« ブログのトップページに戻る

‘facebook’ タグのついている投稿

Facebook上でのEコマースをサポートするアプリ4選

2013年11月19日 火曜日

近頃、Facebook上で商品の売買ができるようになっていることをご存じでしょうか?国内でもカラーミーショップSocialGateWayなど、Facebookと連動した商品販売アプリが次々に登場し、参加企業も増えています。
そこで今回は、海外ECに利用できそうな4つのアプリをご紹介します。

1.Beetailer

すでにMagento、Amazon、Shopify、PrestaShopなどのショッピングサイトでオンラインストアを運営している場合、Beetailerを利用すれば、ストアサイトから商品情報を引き出し、Beetailerによって開設されたFacebookページに自動的にアップしてくれます。
商品表示ページはカスタマイズ可能で、一部の商品だけを見せたり、おすすめアイテムに「Featured」とタグを付けることもできます。

Beetailer

(さらに…)

 

これからのECマーケティング:レコメンデーションマーケティング

2013年9月12日 木曜日

情報に溢れたウェブ世界にすっかり疲弊されてしまった私たちは、無意識のうちに情報をフィルタリングするようになっています。その結果、旧来のECマーケティング戦略の多くが通用しなくなっています。では、私たちは一体どんな情報に耳を傾けているのでしょうか。現状を確認しながら、その対応策をご紹介します。

 

「何を言うか」でなく「誰が言うか」がモノを言う時代

(さらに…)

 

Webサービス・ECの海外展開における最適化戦略

2013年5月16日 木曜日

インターネット上のサービスは、日本に居ながら簡単に海外の方へリーチできるという素晴らしい特徴を持っています。しかしながら、海外展開というのは難しく、自国で上手くいっているものをそのまま海外へ展開するだけでは成功しないことが多いのです。

日本ではトップクラスの存在力を誇る楽天ですら、インドネシア、中国でパートナーシップを現地企業と結び、市場開拓を試みたが2回とも合併事業を解消という結果となっています。この結果には様々な理由が考えられ、ノウハウを持った楽天をもってしても成功するのは難しいことがわかります。今回はこの困難な海外展開において、まずは抑えておきたい必須の基本事項をご紹介します。

1.決済システム

日本ではキャリア決済、クレジット決済が普及しており、ネットでの買い物時に代引きや銀行振込をする方は徐々に減っています。 (さらに…)

 

feedbuy・cospa・Locari 最新のネットショッピング購買支援サービスでみる、新しいEコマースのかたち

2013年4月30日 火曜日

私たちがインターネット上で商品を買うタイミングは、買いたいものがはっきりしている時だけとは限りません。ソーシャルメディア上で友人がある商品について投稿(シェア)しているのを見かけて興味・関心を刺激され、購入したくなるということも少なくないでしょう。

今回は、最近リリースされたネットショッピングをより楽しくする購買支援サービスから、新しいEコマースのかたちをみていきます。

注目のネットショッピング購買支援サービス

ハイベロシティ「feedbuy」

業界初のオーディエンスコマース「Feedbuy」は、商品情報をFacebookやTwitterで投稿(フィード)するに従って価格が下落して行き、最大100%OFFにもなるというサービスです。

ユーザーにとっては興味ある商品の値段がリアルタイムで下がっていく楽しみ、お得に購入できるメリットがあります。販売主にとっては、ソーシャルメディア上の潜在見込ユーザーに商品をプロモーションできるメリットがあります。

売上をあげる目的より、ユーザーとのコミュニケーションの場をつくるために活用できそうです。2013年5月上旬頃にローンチ予定です。 (さらに…)

 

あり得ない… Facebookで2000万の広告費でどうやって10億も売上げたのか

2013年3月12日 火曜日

 

 

あり得ない。

PetFlow.comは$20000ドル(約2000万)の広告で$1,000万ドル(約10億)の売上をたたき出した。
広告費は売上高に対してわずか2%だ。

アメリカの話である。
PetFlow.comは スタートアップ企業でFacebookを自社サイトの集客エンジンにしている。しかし日本では(私の周りだけかもしれないが)ソーシャルメディアを活用してうまく言った事例など、メディアが報じているほどは聞いた事がなかった。
とにかく「いいね!」ボタンを押してもらう事にフォーカスしているようなサイトは多いものの、半強制的ともいうユーザーインターフェースによって押させたFacebookファンは一時的な集客にはなっても、ほとんどがECサイトに誘導してコンバージョンまで至ったという話は聞いた事がなかった。

Facebookで広告運用を手がけている担当者に聞いてみたい。

Facebook広告で”飛び抜けた”成功事例を聞いた事があるだろうか?

Facebookファンが自社サイトの売上に貢献していることを聞いた事があるあろうか?

Facebookユーザーはどういう写真に反応するのか具体的な事例を聞いた事があるだろうか?

 

この質問に反応したなら今日の記事は読むべきだ。 (さらに…)