« ブログのトップページに戻る

‘スマートフォン’ タグのついている投稿

2016年、日本のEC市場はどうだった?

2017年5月8日 月曜日

イメージ画像

今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。
報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。
各分野では物販系分野で8兆43億円、前年比で10.6%の伸び、サービス系分野は5兆3,532億円、伸び率は9.2%、デジタル系分野で1兆7,782億円で伸び率は8.9%で、物販系分野(ファッション、食品、家電、書籍など)が大きく伸長している。
この伸長の背景にはEC化率やスマートフォンユーザーの伸びが大きく関係している。
今回は2016年、国内EC市場のEC化率、スマートフォンユーザーの動向などについて見ていこう。

(さらに…)

 

今さら聞けないモバイル ファースト インデックスとは?

2017年3月1日 水曜日

イメージ画像

昨年11月、Googleはモバイル ファースト インデックスのテストを開始したと発表した。本年、早々にでもこのモバイル ファースト インデックスが開始されるだろうと言われており、そのためかどうか、最近はGoogle検索の順位が日々変化しているとの指摘もある。
今回はこの検索結果の順位を大きく変化することにもなる「モバイル ファースト インデックス」について見ていこう。

(さらに…)

 

EコマースとMコマースの違いとは?

2017年1月10日 火曜日

イメージ画像

最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。
各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC(Eコマース)と最近はインターネットに接続に関わらずいつでもどこでも購入できる携帯を使った便利なMC(Mコマース)の人気が高まっている。
そこで、今回は、このECとMCではどのように違うのか改めて調べてみた。 (さらに…)

 

スマートフォン広告は効率よく集客できる?

2016年11月15日 火曜日

イメージ画像

インターネット広告の主流はパソコン型広告からスマートフォン広告にシフトした。
スマートフォンはパソコンや他のメディアに比べて占用率が高く、常に自分の半径1m以内にあり24時間365日、そばにあるデバイスで、デバイスへのプッシュ通知でユーザーへ情報を通知できる。
今回は今、広告媒体として注目を集めているスマートフォン広告の特徴と可能性について見ていこう。 (さらに…)

 

中国を代表するSNS WeChatとWeiboとは?

2016年8月24日 水曜日

イメージ画像

中国は独特のインターネット環境になっており、GoogleやFacebook、Twitter、LINEなどに対するアクセス制限がかかっていて、 使用することができない。世界の多くの人が利用しているSNSサービスも中国政府の検閲によりアクセスができないという現実がある。例えば、中国のユーザーに向け、 日本のサーバー上に中国語翻訳されたページを設置しても、中国の検索エンジン「Baidu」には表示されない場合が多いのだ。そこで、中国向け情報発信として利用をお勧めするのがWeChatとWeiboでアカウントを取得し、運営するといった方法だ。
今回は中国で利用されている2大SNS「WeChat」と「Weibo」について調べてみた。 (さらに…)