ECに挑戦する全ての企業様へ 当社では本日、越境EC事業における販売可能性の判定を簡単に行えるツールをリリースしました。 https://www.live-commerce.com/simulator/ 海外向けに日本の商品を販売する前に、該当商品が海外で販売可能性があ...
観光庁がインバウンドで推進する「日本版DMO」って何?... 2017年はインバウンド旅行者数は2,869万人となった。日本政府は2020年、オリンピックイヤーでは、4000万人を目標としている。 充分に目標達成はされる数値であるが、政府は数値目標として、三大都市圏(埼玉、東京、千葉、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫の8都府県)以外の地方部へのインバウ...
ツイッターの最新機能Twitter CardsとBuy from Tweet... Eコマースの運営において、ツイッターのようなソーシャルメディアが欠かせないパートナであることを、もう皆さんは随分と意識されていることでしょう。しかし、いつも自社のサイトへのリンクに注目を注ごうと努力するのではなく、直接ソーシャルメディアで販売を行えないかと考えたことがありませんか?実際、お客さん...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.May)... 2018年も3分の1が過ぎ、5月に入った。5月といえば、「憲法記念日」、「みどりの日」、「こどもの日」。ゴールデンウィークは4月の「昭和の日」と合わせると最長で9連休という企業もあるだろう。 今月も最新の補助金、助成金情報をまとめてみた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資...
日本で売上No1の越境ECは? 日本の越境ECで売り上げナンバーワンはどんな企業かご存知だろうか?その企業は東京、京王線調布駅から徒歩数分のビルにある、「ビィ・フォアード」という会社だ。ビィ・フォアードは越境ECで「BE FORWARD.JP」を運営し、昨年度の年商は500億、従業員171人の日本の中古車を海外販売する会社...
モバイルアプリも登場、ビジュアル検索のメリットとは?... 「ビジュアル検索」とは、商品の画像を利用して、求めている商品そのものや、欲しいイメージに似た商品を探す手法である。 Eコマースでは、アパレル関連企業に限らず多くの業界から注目されている。PC向けのウェブサイトに導入されているだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルでは、内蔵カメラ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。