2020 スマートフォンの利用実態とSNSマーケティングのポイント

タイトルイメージ

2020年の総務省のインターネット利用調査によれば、2019年時点でインターネットの人口普及率は89.8%に上昇、利用者人口は1億815万人と公表されている。
ほぼ90%に迫るところまで、日本のインターネットは普及し、若者から高齢者まで広い世代で利用者は拡大し、今後はさらに高い水準で伸長が予想されている。
また、端末の利用動向についても、ここ数年、スマートフォンの利用が急激に拡大し、さらに、スマホアプリにおいては、SNSアプリの利用が2020年時点で80%に達する見込みだと言う。
今後は、企業はどのSNSを活用し、どのような情報を発信して行くかが、成長戦略の鍵と言われている。
今回はスマートフォンの最新の利用動向から、SNSマーケティングのポイントについて見ていこう。

インターネットの利用率

インターネットの端末別利用状況

インターネットをどのような端末で利用しているかを調べた内容によると、インターネットの利用において、スマートフォンは、2017年以降パソコンの利用を上回り、2019年ではスマートフォンは63.3%、パソコンは50.4%、タブレットは23.2%で、時代は完全にスマートフォン中心の時代になった。
企業は事業のマーケティングの中心をスマートフォンを軸とした、コンテンツやサービスを展開しなければならない。

インターネット端末利用

2020年スマートフォン調査の利用調査

スマートフォンの利用時間など実態はどうなっているのだろうか?
2020年9月14日、株式会社クロス・マーケティングは一都三県(東京、埼玉、千葉、神奈川)の15~49歳の男女1400人を対象に「スマートフォンの利用実態調査」を公表した。
下の画像は、男女別、世代間(15歳から30代以上)のスマートフォンの利用時間についての男女の統計結果である。
スマートフォンの利用時間を見ると、男性の15歳〜19歳では2時間から3時間未満が18%で最も多い。また、20歳〜24歳では3時間から4時間が18%と最も多く、24歳〜29歳では3時間から4時間が23%、30代以上では2時間から3時間未満が24.8%と最も多くなっている。
女性では、15歳〜19歳では3時間から4時間未満が16%、20歳〜24歳では5時間から6時間未満が19%、24歳〜29歳が4時間から5時間未満が23%と最も多い。
スマートフォンの利用時間は若年層ほど利用時間が長くなる傾向があり、平均利用時間は3時間から4時間と利用時間はかなり長くなっている。
スマートフォンの利用時間の多い若い世代が、今後はますます増加することが考えられる。

スマートフォンでよく使うアプリは何か?

MMD研究所が2020年2月に公表した「スマートフォンで最もよく利用するアプリ」について調査結果よると、トップは「SNS」が28.7%。次いで「動画」の26.3%、「コミュニケーション」の25.8%、「ゲーム」の23.3%、「天気」アプリの18.8%の順である。
「SNS」はアプリの中で今や最も利用されているアプリなのである。

スマートフォンでよく利用するアプリ

さらに、スマートフォンのアプリ「SNS」と「コミュニケーション」アプリを利用していると回答した人に、よく利用するアプリは何かを尋ねたところ、「LINE」が89.5%が最も多く、次いで「Twitter」の55.7%。さらに「Instagram」の40.9%がそれに続いた。
また、2018年の同様の調査と比較すると、「LINE」は3.4ポイント減少しており、「Twitter」も0.5ポイント減少、「Facebook」においても6.0ポイント減少している。
増加しているのは、「Instagram」の2.1ポイント増となっている。

SNSアプリの年代別利用度

SNSマーケティングのメリット、強みとは

スマートフォン利用者は、世代を問わず、何かしらのSNSを利用しており、企業はこのSNSアプリ、「LINE」、「Instagram」、「Twitter」、「Facebook」などを中心にマーケティングとしての活用つまり、「SNSマーケティング」を重要視している。

「SNSマーケティング」とは、「LINE」、「Instagram」、「Twitter」などソーシャルメディアを活用し、商品の認知や販売を促進し、さらにブランドの向上や顧客とのエンゲージメントを施策することである。
SNSマーケティングを実施することのメリットは、商品やサービスの「情報収集」「商品購入」「リピート」「シェア」など、新規顧客を獲得し、顧客エンゲージメントを高めることができる。
SNSマーケティングの1番の強みは、SNSのシェア機能による情報の拡散、認知度向上が大きい。
そして、認知のみではなく、企業の世界観を伝えるブランディングや、さらにユーザーと直接、SNSでのコミュニケーションをとることにより、ロイヤリティの向上が期待できる。
そして、「SNSマーケティング」に重要なのは、SNSのメディア、「LINE」、「Instagram」、「Twitter」、「Facebook」などのメディア特性を知り、ユーザー層の使いわけによる情報発信、コミュニケーションがポイントとなる。

商品やサービスの購入に影響しているSNSは何か?

Macbee Planetが行った「SNSマーケティングにおける消費者の意識調査 」によると、Twitter、YouTube、Instagram、その他、計4つのSNSの投稿のうち、購入の動機になったと答えた人の割合が最も高かったのは「YouTube」の動画投稿となっている。
10~20代においては、「Instagram」が購入の動機になった人の割合が約6割近くになった。

SNSメディ別影響度

また、「YouTube」などの動画による投稿は、企業においては重要項目となっている。
下の画像は、ガイアックス(Gaiax)が2020年3月に公表した、企業のSNS担当者150名アンケートでの調査報告だが、今後、最も注力したいSNSについて尋ねたところ、トップが「Instagram」、次に「Twitter」、さらに「YouTube」が上位で、「YouTube」が50社から回答を得ており、企業のSNS担当者において、今後、最も注目すべきSNSは「YouTube」などの動画配信と述べている。
これから始まる5Gの時代、「YouTube」や「TikTok」、「Reals」といった動画によるコンテンツを活用したSNSマーケティングが盛んに行われることだろう。

今後注目されるSNS

まとめ

インターネットの利用人口増加、スマートフォンの利用者の増加と同様に、国内の大半のユーザーが利用しているSNSアプリ。
そして、SNSは企業のマーケティングツールとしても欠かせない存在となっている。
SNSはコミュニケーションツールから情報収集ツール、そして、ライブ配信、動画投稿の時代に入り、さらに、このコロナ禍においてEC機能も追加され、進化しようとしている。
企業のSNSの運用においては、SNSの普及、拡大と同時にユーザーリテラシーも向上しているため、より質の高い情報配信が求められる時代になった。

参考:

関連する記事

若者の購買行動には、SNSが大きく影響している... SNSは情報インフラとしてスマートフォンには欠かせないものとなった。極端なことを言えば、スマートフォンの利用で最も利用されているのは、電話やメールではなく、SNSかもしれない。 個人間の日常的な連絡はもとより、最新情報のチェックや時間潰しにSNSが使われるのが当たり前になってきている。 ...
中国新興EC「拼多多」にみる新時代のマーケティング戦略とは... 新型コロナ禍が沈静化しつつある中国では、既に経済活動が回復しつつある。中国は第二波の感染拡大を最小限に抑えるために鎖国状態による厳格な対策が取られている。 そのような中、今、コロナ禍によるオフライン消費からオンライン消費への一層の移転が進行している。特に生鮮食品のオンライン販売が大きく伸び...
Instagramの新しいEC機能「Shops」とは 昨年のジャストシステムの調査では、Instagramはファッション系の情報検索がGoogleの検索利用率を上回ると言う結果が公表された。あの世界の巨大検索プラットフォーム、GoogleがSNSの一つであるInstagramに抜かれたのだ。 これは、スマートフォンユーザーに対して調査を実施し...
Facebook ビジネスページで0から10,000人以上のファンを獲得する方法(ケーススタディー)... Facebookって、ビジネスをする以上、そのビジネスにどれほどのファンがいるのかを図る簡単な指標になっていますよね。 ただ、Facebookのファン数は有名人でもないかぎり数万、数十万人に増やすことができないのでは? 私はそのように感じていました。 というのも、当社も Live ...
ユーザーの高い利用率 「YouTube」の強み... 昨年12月19日、ニールセン デジタル株式会社はスマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView) 」のデータをもとに、2019年の日本国内のトータルデジタルとスマートフォンのインターネットサービスの利用ランキング、「Tops of ...

タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ