2020年8月19日(水)越境ECオンラインセミナー『成長する海外通販事業の作り方』を開催

タイトルイメージ

世界的な新型コロナ禍で、Eコマースは加速度的に成長している。越境ECにおいても同様に、新型コロナの影響で海外に販路を求め、越境EC事業に踏み込む企業が増えている。
越境ECとは、インターネットECサイトで海外消費者に向け販売を行うことで、アメリカ、中国、東南アジア、ヨーロッパの消費者に向け、メイド・イン・ジャパン商品を販売することを目的としている。
海外販売は自社越境ECサイトで行ったり、Amazon、ebay、LazadaといったECモールへの出店を行うなど、越境EC市場は2019年も堅調に拡大した。
2020年7月の経産省の報告によれば、昨年の中国消費者が日本から、越境ECを利用して購入した額は、1兆6,558億円(前年比7.9%増)。
アメリカ消費者が日本から、越境ECを利用して購入した額は、9,034億円(前年比9.7%増)となっており、2カ国を合計すると2兆5,592億円である。
この数値は国内デジタル系EC売上高を上回り、日本の商品は海外消費者にとても人気があることを示している。
そして今や、「メイド・イン・ジャパン」はアメリカ、中国ばかりではなく、タイ、インドネシア、フィリピン、台湾などでもニーズは高く、さらなる成長が期待できる。
そして今回、この拡大する越境EC市場で、メーカーが3ヶ月で海外売上を越境ECで作る「成長する海外通販事業の作り方」と題して、デジタルスタジオ代表、板橋が講師となり、越境ECオンラインセミナーを開催する。

今回のオンラインセミナーのテーマは
『3ヶ月で事業を立ち上げる越境ECノウハウ』

市場を見ると、越境ECでは業務用ソリューションばかりが先行し、現実の越境ECのマーケティング手法、商品の売り方、事業をどうやって拡大させていくかなど、つまり、一番知りたい部分である「事業の本質的な現実」を理解し、支援を行っている企業は少ないように思う。
というのも、デジタルスタジオに問い合わせいただく、実に3割から4割以上は、こうした現実をあまり知らない中間業者様ばかりだからである。

そこで、弊社では今回、メーカー様などを対象とたコロナショックの中でも成長を続ける越境ECビジネスについて、現場でマーケティングの舵取りを行い、グローバルEC事業の最前線で活躍する板橋による『3ヶ月で事業を立ち上げる越境ECノウハウ』をオンラインセミナーにて講演を行う。

新型コロナ禍の中、厳しい経営状況が続く事業者にとって、海外の需要をECサイトで喚起する作戦は、今こそ進めるべきだと感じている。

■【第一部 11:05~11:45】

メーカーが3ヶ月で海外売上を越境ECで作る「成長する海外通販事業の作り方」
講師:株式会社デジタルスタジオ 代表取締役 板橋 憲生
【講演者プロフィール】
越境EC利用者No1プラットフォーム「Live Commerce」の開発と運用を手がけ、現在は海外向け商品発見メディア「Discovery Japan」にて海外100万人ユーザーとのネットワークを構築。海外向けにビジネスをしたい企業をインフラとマーケティングメディアの両方から支援する。

■【第二部 11:45~12:00】質問に対する返答

 

■今回のセミナーはこのような方に最適な内容となっている

  • コロナ禍でインバウンド需要が減少し、越境ECで売り上げを回復させたい方。
  • 日本でそれなりに認知されているブランドを海外にも広めたい方。
  • 越境ECを始めたいが、社内に人材がないので困っている方。
  • 海外から収益の上がる新規事業を立ち上げたい方。

 

■開催概要
  • 日 程:2020年8月19日(水) 11:00~
  • 会 場:オンライン会議 ZOOM https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
    ※部屋番号・パスワードはお申込の際にお伝えします。
  • 入室時間:11:00~ ※講演:11:05~
  • 参加費:無料 お気軽にお越しください。
  • 定員:先着20名様
  • 申し込み期限:2020年8月18日(火) 24時まで

自席や自宅で視聴できる越境ECオンラインセミナー、是非、この機会にご参加ください!
参加申し込みや詳細内容は「メーカーが3ヶ月で海外売上を越境ECで作る成長する海外通販事業の作り方」にて、ご確認願います。

関連する記事

イギリスの越境EC、Eコマース事情 2016年に日本に訪れたイギリス人は29万2,457人となっており、ヨーロッパ諸国では、日本へ訪れた国民が一番多かったのがイギリス人である。 また、イギリス人は旅行支出額が大きいこと、ビジネス関連で訪日が多いのが特徴のようだ。イギリスの人口は約6,490万人、そのうち93%がインターネット...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.March)... 日本政府は、国の成長戦略の1つとして2020年までには、中堅・中小企業の輸出総額を2010年度比の2倍にするとの目標を掲げている。 そのため、今年はさらに、国、地方自治体は海外販売、海外進出を行おうとする企業に対してさまざまな支援、サポートを積極的に行おうとしている。その一例が補助金・助成...
日・EUの経済連携協定 発効! ドイツのEコマース最新事情... 2月1日、日本とEU(欧州連合)の経済連携協定(EPA)が発効された。 これにより、欧州産のチーズや豚肉、ワインは値下がり、日本車は関税が8年後に撤廃される。 今後は全品目ベースで、EU側が約99%、日本側は約94%の関税が撤廃される。 日本からは、自動車の他に、日本酒や肉類、果物のEU輸...
中国越境ECの現況と輸入関税引き下げ 2017年の中国の越境 BtoC-EC(日本・米国)の総市場規模は 27,556億円(前年比26.8%増)となった。 この中で、日本からの市場規模は 12,978億円(前年比25.2%増)、米国からの市場規模は 14,578億円(前年比28.2%増)であった。 中国の越境ECを通じての消...
ここが違うぞ! 大阪のインバウンドが活況 ...   5月17日、2018年1月から3月期の訪日外国人数、旅行消費額など公表された。 1月から3月の訪日外国人数は762万人は前年比11.6%の増加。 訪日外国人全体の旅行消費額は1兆1,343億円と推計され、前年比は17.2%増加の増加であった。 このままのペースでいけば、...
今年のブラックフライデーはどうだった?... 先月11月25日、アメリカ、ヨーロッパ、中国などで盛り上がりをみせたのが、「ブラックフライデー」という大々的なセールだ。日本でも様々なショップでブラックフライデーセールが実施されていた。実店舗やネットショップでは大いに売り上げを伸ばしたことだろう。まだまだ、日本には根づいてはいない、「ブラックフ...

タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ