2020年8月19日(水)越境ECオンラインセミナー『成長する海外通販事業の作り方』を開催

タイトルイメージ

世界的な新型コロナ禍で、Eコマースは加速度的に成長している。越境ECにおいても同様に、新型コロナの影響で海外に販路を求め、越境EC事業に踏み込む企業が増えている。
越境ECとは、インターネットECサイトで海外消費者に向け販売を行うことで、アメリカ、中国、東南アジア、ヨーロッパの消費者に向け、メイド・イン・ジャパン商品を販売することを目的としている。
海外販売は自社越境ECサイトで行ったり、Amazon、ebay、LazadaといったECモールへの出店を行うなど、越境EC市場は2019年も堅調に拡大した。
2020年7月の経産省の報告によれば、昨年の中国消費者が日本から、越境ECを利用して購入した額は、1兆6,558億円(前年比7.9%増)。
アメリカ消費者が日本から、越境ECを利用して購入した額は、9,034億円(前年比9.7%増)となっており、2カ国を合計すると2兆5,592億円である。
この数値は国内デジタル系EC売上高を上回り、日本の商品は海外消費者にとても人気があることを示している。
そして今や、「メイド・イン・ジャパン」はアメリカ、中国ばかりではなく、タイ、インドネシア、フィリピン、台湾などでもニーズは高く、さらなる成長が期待できる。
そして今回、この拡大する越境EC市場で、メーカーが3ヶ月で海外売上を越境ECで作る「成長する海外通販事業の作り方」と題して、デジタルスタジオ代表、板橋が講師となり、越境ECオンラインセミナーを開催する。

今回のオンラインセミナーのテーマは
『3ヶ月で事業を立ち上げる越境ECノウハウ』

市場を見ると、越境ECでは業務用ソリューションばかりが先行し、現実の越境ECのマーケティング手法、商品の売り方、事業をどうやって拡大させていくかなど、つまり、一番知りたい部分である「事業の本質的な現実」を理解し、支援を行っている企業は少ないように思う。
というのも、デジタルスタジオに問い合わせいただく、実に3割から4割以上は、こうした現実をあまり知らない中間業者様ばかりだからである。

そこで、弊社では今回、メーカー様などを対象とたコロナショックの中でも成長を続ける越境ECビジネスについて、現場でマーケティングの舵取りを行い、グローバルEC事業の最前線で活躍する板橋による『3ヶ月で事業を立ち上げる越境ECノウハウ』をオンラインセミナーにて講演を行う。

新型コロナ禍の中、厳しい経営状況が続く事業者にとって、海外の需要をECサイトで喚起する作戦は、今こそ進めるべきだと感じている。

■【第一部 11:05~11:45】

メーカーが3ヶ月で海外売上を越境ECで作る「成長する海外通販事業の作り方」
講師:株式会社デジタルスタジオ 代表取締役 板橋 憲生
【講演者プロフィール】
越境EC利用者No1プラットフォーム「Live Commerce」の開発と運用を手がけ、現在は海外向け商品発見メディア「Discovery Japan」にて海外100万人ユーザーとのネットワークを構築。海外向けにビジネスをしたい企業をインフラとマーケティングメディアの両方から支援する。

■【第二部 11:45~12:00】質問に対する返答

 

■今回のセミナーはこのような方に最適な内容となっている

  • コロナ禍でインバウンド需要が減少し、越境ECで売り上げを回復させたい方。
  • 日本でそれなりに認知されているブランドを海外にも広めたい方。
  • 越境ECを始めたいが、社内に人材がないので困っている方。
  • 海外から収益の上がる新規事業を立ち上げたい方。

 

■開催概要
  • 日 程:2020年8月19日(水) 11:00~
  • 会 場:オンライン会議 ZOOM https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
    ※部屋番号・パスワードはお申込の際にお伝えします。
  • 入室時間:11:00~ ※講演:11:05~
  • 参加費:無料 お気軽にお越しください。
  • 定員:先着20名様
  • 申し込み期限:2020年8月18日(火) 24時まで

自席や自宅で視聴できる越境ECオンラインセミナー、是非、この機会にご参加ください!
参加申し込みや詳細内容は「メーカーが3ヶ月で海外売上を越境ECで作る成長する海外通販事業の作り方」にて、ご確認願います。

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.October)... 2018年も10月。今年も残り3ヶ月である。10月1日にはノーベル医学生理学賞に日本人としては5人目となる京都大学特別教授の本庶佑氏が受賞した。 この受賞により、日本の基礎医学の分野がさらに助成され、研究が進んで行くことに期待したい。 今月も補助金・助成金のの公募内容をまとめた。補助金・...
越境ECで売り上げ好調なサイトは? 越境ECで海外に販路を拡大しようとする企業が増えている。越境ECとは日本から世界に向けネット販売することだが、言語、物流、決済、クレーム対応などの問題をクリアすれば、世界に向け消費者を開拓することができる。これからは、この市場はさらに拡大し、品質や価格面だけではなく、きめ細やかな顧客対応、商品数...
ヨーロッパのEC市場 英国EU離脱でどうなる?... 英国のEU離脱は、EC市場にどのような影響を及ぼすのであろうか。ヨーロッパのEC協会会員で子供むけの玩具をオンライン販売している会社Lucy Locketの代表取締役のPaul Edwick氏のインタビュー記事をピックアップしてみた。彼のビジネスが英国離脱によってどのように影響を及ぼすか、また、...
今後のインバウンドの需要拡大には何が必要?... JNTO(日本政府観光局)は昨年12月、訪日外国人累計者数が3,001万人を越えたと発表した。この数字は、2016年の2,000万人から僅か2年で3,000万人と推移したこととなり、東京オリンピック開催年の2020年の4,000万人の目標はクリアできそうな勢いで伸びている。 だが、ここから...
インバウンド対策の鍵と言われる「MICE」とは?... 日本政府観光局によると、2019年6月の訪日外国人(インバウンド)の数は前年比の6.5%増の288万人で、6月では過去最高を更新した。今年はラクビーワールドカップの開催、来年は東京オリンピックを控え、インバウンドの訪日客数は好調に増加している。 2018年には3,000万人を突破したインバ...
日本のインバウンド市場 世界の中ではどのくらい?... 10月1日から10月8日まで、中国では建国記念日にあたる国慶節と中秋節を祝う超大型8連休となっており、中国メディアによると、最初の2日間で旅行に出かけた中国人は2億人を超えたと報じている。さらに一人当たりの商品購入額も1人平均5000元(約8万5000円)を突破したとも報じている。 中国は...

タグ: , , , ,

コメントをどうぞ