« ブログのトップページに戻る

‘Eコマース’ タグのついている投稿

意外と高い 日本人の越境EC利用状況

2020年3月3日 火曜日

タイトルイメージ

株式会社ジャストシステムは、2月25日、セルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファスクアスク)」モニタのアンケート調査で『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)』を公表した。
その調査内容には、日本人消費者の海外ECサイト利用に関する調査内容も含まれていた。
今回は、このジャストシステムの調査から、日本人が海外のECサイトをどの程度利用し、海外のECサイトの情報をどこから得ているか、海外ECサイトの利用した際のトラブルなどのアンケート内容ついてまとめた。

(さらに…)

 

ECサイトに必須のEC接客機能とは

2020年2月4日 火曜日

タイトルイメージ画像

ECサイトの機能で接客機能で代表的なものは何か、ご存知でしょうか?
「この商品を買った人は、こちらの◯◯も買っています」など、訪問ユーザーへお薦め商品情報を提案するレコメンド機能がそれにあたります。
「レコメンドエンジン」はウェブ上の接客と言われ、訪問者の購買や行動履歴に基づき、ユーザーが望むだろう情報を提供し、ECサイトの売り上げを上げたい、サイト訪問者の滞在時間を増やしたい、PV数を増やしたいなど、効果絶大な機能である。
今回は、このレコメンド機能の種類、メリット、デメリットなど整理した。

(さらに…)

 

小売の巨人ウォルマート 快進撃の裏にある様々な挑戦

2020年1月22日 水曜日

イメージ画像

日本経済新聞によると、アメリカ小売企業ウォルマートの2019年8月〜10月の決算は、純利益92%増の32億8800万ドル(約3600億円)と発表された。成長分野のネット販売の売り上げが、41%増と安定、拡大した結果とされている。
ウォルマートは世界最大の小売り企業である。ネット販売では米Amazonとは大差があるが、実店舗ではAmazonはウォルマートには敵わない。
そして、ウォルマートのネット販売が好調なのは、これまでウォルマートが実施してきた、様々な取り組みの成果と言えるだろう。
今回は、この世界最大の小売企業ウォルマートの実店舗を最大の武器とした、Amazonおも凌駕しそうなその取り組みについて見ていこう。

(さらに…)

 

アメリカのEコマース 「DtoC」事情

2019年11月27日 水曜日

タイトルイメージ

今週金曜日、11月29日より、アメリカ、ヨーロッパでは「ブラックフライデー」が開催され、続く12月2日(月)からは「サイバーマンデー」と、いよいよ、欧米では2019年の年末商戦へと突入する。
今年の年末商戦は「長期化」と「EC化」が特徴とされ、セールは長期化し、実店舗に足を運ぶ人は減少し、ECサイトで買い物する人が増えるだろうと予測されている。
特に、Amazonはじめ、Eコマース事業者は今年最後の「サイバーマンデー」に注力しているようだ。
アメリカは中国に次ぐ、世界第2位のEC大国である。2018年のアメリカECアメリカEC市場売上額は5,045憶米ドル(約55兆円)と日本(約18兆円)の約3倍である。
そして、今年2019年のアメリカECのトレンドは「DtoC(D2C)」の台頭と言えるだろう。
アメリカの「ECommerce Times」でも、「「DtoC」ビジネスは増加しており、今後は、「DtoC」つまり、消費者との直接取引は強化されるだろう、としている。
今回はこのアメリカEC市場と「DtoC」事例などについて見ていこう。

(さらに…)

 

ECサイトに消費者が求めるものとは

2019年11月5日 火曜日

 

タイトルイメージ画像

2018年のEC(BtoC)市場規模は17兆9,845億円だった。その中で物販系部門は9兆2,992億円であり、前年比8.12%と伸長率は高い割合となっている。
物販系部門とは、「衣類・服装雑貨」、「生活家電・AV 機器」、「雑貨、家具、」、「書籍、映像・音楽ソフト」、「食品、飲料、酒類」である。
この部門で、EC市場規模が高いのは、「衣類・服装雑貨」の1兆7,728億円である。
また、9月に物販系を中心にした2019年版、EC売上高ランキングTOP30が通販新聞より公表された。
トップは相変わらず、Amazonが独走しており、検討したのが2位のヨドバシカメラであった。
また、10月2日には博報堂買物研究所から支持される「買物チャネル」についての調査動向も公開された。今回は、最新ECサイト売り上げランキングや、消費者がECサイトに求めるものなどをまとめた。

(さらに…)