2020年8月19日(水)越境ECオンラインセミナー『成長する海外通販事業の作り方』を開催

タイトルイメージ

世界的な新型コロナ禍で、Eコマースは加速度的に成長している。越境ECにおいても同様に、新型コロナの影響で海外に販路を求め、越境EC事業に踏み込む企業が増えている。
越境ECとは、インターネットECサイトで海外消費者に向け販売を行うことで、アメリカ、中国、東南アジア、ヨーロッパの消費者に向け、メイド・イン・ジャパン商品を販売することを目的としている。
海外販売は自社越境ECサイトで行ったり、Amazon、ebay、LazadaといったECモールへの出店を行うなど、越境EC市場は2019年も堅調に拡大した。
2020年7月の経産省の報告によれば、昨年の中国消費者が日本から、越境ECを利用して購入した額は、1兆6,558億円(前年比7.9%増)。
アメリカ消費者が日本から、越境ECを利用して購入した額は、9,034億円(前年比9.7%増)となっており、2カ国を合計すると2兆5,592億円である。
この数値は国内デジタル系EC売上高を上回り、日本の商品は海外消費者にとても人気があることを示している。
そして今や、「メイド・イン・ジャパン」はアメリカ、中国ばかりではなく、タイ、インドネシア、フィリピン、台湾などでもニーズは高く、さらなる成長が期待できる。
そして今回、この拡大する越境EC市場で、メーカーが3ヶ月で海外売上を越境ECで作る「成長する海外通販事業の作り方」と題して、デジタルスタジオ代表、板橋が講師となり、越境ECオンラインセミナーを開催する。

今回のオンラインセミナーのテーマは
『3ヶ月で事業を立ち上げる越境ECノウハウ』

市場を見ると、越境ECでは業務用ソリューションばかりが先行し、現実の越境ECのマーケティング手法、商品の売り方、事業をどうやって拡大させていくかなど、つまり、一番知りたい部分である「事業の本質的な現実」を理解し、支援を行っている企業は少ないように思う。
というのも、デジタルスタジオに問い合わせいただく、実に3割から4割以上は、こうした現実をあまり知らない中間業者様ばかりだからである。

そこで、弊社では今回、メーカー様などを対象とたコロナショックの中でも成長を続ける越境ECビジネスについて、現場でマーケティングの舵取りを行い、グローバルEC事業の最前線で活躍する板橋による『3ヶ月で事業を立ち上げる越境ECノウハウ』をオンラインセミナーにて講演を行う。

新型コロナ禍の中、厳しい経営状況が続く事業者にとって、海外の需要をECサイトで喚起する作戦は、今こそ進めるべきだと感じている。

■【第一部 11:05~11:45】

メーカーが3ヶ月で海外売上を越境ECで作る「成長する海外通販事業の作り方」
講師:株式会社デジタルスタジオ 代表取締役 板橋 憲生
【講演者プロフィール】
越境EC利用者No1プラットフォーム「Live Commerce」の開発と運用を手がけ、現在は海外向け商品発見メディア「Discovery Japan」にて海外100万人ユーザーとのネットワークを構築。海外向けにビジネスをしたい企業をインフラとマーケティングメディアの両方から支援する。

■【第二部 11:45~12:00】質問に対する返答

 

■今回のセミナーはこのような方に最適な内容となっている

  • コロナ禍でインバウンド需要が減少し、越境ECで売り上げを回復させたい方。
  • 日本でそれなりに認知されているブランドを海外にも広めたい方。
  • 越境ECを始めたいが、社内に人材がないので困っている方。
  • 海外から収益の上がる新規事業を立ち上げたい方。

 

■開催概要
  • 日 程:2020年8月19日(水) 11:00~
  • 会 場:オンライン会議 ZOOM https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
    ※部屋番号・パスワードはお申込の際にお伝えします。
  • 入室時間:11:00~ ※講演:11:05~
  • 参加費:無料 お気軽にお越しください。
  • 定員:先着20名様
  • 申し込み期限:2020年8月18日(火) 24時まで

自席や自宅で視聴できる越境ECオンラインセミナー、是非、この機会にご参加ください!
参加申し込みや詳細内容は「メーカーが3ヶ月で海外売上を越境ECで作る成長する海外通販事業の作り方」にて、ご確認願います。

関連する記事

アメリカ TPP離脱の場合、越境ECはどうなる?... アメリカ大統領選挙で大逆転勝利したドナルド・トランプ氏。世界はトランプ氏がこれまでに発言したことを、大統領就任後、公約として実行するかが注目している。 これまで、トランプ氏の発言は様々なメディアで取り上げられ、読者も周知のことだと察する。 今回は、そのトランプ氏の様々な発言の中でも「アメリ...
中国消費者にリーチする! 百度(バイドゥ)リスティング広告とは... 中国は2月5日(火)より、旧正月を祝う「春節」が始まる。中国では7連休である。 「春節」は中国のみならず、香港、台湾、韓国、北朝鮮、ベトナム、シンガポール、マレーシアなど東南アジアでも祝日となる大型連休である。なかでも、中国はこの大型連休中に、海外旅行を楽しみ、特に日本各地へインバウンド観...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.August)... 今年も梅雨が明け、8月に入り暑い日が続いている。8月は葉月(はづき)とも呼ばれ、由来は諸説あるようだ。 もっとも有名なのは、「葉落ち月(はおちづき)」が「葉月(はづき)」に転じたというもの。現代の9月にあたる葉月は落葉や紅葉が始まる時期、葉が落ちる月から来ていると言われている。 今月も最新の...
越境ECにかかせない海外配送 大手3社を比較してみた... 越境ECでは、海外への配送をどの会社から配送するか、海外配送するにはどんなサービスがあり、料金や日数はどれくらいかかるのかなど、データがあると便利だ。 越境ECでの海外配送を扱っている企業はいろいろあるが、国内の海外物流の主な企業は日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の3社である。 2年前にも...
ヨーロッパのファッション業界のEコマース事情... ヨーロッパのファッション業界について、ソーシャルメディアを分析した最新の結果によると、消費者のロイヤリティと店舗のローカライズ(現地化)がオムニチャネルのキーポイントとなるようだ。 さらにオンラインで注文したものを店舗でピックアップ、同日配達、店舗内での購入のためにオンラインでサイズ切れな...
越境EC 米国向け販売で守るべき「FDAルール」とは?... 今、越境ECではアメリカ消費者に向けて、AmazonやeBayを利用して、日本の食品や化粧品を販売する人が増えている。アメリカに向けて食品、飲料、化粧品、医薬品など販売するには、FDA(Food and Drug Administration)という機関が定めたルールを守る必要がある。 A...

タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ