« ブログのトップページに戻る

拡大するモバイルコマース その最新トレンドは?

   投稿者 : 2014年9月16日 By

モバイルコマース写真

「モバイルコマース」とは、スマホやタブレット端末からのEコマース取引を表す用語です。2014年のモバイルコマースによる流通額はアメリカで500億ドル(約5兆円)、日本でも2兆円規模になると予測されています。
市場規模が、2011年時点のアメリカで79億ドル(約7,900億円)、日本で1.1兆円であったことを考えれば、いずれの市場も急速に拡大しています。特にアメリカでは数年前の予測をはるかに超えて急伸しています。
勢いの止まらないモバイルコマース、今回はその最新トレンドを5つご紹介しましょう。

1. モバイル対応のEメールデザイン&ウェブデザイン

モバイルコマースへの対応として、モバイル端末でも見やすいEメール(HTMLメールのこと。海外ではHTMLメールをモバイルで見る人も多い)、ウェブサイトにしておくことは必須です。モバイル端末では画面がサイズオーバーする、文字が小さすぎて見にくい、ボタンが小さすぎて押しにくい、といった不具合がないか、必ずチェックしましょう。

2. モバイルクーポンの発行

購入歴のある顧客や会員メンバーになっているモバイルユーザーに、メールでクーポンコードを送付する企業が増えています。クーポンコードはモバイルサイト、実店舗の両方で使えるものが多いようです。消費者心理として、クーポンをもらうと今買うべき商品がないか探しに行きたくなりますし、もともと欲しい商品がある場合はなおさら購入へとつながります。

3. モバイル専用アプリの導入

顧客がモバイル端末でショッピングをしやすいように、モバイル専用のアプリを配布する企業が増えています。ただし、専用アプリの開発コストがモバイルコマースによる利益を圧迫しないよう、ユーザーがコンバージョンまでスムーズに操作でき、早期に開発コストを回収できる設計を心がけましょう。

4. モバイル専用決済端末の増加

規模の大小にかかわらず、カード決済をする際に必要な、モバイル対応のカードリーダーを設置する店舗が増えています。スマホやタブレットといったモバイル端末と専用のカードリーダーを設置して、実店舗内であってもモバイル経由でカード決済を行うほうが、顧客と店舗の双方にとって便利だというのがその理由です。アマゾンで購入できる端末もありますから、実店舗を運営している方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

5. モバイルマーケティングはより個人重視に

モバイルマーケティングは、不特定多数のユーザーを対象としたものから、ターゲティングを重視したものに変わりつつあります。同じ流れとして、リーチのあったユーザーに購入を促したり、過去に購入履歴のあるユーザーにリピーターになってもらうよう働きかけたり、特定の消費者へのアプローチを継続的に行うようになってきています。こうしたマーケティングトレンドは、贔屓にしてくれるお客さまを大事にしたいと考える中小企業の理念にも適合していると言えそうです。

モバイル重視に今後も注目

モバイルを取り巻く環境は、日々刻々と変化しています。当初は実店舗から敬遠されがちだったモバイルも、手軽に持ち運べるという特性から、実店舗の販売戦略に活かそうとする企業が増えてきています。今後も定期的にモバイルコマースの現況を発信していきたいと思います。

参考:
8 Trends for Mobile Commerce in 2014

5 Trends That Are Shaping Mobile Commerce

関連する記事

すでに始まっている モバイルファーストインデックス... Googleのモバイルファーストの導入は、2018年になると予測されていたが、一部のサイトにおいては、すでに導入テストが開始されているようで、数ヶ月後には完全に移行するのではないかという推測もある。 モバイルファーストインデックスの概要については、以前のブログ「今更聞けないモバイルファース...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...
押さえておきたい! リスティング広告の基本... 「ECサイトショップの品揃えも充実してきたことだし、もっと集客率をのばし、売上をアップしたい!」または、「なにか商品広告を出したいけど。ECサイトの商品広告はバナー広告が王道かな?」といった方におススメなのがリスティング広告だ。 ECサイトは集客から販売までネット上で完結できるため、数値で管...
必見!Eコマースサイトのデザイントレンド... スマートフォンの普及により、Eコマースにおいては、モバイルを含むあらゆる端末からスムーズに閲覧できるサイトが増えつつある。今回はそうした流れを踏まえつつ、2015年のデザイントレンドを紹介する。 1. 必要な情報を隠す!? メニューアイコン サイトのナビゲーションのように、ウェブサイトにおい...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.June)... 補助金・助成金とは国や地方自治体が資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金は予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件があれば受給できる。 注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるというものではな...
ECユーザーはパソコンからスマホへ移行するのか?... 2014年の消費者向けEC(電子商取引)市場の規模は、前年度比14.6%増の12兆7970億円と経済産業省の市場調査の結果として発表された。 また、EC市場内訳は「物販系分野」で6兆8043億円、「旅行などサービス分野」で4兆4816億円、「オンラインゲームなどのデジタル分野」で1兆5111...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。