« ブログのトップページに戻る

海外への販売可能性の判定ができるシミュレーターをリリース

   投稿者 : 2018年8月1日 By

越境ECに挑戦する全ての企業様へ

当社では本日、越境EC事業における販売可能性の判定を簡単に行えるツールをリリースしました。

https://www.live-commerce.com/simulator/

海外向けに日本の商品を販売する前に、該当商品が海外で販売可能性があるかどうか、簡易なシミュレーションを行うことができるツールです。

従来、当社サポート担当や営業担当では客先にて「この商品は海外で売れそうですか?」この質問に対して答えることが非常に難しかったのです。海外に売れるかどうかは商品の特性、それを売るマーケターの資質、マーケティングの予算等々、さまざまな事業変数によって変わってきます。

そこで、私が10年間の商談経験を元に、またDiscovery Japan Mallという自社モールで売れた商品から海外販売の可能性のある商品の判定基準を「JANコードあり・なし」でこれから検討されるお客様には分かるようにしました。

単純にJANコードがあれば 「売れます。」との回答になり、JANコードがなければ 「売れる可能性はかなり低いです。」との回答になるようなシミュレーションができるようになっています。

「JANコードをまだとっていないと売れないのか?」

この質問については、結論から言うと今までの案件の事例からですと、失敗に終わったケースがほとんです。つまり、海外販売には不向きです。その理由は次の通りです。

なぜJANコードなのか?

JANコードというのは、大手流通小売チェーンで扱っている商品であれば、ほとんどの商品がそれに該当します。JANコードはバーコードに記載された13桁の番号です。

JANコード付きの商品は、小売店や楽天・Amazonのオンラインモールでも必ず販売されます。一方、JANコードが付与されていない商品は小売店や楽天・Amazonのオンラインモールで販売されていることは珍しく、ほとんどがプライベート商品、独自ブランド商品、工芸品、民芸品、地産品などになってきます。これらの商品群は地方に特化した商品であることが特徴的で、大手小売チェーン店ではあまり流通していません。したがって、私達日本人ですら検索することが困難です。伝統工芸品はこの部類に該当し、極めて海外販売が難しい(不可能に近い)商品であることが、今までの事例で明らかになってきています。

私達が知らない商品は外国人に売ることど無理

というのが、当社の主張であり、事業投資に対するレバレッジが低いと判断しています。むしろ、そうした商品は国内の流注チャンネルを使って、国内通販をまずはしっかりと固めることを推奨しています。

シミュレータはこちらで公開していますので、ご活用ください。

関連する記事

越境EC Amazon US活用のメリットとデメリット... 2018年5月、経済産業省が発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、2017年における日本からアメリカ向けの越境EC規模は前年比15.8%増の7128億円。 日本から中国への越境EC規模は、同25.2%の1兆2978億円。アメリカと中国の合計は前年比21.7%増の2兆106億円とな...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.July)... 今年も6ヶ月が過ぎ、7月、1年の後半に入る。すでに関東・甲信越地方では梅雨が明けた。7月の前半は雨の日が続くが、徐々に安定し猛暑日が続くと予想されている。 今月も補助金・助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金...
中国の「インターネット安全法」は越境ECにどう影響する?... 越境EC事業者ならご承知のことと思うが、中国ではGoogle検索はもちろん、Facebook, YouTube,Twitter,LINEも使えない厳しい情報規制が敷かれている。そして、新たに2017年6月1日より、ネットに関する新しい法律「インターネット安全法」が施行された。 この法律は中...
中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは... 昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。 その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tm...
日本で買った商品の6割以上が帰国後、再購入されている... 今週10月1日から8日まで、中国の国慶節(日本の建国記念日)、祝日による大型連休があり、日本へ多くの中国人観光客が訪れ、その動向はメディアなどでも紹介されている。 中国人観光客は2015年のような爆買いは見られないものの、多くの中国人が日本各地を観光し、お土産を買い、祝日を満喫しているよう...
ヨーロッパの関税、税金について 今やスマートフォンで海外サイトのショッピングを楽しめる時代だ。下記の図はヨーロッパEU国内と国外との取引を比較したものだが、確実にクロスボーダー(海外オンラインショッピング)の割合が増加している。 ヨーロッパ国外及び国内においてはヨーロッパ国外の商品を確実に購入する消費者が増加している。 ...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。