Live Commerce 1.4.1 Google翻訳対応

   投稿者 : 2011年12月19日 By

Google翻訳が12月1日をもって完全に有料となりました。
このGoogle翻訳のアップデート対応したバージョンを本日アップしましたので、現在オープンソース版でご利用の方でGoogle翻訳をご利用になる場合は最新版をダウンロードし、/application/admin/ フォルダ内の全てのファイルを上書きしてください。

変更個所

  • Google翻訳のアップデート
    1回あたりの翻訳可能な文字数はGoogle API管理画面から設定できるようになっています。
  • PayPalプラグイン
    文字コードのエラーを修正しました。
カテゴリー: リリース | コメントはまだありません »
 

EMS 国際スピード郵便プラグイン アップデート

   投稿者 : 2011年12月12日 By

本日、EMS国際スピード郵便プラグイン アップデートをいたしました。
オープンソース版でご利用の方はアップデートを行ってください。

変更箇所

  • ロゴマークを変更 
  • 日本円以外の通貨によって正しく送料が計算されないバグを改修

ダウンロード

カテゴリー: リリース | コメントはまだありません »
 

ダウンロード販売サイト等で年会費を払えば無制限にダウンロードを可能にする会員制のサイトの作り方

   投稿者 : 2011年11月28日 By

海外の素材系サイトには、年会費○○○○円を払うとそのサイトで提供しているすべての素材へのダウンロード権を付与してくれるサービスが結構あります。同様に、年会費の代わりに、ダウンロードクレジットなるものを年会費の代わりにしてダウンロードクレジットを商品として、クレジット数に応じてN回ダウンロードできるようなサイトもあります。

海外で当社が利用している素材系のサイトにはDreamstimeという素材サイトがあります。これはクレジット数を購入するパターンです。ダウンロードする素材に応じてクレジットが減算され、クレジットが0になったらまたダウンロードクレジットを購入するという仕組みです。

現在のECサイト構築市場の中でもダウンロード販売を専門で行っている業者はわずかだと思います。
そして、ダウンロード販売の中でも1つ1つのダウンロード販売なら対応していても、1つの商品を購入すれば(要はメンバーになれば)全部の商品へのダウンロード権を付与するような仕組みをもったダウンロード販売システムはカスタマイズなどを除けば、パッケージとしての提供は当社の知る限りではなかったと思います。

実は、Live Commerceで顧客グループ機能を応用することで、会員制のサイトが構築できるようになります。イメージとしては下の図をご覧ください。

ダウンロード販売サイトでありながら、1つ1つをダウンロード販売させるのではなく、会員になり、特定の商品を購入することですべてのダウンロードデータにアクセスすることができるようにするビジネスロジックをLive Commerceでできないか? というお問合せが以前にありまして実際に当社でできましたので、その設定方法をドキュメントに起こしました。

会員制サイト ダウンロード販売や動画閲覧サイト編をご覧ください。

カテゴリー: ブログ | コメントはまだありません »
 

Live Commerce PHP5.3に対応しました

   投稿者 : 2011年11月17日 By

本日PHP5.3に対応したオープンソース版Live Commerceをリリースさせていただきました。

ダウンロード

これから新規でLive Commerceを自社サーバーへインストールしてご利用される方向けのパッケージです。

 

現在Live CommerceをPHP5.2環境ご利用いただいている方

  • PHP5.2版と本日リリースしたPHP5.3版は機能の違いは一切ありませんので現在ご利用の方はアップデートする必要はありません。
  • PHP5.3の環境で利用したい場合は、最新版のLive Commerceをダウンロード後、テーマディレクトリ(/theme/)を除くすべてのファイルを最新版に全て上書きしてください。基本的には機能の違いがないためPHP5.3でしか対応していない関数を利用したプラグインなどを開発する方以外は、アップデートする必要はありません。

 

FAQ

  • 今後リリースされるVer1.5ではPHP5.2は使えなくなるのでしょうか?
    いいえ、今後リリースされるLive CommerceはPHP5.2でも5.3でも利用できます。
  • Ver1.4を使っていますが、今回アップデートする必要はありますか?
    必要ありません。
  • PHP5.2のままでも大丈夫でしょうか?
    ”絶対”に変える必要はありませんが、セキュリティーの面からはPHP5.3系にアップデートされることを推奨します。
  • 次回のバージョンアップしたLive Commerceを利用する場合でもPHP5.2のままでも大丈夫ですか?
    はい、大丈夫です。今後リリースされるLive CommerceはPHP5.2および5.3の両方で動作するように開発をしています。
カテゴリー: リリース | コメントはまだありません »
 

Googleショッピング機能 リリース

   投稿者 : 2011年11月11日 By

本日、Live Commerce ASP サービスに Googleショッピング機能 が追加されました。
この機能はASP限定となります。

ASPを現在ご利用のお客様は 機能管理 > 共通プラグイン より Googleショッピングを有効化して導入していただけます。

 

Google ショッピングは、Googleが新たに開設した「商品検索サービス」です。
Live Commerceに登録した商品をGoogle ショッピングに掲載することができます。

Googleショッピング表示イメージ
Googleショピングの表示イメージ

Live Commerceの強みを生かし、日本語または、他の言語でも登録が行えます。(登録できる言語はGoogle側で設定ができます)
その他、ご利用料金につきましては、Googleショッピングウェブサイトをご覧ください。

参考リンク : Googleショッピング登録ガイド

 

カテゴリー: リリース | コメントはまだありません »