« ブログのトップページに戻る

‘Twitter’ タグのついている投稿

若者の購買行動には、SNSが大きく影響している

2019年12月11日 水曜日

タイトルイメージビジュアル

SNSは情報インフラとしてスマートフォンには欠かせないものとなった。極端なことを言えば、スマートフォンの利用で最も利用されているのは、電話やメールではなく、SNSかもしれない。
個人間の日常的な連絡はもとより、最新情報のチェックや時間潰しにSNSが使われるのが当たり前になってきている。
そして、今月5日、マーケティングリサーチの(株)アスマークは、SNSを週1回以上利用する20~49歳の男女を対象に、「若者のSNSに関する調査」の結果を公開した。この調査による分析では、『20代の女性はSNSを「美」と「飲食」に関するリサーチに積極的に活用している』と指摘している。
今回は、主要なSNSサービスの各利用状況や「若者のSNSに関する調査」からSNS利用による購買行動など紹介する。

(さらに…)

 

最新SNS利用状況とSNSインフルエンサー

2017年5月31日 水曜日

イメージ画像

Facebook、Twitter、Instagram、LINE、最近では新たにMastodon(マストドン)とSNS市場が賑わっている。
SNSの機能も日々進化しており、ユーザー数も日々増加しているようだ。新たな動きとしては、SNSインフルエンサーが注目されつつあるところだ。
今回は2017年4月時点で公開されている、主なSNSのユーザー数、新しく登場したMastodon(マストドン)やSNSインフルエンサーなどについて調べてみた。

(さらに…)

 

日本国内におけるSNSの世代別利用状況は?

2016年7月13日 水曜日

イメージ画像

総務省の「平成27年度版 情報通信白書」のSNSの利用率に見ると、国内利用率はLINE(37.5%) 、Facebook(35.3%)、Twitter(31.0%)、インスタグラム(6.0%)という下図のような結果となっている。
この統計内容の対象者は国内13歳以上の男女2000人で昨年2015年3月の調査によるもので、今回の結果を見ると、年代別では特に20代以下のSNSの利用率が高く、TwitterとInstagramの利用率が他の世代より特に高いことが示されている。

SNSの利用状況

今回は、この総務省発表のSNSの利用率を元に、主なSNS(Facebook・Twitter・Line・Instagram)の世代別利用状況を比較し、さらに今、日本の若者に流行の兆しが見える”Snapchat”についても見ていこう。 (さらに…)

 

Facebook VS Twitter 優れている広告はどっち?

2014年1月10日 金曜日

FacebookとTwitterが世界における2大ソーシャル・ネットワークであるというのは疑いのないところです。では企業にとって、どちらの方がより優れた広告ツールを提供しているのでしょうか?4つのカテゴリーごとに両者の広告を比較してみます。 (さらに…)

 

オンラインビジネスにおけるショートムービー活用術

2013年11月8日 金曜日

スマートフォン用の動画共有アプリが充実し、動画共有がますます身近になる今日このごろ。ECサイトをはじめ、オンラインビジネスでは、どんな風にショートムービーを活用すれば効果的なのでしょうか?Vineを使った例を参考に、ショートムービーのインパクトと活用法について考えます。

Vineのショートムービーとは?

まず、海外で大人気のVineとはどのようなアプリなのでしょうか?一番の特徴は、こま切れに撮影した動画を自動的につなぎ合わせて、まるでアニメーションのような動画を自動的に作成してくれるところです。
画面をタッチしている間だけ撮影でき、指を離すと撮影が一時停止、合計6秒間ですがアニメーション効果あふれるショートムービーを簡単に実現できるのです。しかも、作成された動画は自動的にループ再生されます。例えば、車の雪下ろしの様子を撮った、次の動画を見てください。

作業開始から完了までが見事6秒に凝縮されていますね!撮った動画はFacebookやTwitterにも連動投稿でき、ウェブサイトにも埋め込み可能です。6秒という制限がありながら(あるからこそ)撮影者の工夫次第で面白いショートムービーを作成できる可能性が広がるのです。

海外企業でのVine活用例 (さらに…)