« ブログのトップページに戻る

‘中国越境EC’ タグのついている投稿

過去最多! 海外に出かける”中国の春節2018”

2018年2月20日 火曜日

イメージ画像

先週2月16日から中国では春節の大型連休が始まっている。
春節というのは日本でいう旧暦の正月である。 オンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)などの発表によると、春節の大型連休を利用して海外に旅行する中国人が2017年より約6%も多く、その人数は650万人を上回る過去最多になると予測している。
中国人の海外旅行といえば、観光客の「爆買い」を連想するが、今年は例年と違った傾向にあるようだ。今年は「爆輸入」、つまり観光客は買い物は越境ECで行い、これまでのような「爆買い」は減速傾向となっているとしている。 今回はこの中国人観光客の春節と越境ECの利用など、その傾向を見てみよう。

(さらに…)

 

中国人旅行者の4割は訪日後、越境ECを利用している

2018年1月16日 火曜日

イメージ画像

昨年12月12日、日本貿易振興機構(ジェトロ)が「中国の消費者の日本製品等意識調査」公表した。
報告書よると、中国の越境ECで日本の商品をを購入した経験が「ある」と回答した割合は67.7%と前回調査と比べて1.1ポイント上昇しており、越境EC利用者数は高い値で推移していることがわかった。
また、越境ECで購入する理由については、「日本へ旅行した時で購入して気に入ったから」が4割を占め、インバウンドと越境ECの関係が明らかになってきている。
今回は日本貿易振興機構の「中国消費者の日本製品等意識調査」を中心に中国の越境ECの現況などを見ていこう。

(さらに…)

 

中国”独身の日” 越境ECでは日本がトップ

2017年12月5日 火曜日

イメージ画像

先月11月11日「独身の日」は、中国ネット販売を行っている企業が特売セールを行う商戦日だった。中国最大のECサイトのアリババグループは「独身の日」の1日の取扱い高を発表した。扱い高は過去最高の1,682億元、日本円にして約2兆8,594億円と昨年の記録をまた更新した。
米ブルームバーグ社はこの独身の日を評し、アメリカの大規模セール「ブラックマンデー」、「サイバーマンデー」も後塵を拝する中国市場の好調と、この「独身の日・ダブル11」は、今や世界的なショッピングイベントに成長したとしている。
今回はこの「2017年11月11日・独身の日」の概要と越境ECはどうだったのか、など見て行こう。

(さらに…)

 

活況する中国越境ECの今

2017年11月13日 月曜日

イメージ画像

先週、中国のECサイトが一斉にセールを行う11月11日「独身の日」は中国のショッピングサイトでは最大の商戦日だった。 中国最大手のアリババグループはこの11月11日、1日だけで、昨年は約2兆500億円の取引額(売り上げ)をあげている。今年はどのくらいの取引額があったのだろう?
また、中国のECサイト、さらに越境ECモールもこの日はセール、特売日として活況の1日だった。
2016年の独身の日では、Tmallの日本越境ECがアメリカ越境ECの売り上げを抜き1位となった年でもある。このTmallグローバルでもっとも売り上げが大きかった日本の店舗は「ムーニー旗艦店」で商品は「ムーニー紙おむつL54枚入り」でこの日だけの販売個数は60万個を上回った。
今回は、9月に発表された、中国の調査会社iiMedia Researchの調査結果などを基に、最新の中国越境EC市場などについて見て行こう。

(さらに…)

 

中国最大のチャットアプリ WeChatのすごすぎる機能

2017年10月19日 木曜日

イメージ画像

世界最大級の無料チャットアプリと聞いて思い浮かぶのは、日本だとLINEとなるが、アメリカだとMessengerやWhatsApp、韓国ではカカオトークなどとなるが、登録アカウント数が11億人、月間アクティブユーザー数5億4,900万人という中国のWeChatというアプリをご存知だろうか。
LINEの月間アクティブユーザーが6,800万人と比較するとその大きさは8倍以上である。ちなみに世界最大の無料チャットアプリはFacebook傘下のWhatsAppで、月間アクティブユーザーは数は10億と発表されている。
今回は、昨年6月にも概略紹介しているが、中国SNS「WeChat」について、その機能や活用法について詳しく調べてみた。

(さらに…)