スマホECから買う時代 重要なのは「検索窓」の改善

タイトルイメージ画像

ここ数年、Googleが重視するアップデートやSEO対策に関連するものの多くはスマホに関係している。
モバイルフレンドリーやMFI(モバイル ファースト インデックス)、6月から始まったCore Web Vitals(コアウェブバイタル)などは、いかにユーザーにとってスマホが快適に機能し、ユーザーの目的達成を速く行えるかが、重要となっている。
今年3月からはMFIに徐々に移行され、Googleの検索ランキングは、「スマホサイト」優先となりつつある。
ECサイトもパソコンからスマホへ、商品の購入がシフトしている現在、EC運営者が行わなければならないことは、スマートフォンを使って自社ECサイトで快適に商品購入できるかどうかの検証を行って見ることだろう。
今回は、スマホ版ECサイトにとって最も重要視される「検索窓」についてまとめた。

2020年スマートフォン保有者は86.8%と堅調に増加

今年6月18日、総務省は、2020年8月末に行った、世帯及び企業における情報通信サービスの利用状況等について調査した「通信利用動向調査」の結果を公表した。
それによると、スマートフォンを保有している世帯の割合は、86.8%と堅調に伸びており、個人の保有割合も増加傾向にある。
一方、携帯電話・PHSの保有状況は減少傾向が続いている。

スマートフォン

また、2021年5月公表のアドビの「Digital Economy Index」によると、日本のオンライン小売店への訪問については、前年同期比で19%増であり、売上高の61%はスマートフォン経由での購入となっている。
スマホECでの購入が最も高いのは英国やアメリカより、日本がトップという結果は意外であった。
スマホ経由で年代別で多いのは、ミレニアル世代で65%、X世代(Gen X)で48%と、特に若年層がスマホECから購入が高い傾向にあるようだ。

Adobeの調査

スマートフォンECの「検索窓」は購買率に大きな影響

ユーザーは商品購入時、ECのサイトにアクセスした際、どのように商品を購入するのだろう。
NTTレゾナント株式会社が2020年3月に行ったスマホEC調査内容によると、欲しい商品を購入するときの最初の行動として、最も多いのは、「カテゴリを辿る」(43.9%)で、次に「キーワード検索」(29.7%)となっており、両者で7割と大半を占めている。
スマホECでは、ほとんどカテゴリ検索メニューはないので、「キーワード検索」の性能が重要なポイントと言える。

図表02

スマホECサイトは「検索窓」が最も重要

大手ECモールのスマホサイトを見ると、ファーストビューに検索窓を大きく設置し、ページをスクロールすると検索窓が追従する仕様になっている。
これは、スマホECサイトにおいて「検索窓」が非常に重要であることを意味している。
そして、スマホの場合この検索窓で商品のキーワードを入力し、商品を探すわけだが、通勤途中の電車内であったり、仕事の休憩時間であったり、その検索シチュエーションもさまざまである。
さまざまな利用シーンでも、効率よく商品を探せる機能が「検索窓」になければならない。
この検索窓に必要な機能は、優秀なサジェスト機能である。
サジェスト(suggest)とは、言葉通り「提案する」という意味である。
例えば、冷蔵庫を探していて、「冷」と入力するだけで「冷蔵庫」、「冷凍庫」、「冷風扇」など、ユーザーがキーワードに続いて入力するであろう意図を汲み取り、自動的に提案する機能である。

サジェスト機能の向上は必須

サジェスト機能は、ユーザーの検索意図を汲み取り、適切な内容を表示できるよう最適化する必要がある。
サジェスト機能の向上がユーザー体験、満足度の向上に繋がり、良いサジェストは離脱率を抑え、CVRを高めることができるだろう。
ここでは、有効なサジェスト機能、「表記のゆれに対応する」、「タッチサジェスト」、「リッチサジェスト」を解説する。

(1)表記のゆれに対応する

「表記ゆれ」とは、ある単語を入力する際、複数の書き方が存在することである。
日本語には、「ひらがな」「カタカナ」「漢字」さらに「アルファベット」と多数の表記があり、日本語は入力に際し表記のゆれが起こりやすい。検索窓は、これら表記ゆれに対応した検索サジェストであるべきだろう。
また、スマホECサイトで検索を使う場合、片手で入力し誤字があったり、ブランド名もうろ覚えで入力することがある。このような場合でも、検索サジェストが対応していれば、「ヒット数ゼロ」となることはない。

(2)タッチサジェスト

スマホに特化したサイト内検索機能として「goo Search Solution」が提供する「タッチサジェスト」がある。
ユーザーが検索窓にキーワードを入力すると、ECサイト内でそのキーワードに関係する多いファセット情報(絞り込み条件)が自動的に表示されるのが、「タッチサジェスト」である。
この「タッチサジェスト」機能は、ユーザーが片手で操作し、どのようなワードで絞り込みワードを入力してよいか迷ったときに、絞り込みワードをアシストしてくれるものだ。

タッチサジェスト

(3)リッチサジェスト

「リッチサジェスト」は、「神戸デジタル・ラボ(KDL)」が提供するサジェスト機能で、サジェストされたキーワードに紐づく検索結果の商品名や商品画像、価格を表⽰するもの。
サジェストがワードだけではなく、ワードに紐づく商品画像や情報も表示するのが特徴である。
リッチサジェストの視覚的な訴求によるサジェストは、ユーザーがスマートフォンのような小さな画面でも直感的に操作し、簡単に目的の商品詳細ページにたどり着けるようアシストする有効なものである。

リッチサジェスト

優秀なビックカメラの「検索窓」

2020年のスマホECサイト「日用品・家電編」で「ビックカメラ」のスマホECサイトが、最もユーザビリティが高いと評価された。2位は楽天、3位はAmazonとなっている。
得点も78.4と高評価である。高評価となった「ビックカメラ」、スマホECサイトの要因は、閲覧履歴に応じた商品のおすすめ機能や商品カテゴリごとのランキングをトップページに掲載されているところである。
そして、スマホECサイト初心者にもわかりやすい、検索サジェスト機能であり、Amazonには無いカテゴリー別一覧ページから、目的の商品に到達しやすい点である。
特に検索サジェスト機能の絞り込み内容はAmazonなどよりわかりやすく設計されている。

スマホECランキング

まとめ

今やEコマースで利用されるデバイスはスマホが中心となっている。ECサイトもスマホを中心にデザインを構築しなければならない時代なのである。
そして、スマホユーザビリティの設計で重要なのが、検索窓の位置と機能である。検索窓機能としてのサジェスト機能を改善・最適化することで、ユーザーに快適な形でサイト情報を提供し、さらにサイトCVRを高めることができると言える。

参考

 

 

関連する記事

ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
海外のECプラットフォームのメリットは?... 日本のBtoCにおけるEC市場規模は15兆1,358億円(2016年)、2020年には20兆円規模にまで拡大すると予測されている。EC化率は物販系分野で5.43%。このEC化率においてはアメリカは7%、中国は15%などと比べるとまだまだ低い数字と言えるだろう。 逆に言えば、まだまだ、店舗が...
時代は変わる 5G時代のEコマースの未来... 先週9月13日より、米アップルは新型「iphone11」の予約を開始した。新型iphoneはトリプルカメラの新機能など紹介されていたが、今回残念だったのは、第5世代(5G)の対応を見送ったことだ。アメリカではすでに5Gインフラが本格化している中での見送りだっただけに、中国に先を越された感が否...
欲しいものはSNSで買う時代に   新型コロナ禍による外出自粛などにより、SNSの利用者(アクティブユーザー)は増加している。ICT総研による調査では、国内のSNS利用者は2020年末には7,975万人に達する見込みだ。そして、SNSの利用・普及率の増加により、SNSは人々の生活の中で大きな存在になりつつあ...
越境ECで失敗しないための5つのポイント... 日本では、人口減少から国内需要の縮小に伴い、国内ビジネスだけではますます、厳しい状況になるだろう。インバウンドが増加する中、解決策をインバウンドも視野に入れ、販路を海外に求める企業も増加している。 そして、企業は販路の拡大をアメリカ、ヨーロッパ、アジア諸外国とECサイトを展開するようになっ...
新型コロナ禍 タイのEコマースはライブコマースが活況... 10月20日、タイでは新型コロナ感染リスクが低いと判断した一部の国から観光客の受け入れを再開し、第一号には最初は中国・上海の人たちの観光受け入れが始まった。 これはコロナ禍の中、「特別観光ビザ取得」による外国人観光客の入国許可を認めるというもので、日本も現在、海外観光客の入国再開に向けて動...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ