Live Commerceのミッション

   投稿者 : 2009年10月29日 By

オープンソースGPLライセンス下で配布予定のLive Commerceですが、
どのような方向性とどのようなミッションがあるのか不明確だったと思います。

本日、運営者情報を公開しLive Commerceのミッション(使命や目標とお考えください)を提示いたしました。

これにより、Live Commerceを検討中のユーザー様に対して方向性などが明確になったと思います。

  1. 日本のネットショッピングを楽しくする、進化させること。
  2. 進化し続けるECサイト構築プラットホームにすること。
  3. メジャーなあらゆるデバイスからアクセスできるようにする。
  4. あらゆる言語/地域でネットショピングできるようにする。
  5. パートナーを大切にする

詳細・続きを読む

カテゴリー: アナウンス | コメントはまだありません »
 

管理デモサイト 公開

   投稿者 : 2009年10月28日 By

本日管理画面側のデモサイトを公開しました。
管理画面

ECサイトの構築および運営している多くの方々から、良くも悪くもコメントをいただけると、開発チームの励みになります。

デモサイトのアドレスは http://www.live-commerce.net/admin/ です。このアドレスは公式サイトの.nett版になります。機能一覧をご覧いただければ、どのような機能が備わっているか確認できます。

ユーザー名: test
パスワード: 123123

入力したデータは安全性の為に、1時間毎に自動的に削除されます。
評価の為に入力した個人情報は残りませんのでご安心ください。

同時にバグ報告ページも公開しましたので、
管理画面側で挙動のおかしな箇所を発見された場合は、バグ報告よりご一報ください。

 

今後の予定ですが、11月下旬頃にアルファ版としてのリリース(ダウンロード開始)となります。


 

カテゴリー: アナウンス, 開発経過 | 1件のコメント »
 

ロードマップ更新 OpenID , 商品CSVアップロード

   投稿者 : 2009年10月19日 By

本日、ロードマップを更新いたしました。
以下の開発タスク2点をタスクリストに追加しました。

#371 商品データのCSVアップロード
これはCSV(カンマ区切りのデータ形式)ファイルで商品データを一括アップロードできる機能です。コア開発に入れました。
Yahooストアや楽天を使っている方には既になじみの機能だと思います。CSVファイルに登録したデータ(カテゴリ、メーカー、商品)から商品カタログを自動生成します。

開発中のスクリーンショット

開発中のスクリーンショット

#372 OpenID Support
Live CommerceをOpenIDに対応したECサイトにします。コア開発に入れました。既にZend Framework側でもOpenIDに関するコードが用意されており、0ベースでのスクラッチ開発で統合するよりはフレームワークのおかげでスムーズに設置がいけそうです。

先週よりお気づきの方もいるかもしれませんが、ソリューションのページを公開いたしました。Live Commerceの機能について詳しく知ることができます。

カテゴリー: 開発経過 | 1件のコメント »
 

デモサイトのバグ報告

   投稿者 : 2009年10月19日 By

現在公開中のカタログ側のデモサイトのバグを本日から受け付けるようにしました。 デモサイトのヘッダーにデモサイトのバグを報告というリンクがありますので、何かお気づきの点があればご連絡ください。 デモサイトのバグはこのページから直接報告することもできます。

カテゴリー: 開発経過 | コメントはまだありません »
 

管理画面のTOPページ

   投稿者 : 2009年10月6日 By

前回のポストで、管理画面に必要な機能とは? という記事を書きましたが、いろいろな意見とプラグインとの連携を今後考慮して、モジュール形式で管理画面をカスタマイズできるように設計しました。

一言でいうならiGoogleの機能を管理画面に持ってきたようなものです。

iGoogleのように個別のモジュールはプラグインとして簡単にビルドインできるようになっているので、初期で実装されるコアのモジュールに追加して、今後必要になるデータをプラグインから追加することになります。コア開発チームでは、この管理画面のモジュールをアップデート毎にユーザー様の意見を取り入れながら追加を検討していきます。

管理画面TOP

管理画面TOP全体像

ドラッグ&ドロップしたりして、個別のモジュールを追加できる

ドラッグ&ドロップしたりして、個別のモジュールを追加できる

カテゴリー: 開発経過 | コメントはまだありません »