« ブログのトップページに戻る

‘コマース’ タグのついている投稿

ファッションECの新潮流!ユーズドマーケットの概念を覆す2つのEC。

2013年5月10日 金曜日

Eコマースの中で、最も活気があるのがファッション分野です。数々のファッションECが出現する中、最近、ユニークなサービスが2つローンチしました。今回は、ユーズドマーケットに新たなコンセプトを打ち出した「MATERIAL WRLD」と「LOVVD」をみてみましょう。

MATERIAL WRLD

MATERIAL WRLDは、ファッショニスタのクローゼットの中身を、売買できるオンラインコミュニティサイトです。ファッションの最前線を行くテイストメーカーが、使用しなくなったアイテムを適正価格で売り、ファッション好きの女性が憧れのテイストメーカーの商品を買うというサービスです。昨年秋にβ版がスタートし、この春、正式ローンチしました。 (さらに…)

 

「ショールーミング」に象徴されるAmazonの強み、それに打ち勝つEC戦略とは?

2013年5月9日 木曜日

ネットで商品を購入する前に、実店舗で商品や価格を確認する行動を「ショールーミング」といいます。この「ショールーミング」、実際に私たちも行っていますよね?この行動が、アメリカで流行っていて、小売店がAmazonに脅威を抱いているといいます。(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37263)

なぜ私たちは「ショールーミング」を行うのか、そして、なぜ私たちがAmazonで購入することを選択するのかを、評価されているAmazonのサービスを知る、さらにAmazonとは戦わずしてEコマースで成功を収める事例を見ながら、Eコマース運営のヒントを見つけましょう。

Amazonアプリが「ショールーミング」を後押し

私たちが「ショールーミング」を行う理由、それはEコマースサイトでは分からない商品情報の入手でしょう。「ショールーミング」の後は、どこよりも安く、即座に商品を届けて欲しいと思うのが消費者の常です。スマートフォンのAmazonアプリを起動し、商品名やバーコードで簡単に目当ての商品を検索します。

レビューを読み、1-Click注文で購入は完了。先日、ヤマダ電機が「打倒アマゾン!」を打ち出したように、この一連の流れに小売店が脅威を覚えないはずはないでしょう。

Amazonが選ばれる3つの理由 (さらに…)

 

モバイルECプラットフォームの特徴でみる、今後のモバイルEC像について

2013年5月7日 火曜日

MM総研の調べによると、2014年度にはスマートフォン出荷台数比率が8割を超え、スマートフォン契約数がフューチャーフォン契約数を超えます。モバイルECに影響を与えるのは確実となりそうです。これまでEコマースサイトを起ち上げるにはPCサイトからというのが普通でしたが、今後はむしろモバイルサイトしか持たないというEコマースサイトも増えていくでしょう。

今回は、モバイルECのプラットフォームサービスの紹介とあわせ、今後のモバイルEC像についてみていきます。

主なモバイルECプラットフォーム

Origami

Origamiは、ブランドやショップ、人をフォローすることで「いいね!」や「シェア」で最新情報を得られ、気に入った商品はタップひとつで「購入」できます。MAP機能では、周辺の登録店舗を探すことができ、チェックインしたり、フォローしている自分と趣味の近いユーザーを見つけたりすることが可能です。

またチェックイン情報は、ショップアカウントにリンクされているので、チェックイン情報をみた友人が、そのショップをフォローしたり商品を購入したりすることもできます。まさにオンラインとオフラインを繋ぐ新しいモバイルECプラットフォームです。 (さらに…)

 

ソーシャルコマースを導入しましょう!

2012年4月12日 木曜日

先日リリースしたLive Commerce で構築したECサイトのソーシャルコマースサイトのオンラインデモをfacebookに公開いたしました。
Live Commerceをご利用の方は是非ご検討ください。物販サイトでなくてもソーシャルコマースは利用できます。
(例: 不動産、自動車、サービス業などにも向いています。)
 

そもそも何の為にソーシャルコマースはやるのでしょうか。今日はその疑問にお答えします。

facebookにはたくさんのユーザーがいます。現在は1,000万ユーザーを超えました。
このたくさんのユーザーに自社製品やサービスのファンになっていただくことができれば、まだ商品を購入した顧客でなくとも、facebookを活用して自然な形でファンへ自社商品をアピールすることができます。

イメージとしては、ファンは生徒、管理者は先生です。
まずは先生は生徒を集めることから始まります。

生徒を集めることができた先生は、次に生徒に必要な情報を与えます。

すると生徒は成長します。生徒が成長すると商品を買ってくれるかもしれません。もし商品を買ってもらえそうな場合、その初めての購入体験はfacebook上で展開されるEコマースになるでしょう。なぜなら生徒はfacebookで何かのアクションを起こすことに違和感がないからです。むしろ独自型のECサイトに誘導する方が違和感があるかもしれません。

イメージはこうです。

ソースシャルコマースの果たす役割は、最初の購入体験までになるでしょう。