« ブログのトップページに戻る

‘facebook’ タグのついている投稿

feedbuy・cospa・Locari 最新のネットショッピング購買支援サービスでみる、新しいEコマースのかたち

2013年4月30日 火曜日

私たちがインターネット上で商品を買うタイミングは、買いたいものがはっきりしている時だけとは限りません。ソーシャルメディア上で友人がある商品について投稿(シェア)しているのを見かけて興味・関心を刺激され、購入したくなるということも少なくないでしょう。

今回は、最近リリースされたネットショッピングをより楽しくする購買支援サービスから、新しいEコマースのかたちをみていきます。

注目のネットショッピング購買支援サービス

ハイベロシティ「feedbuy」

業界初のオーディエンスコマース「Feedbuy」は、商品情報をFacebookやTwitterで投稿(フィード)するに従って価格が下落して行き、最大100%OFFにもなるというサービスです。

ユーザーにとっては興味ある商品の値段がリアルタイムで下がっていく楽しみ、お得に購入できるメリットがあります。販売主にとっては、ソーシャルメディア上の潜在見込ユーザーに商品をプロモーションできるメリットがあります。

売上をあげる目的より、ユーザーとのコミュニケーションの場をつくるために活用できそうです。2013年5月上旬頃にローンチ予定です。 (さらに…)

 

あり得ない… Facebookで2000万の広告費でどうやって10億も売上げたのか

2013年3月12日 火曜日

 

 

あり得ない。

PetFlow.comは$20000ドル(約2000万)の広告で$1,000万ドル(約10億)の売上をたたき出した。
広告費は売上高に対してわずか2%だ。

アメリカの話である。
PetFlow.comは スタートアップ企業でFacebookを自社サイトの集客エンジンにしている。しかし日本では(私の周りだけかもしれないが)ソーシャルメディアを活用してうまく言った事例など、メディアが報じているほどは聞いた事がなかった。
とにかく「いいね!」ボタンを押してもらう事にフォーカスしているようなサイトは多いものの、半強制的ともいうユーザーインターフェースによって押させたFacebookファンは一時的な集客にはなっても、ほとんどがECサイトに誘導してコンバージョンまで至ったという話は聞いた事がなかった。

Facebookで広告運用を手がけている担当者に聞いてみたい。

Facebook広告で”飛び抜けた”成功事例を聞いた事があるだろうか?

Facebookファンが自社サイトの売上に貢献していることを聞いた事があるあろうか?

Facebookユーザーはどういう写真に反応するのか具体的な事例を聞いた事があるだろうか?

 

この質問に反応したなら今日の記事は読むべきだ。 (さらに…)

 

ソーシャルコマースを導入しましょう!

2012年4月12日 木曜日

先日リリースしたLive Commerce で構築したECサイトのソーシャルコマースサイトのオンラインデモをfacebookに公開いたしました。
Live Commerceをご利用の方は是非ご検討ください。物販サイトでなくてもソーシャルコマースは利用できます。
(例: 不動産、自動車、サービス業などにも向いています。)
 

そもそも何の為にソーシャルコマースはやるのでしょうか。今日はその疑問にお答えします。

facebookにはたくさんのユーザーがいます。現在は1,000万ユーザーを超えました。
このたくさんのユーザーに自社製品やサービスのファンになっていただくことができれば、まだ商品を購入した顧客でなくとも、facebookを活用して自然な形でファンへ自社商品をアピールすることができます。

イメージとしては、ファンは生徒、管理者は先生です。
まずは先生は生徒を集めることから始まります。

生徒を集めることができた先生は、次に生徒に必要な情報を与えます。

すると生徒は成長します。生徒が成長すると商品を買ってくれるかもしれません。もし商品を買ってもらえそうな場合、その初めての購入体験はfacebook上で展開されるEコマースになるでしょう。なぜなら生徒はfacebookで何かのアクションを起こすことに違和感がないからです。むしろ独自型のECサイトに誘導する方が違和感があるかもしれません。

イメージはこうです。

ソースシャルコマースの果たす役割は、最初の購入体験までになるでしょう。