« ブログのトップページに戻る

海外への販売可能性の判定ができるシミュレーターをリリース

   投稿者 : 2018年8月1日 By

越境ECに挑戦する全ての企業様へ

当社では本日、越境EC事業における販売可能性の判定を簡単に行えるツールをリリースしました。

https://www.live-commerce.com/simulator/

海外向けに日本の商品を販売する前に、該当商品が海外で販売可能性があるかどうか、簡易なシミュレーションを行うことができるツールです。

従来、当社サポート担当や営業担当では客先にて「この商品は海外で売れそうですか?」この質問に対して答えることが非常に難しかったのです。海外に売れるかどうかは商品の特性、それを売るマーケターの資質、マーケティングの予算等々、さまざまな事業変数によって変わってきます。

そこで、私が10年間の商談経験を元に、またDiscovery Japan Mallという自社モールで売れた商品から海外販売の可能性のある商品の判定基準を「JANコードあり・なし」でこれから検討されるお客様には分かるようにしました。

単純にJANコードがあれば 「売れます。」との回答になり、JANコードがなければ 「売れる可能性はかなり低いです。」との回答になるようなシミュレーションができるようになっています。

「JANコードをまだとっていないと売れないのか?」

この質問については、結論から言うと今までの案件の事例からですと、失敗に終わったケースがほとんです。つまり、海外販売には不向きです。その理由は次の通りです。

なぜJANコードなのか?

JANコードというのは、大手流通小売チェーンで扱っている商品であれば、ほとんどの商品がそれに該当します。JANコードはバーコードに記載された13桁の番号です。

JANコード付きの商品は、小売店や楽天・Amazonのオンラインモールでも必ず販売されます。一方、JANコードが付与されていない商品は小売店や楽天・Amazonのオンラインモールで販売されていることは珍しく、ほとんどがプライベート商品、独自ブランド商品、工芸品、民芸品、地産品などになってきます。これらの商品群は地方に特化した商品であることが特徴的で、大手小売チェーン店ではあまり流通していません。したがって、私達日本人ですら検索することが困難です。伝統工芸品はこの部類に該当し、極めて海外販売が難しい(不可能に近い)商品であることが、今までの事例で明らかになってきています。

私達が知らない商品は外国人に売ることど無理

というのが、当社の主張であり、事業投資に対するレバレッジが低いと判断しています。むしろ、そうした商品は国内の流注チャンネルを使って、国内通販をまずはしっかりと固めることを推奨しています。

シミュレータはこちらで公開していますので、ご活用ください。

関連する記事

越境ECはどう変わる?【2017年JETRO報告書から】... 7月31日、日本貿易振興機構(ジェトロ)は2017年版『世界貿易投資報告』を発表した。 報告書の内容は、世界貿易全体では3.1%の減と2年連続の減少となったことや、日本の貿易収支は6年ぶりの黒字であったこと、さらに電子商取引(Eコマース)市場の将来などがまとめられている。 今回は、この報...
ユーザーは何を基準に選んでいる? アメリカと中国の違い... 越境ECサイトを構築されるお客様で、見落としがちな点は、海外ユーザーの「集客」である。 お客様の中には、越境ECサイト構築を行う際「集客」をどのように行うかを考えずに、サイト構築を進めるケースがある。 つまり、お客様としては、日本で売れた商品であれば海外でも売れる。良い商品と良い越境EC...
越境EC 韓国の集客ポイントは? 先週2月9日から、4年に一度の”冬の祭典”冬季オリンピックが、韓国、平昌で開幕した。 日本人選手のメダルラッシュが伝えられる中、今回の入場式では、選手団のスマートフォンでの撮影シーンが目立っていた。 これは、韓国Samsung Galaxyが、IOCと共同で出場選手や大会関係者全員に4,0...
グローバルにみた各国の貿易・物流ネットワーク... DHLが先日発表した「GCI」 "グローバルコネクションズインデックス”では、製品サービス、資本、情報、人に関して各国が世界とどれだけ広くネットワークがあるかを分析している。 さらにそのネットワークの深さについても比較している。GCIによると、グローバリゼーションは前年...
インドの越境ECポテンシャルは? 今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。 それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。 インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている...
ロシアのEコマースが急成長 ロシアの国内売り上げは2014年の5600億ルーブルから2015年は6500億ルーブルに急成長している。 さらにオンラインショッピングでの売り上げはたったこの6500億ルーブルの2%の850億ルーブルであるという事で今後もさらに成長する見込みがある。現在、国内マーケットはややスローダウンしている...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。